ホーム 海外におけるBCL活動レポート ブルガリア現地受信局調査 in ソフィア

ブ ル ガ リ ア 現 地 受 信 局 調 査   i n   ソ フ ィ ア
 
2 0 0 1 . 4 . 1 3  〜  「 パ リ ・ ・ ・ そ し て ソ フ ィ ア へ 」


■ 2001年4月13日(金) 〜 「パリ・・・そしてソフィアへ」 -

  自分を乗せたデルタ航空22便パリ行きは、ほぼ定刻通り、18:10にアトランタを離陸。搭乗があんなギリギリだったのに、よく遅れなかったものだ。

  機体はジャンボ(747-400)より一回り小さくて、座席の配列はは「2−4−2」。見回したところ、ほぼ満席。なのに、なぜか自分の左隣だけは空いている。

  アメリカでは、肥満体の米国人と隣り合わせになることも少なくないのだが、国際線でこれに当たったらもう、「悲劇」としか言わざるを得ない。

  さすがに隣の人までは選べないし、運に任せるしかないのだが、とにかく今回は誰もいなくて助かった。エコノミーなので周りはみんな窮屈そうにしているが、自分だけは2人分占領してラクチンだ。

  パリまでの飛行時間は7時間55分、とアナウンスが入る。近い。日本に行ったら片道13時間。西海岸だって5時間はかかるのだから、パリが8時間っていうのはやっぱり近い。時差も僅か4時間だし。

  スケジュールでは、パリ到着は現地時間の08:10(アメリカ東部夏時間では02:10)。夜がなかなか来ない、というより、朝から1日みっちり過ごすことになるのだから、機内でしっかり寝ておかないと。

  って、元々どこでも寝られてしまう方だから、この点はあまり心配していないのだけど。(笑)

  パリには、定刻通り到着。タラップを降りて、乗り換えゲートに向かう。ここからはもう、英語があまり通じない世界だ。

  モニターで、自分の乗るソフィア行きエールフランス2686便の搭乗ゲートを確認する。・・・が、コンコース「B」としか書かれていない。エールフランスの女性職員に英語で尋ねたら、案の定「フランス語」で返事が返って来た。げげっ、これがウワサのフランス人か、、、

  ド・ゴール空港ではたくさんの日本人を見かけたが、さすがにソフィア行きのフライトに東洋人はひとりもいなかった。機内はガラガラ。このフライトに限ったら完全に赤字だろう。

  乗客はブルガリア人が多いようで、フランス語でもなければどこの言葉かよくわからない言葉を喋っている(←よくわからないからきっとブルガリア語なんだろう、と勝手に推定したりしている ^^;;)。でも、スラブ系の言語であることぐらいはわかる。

  飛行機が下降を始めた。と同時に?、だんだん眠くなって来た。それもそのはず、アメリカはちょうど明け方。いくら機内で寝たとはいってもグッスリというワケにはイカないから、いよいよ睡魔が襲って来たようだ。ウトウトしている間に、飛行機はソフィア空港に無事着陸。

  とうとう来てしまった。空港のターミナルには、「Sofia Airport」のキリル文字。早速キリル文字のお出迎えである。

  ここでもまたタラップを降り、バスで入国審査場のある建物に移動。もともと乗客もそんなに数は多くなかったので、順番はすぐに来た。審査は至って簡単で、ただスタンプを押してもらうだけ。入国目的も、滞在日数も聞かれなかった。入国審査官に「ドーバル・デン(こんちは)」と言ってみたが、冷たく無視された。通じなかったのか? (笑)

  と、ここで予期せずぶるがりやさんが現れた。まだ税関も抜けていないというのに、こんなところまで入って来られるなんて・・・  やはり、ただ者ではない。

  がっちり握手を交わす・・・こともなく、あたかも昨日会ったかのように普通に会話が始まるあたり、やはり我々ならでは。実際のところは1年半振りの再会なのだが、そんな感じはまったくない。

  カローセルが回り出した。アトランタで預けた荷物は、無事ソフィアまで自分と一緒に来ているのだろうか。過去に、荷物が行方不明になり翌日の飛行機で届いた、なんてことがあったので、あれ以来どうも預け荷物は心配でならない。しかも、今回はたくさんの「機材」が入っているだけに、なくなったりしたらシャレにならない。

  でも、程なくして出てきてホッとする。

  税関には数名の職員がヒマそうにタムロしていたが、平然な顔で「Nothing to declare」を通り抜けた。呼び止められることもなく、この怪しい「機材」たちも無事ブルガリアに入国することが出来た。

《 2001年4月13日(金) 記 》


ブルガリア現地受信局調査 in ソフィア -

4月12日(木)  「いよいよ出発!」

4月13日(金)  「パリ・・・そしてソフィア」

4月14日(土)  「現地受信局調査事前打ち合わせ」 「現地受信局調査、スタート」

4月15日(日)  「ソフィア市内観光」

4月16日(月)  「DX! DX! DX!」

4月17日(火)  「ついに来た、ラジオ・ブルガリア」 「局長室に乗り込む」

4月18日(水)〜19日(木)  「ソフィアで留守番する」

4月20日(金)  「プロブディブ遠征!」

4月21日(土)  「ソフィア最終日」

4月22日(日)  「げげっ・・・オーバーブッキング!」




© 1998- ATLANTA DX ONLINE by AR7030PLUS - ALL RIGHTS RESERVED


inserted by FC2 system