ホーム 海外におけるBCL活動レポート ブルガリア現地受信局調査 in ソフィア

ブ ル ガ リ ア 現 地 受 信 局 調 査   i n   ソ フ ィ ア
 
2 0 0 1 . 4 . 1 6  〜  「 D X !  D X !  D X ! 」


■ 2001年4月16日(月) 〜 「DX! DX! DX!」 -

  何だかよくわからないが、いきなり季節外れの雪が降ってきた。みるみるうちに降り積もっていく。数時間後にはもう白銀の世界に・・・

  ぶるがりやさんによれば、こんなことははじめてだそうだ。昨日まではポカポカ陽気だったし、4月中旬にもなって雪が降るなんて思ってもいないから、こちらは少々面喰らったりしている。

  でも、こんな天気じゃ仕方ない。やっぱり、おとなしくワッチしていなさい!ってことなのかナ。

  なんて都合のいいように解釈して、再び仮設シャックに座った。

  仮設シャックは、ぶるがりやさんのシャックの机半分をお借りする形で作られた。怪しい通信型受信機が数台、また、オタクの関連資料・書籍類で机の上はほぼ埋まり、ここで大の大人が所狭しと受信報告書作成用のログ採りに興じるのである。

  ぶるがりやさんと私は、お互いに認め合う「本格派VCLer」でもある。彼の方がVCL歴としては長いが、その後の私の追い上げはスゴかった。比較の尺度が明確でないので一概に比べることはできないのだが、お互いがお互いをスゴイと思っていたりする。だから、お互いに刺激を与え合うことでここまで長く続けてこられたというのもある。

  そんなこともあって、今回のワッチはすべて「VCL」が目的。受信報告書の作成を前提に、もうがむしゃらにログを採っていくのである。

  自分の持っていないところを先に越されたらやっぱり悔しい?から、差をつけられないよう自然とワッチにも身が入る。こんなコトで張り合っても仕方ないのだが、常にモチベーションを最高レベルに保つためにはいい方法でもある。

  やっぱり、周囲にいい仲間を持つのは、この趣味を長続きさせる上で欠かせないことだと思う。

  ぶるがりやさんがいなかったら、VCL活動もここまで続いたかわからない。

  《 2001年4月16日(月) 記 》


ブルガリア現地受信局調査 in ソフィア -

4月12日(木)  「いよいよ出発!」

4月13日(金)  「パリ・・・そしてソフィア」

4月14日(土)  「現地受信局調査事前打ち合わせ」 「現地受信局調査、スタート」

4月15日(日)  「ソフィア市内観光」

4月16日(月)  「DX! DX! DX!」

4月17日(火)  「ついに来た、ラジオ・ブルガリア」 「局長室に乗り込む」

4月18日(水)〜19日(木)  「ソフィアで留守番する」

4月20日(金)  「プロブディブ遠征!」

4月21日(土)  「ソフィア最終日」

4月22日(日)  「げげっ・・・オーバーブッキング!」




© 1998- ATLANTA DX ONLINE by AR7030PLUS - ALL RIGHTS RESERVED


inserted by FC2 system