ホーム 海外におけるBCL活動レポート ブルガリア現地受信局調査 in ソフィア

ブ ル ガ リ ア 現 地 受 信 局 調 査   i n   ソ フ ィ ア
 
2 0 0 1 . 4 . 2 0  〜  「 プ ロ ブ デ ィ ブ 遠 征 」


■ 2001年4月20日(金) 〜 「プロブディブ遠征」 -

  ソフィアに来て、ちょうど1週間。何だか、ずっとラジオばかり聴いていた感じがする。

  まぁ、それ目的に来たのだからイイのだが、それでもここらでちょっとはブルガリアを観光してみたいとも思う。

  ぶるがりや氏は、予想以上に仕事が忙しそうだ。昨夜もウィーン出張から遅くに帰って来てまったくタフ。ただ、自分が帰る前日ということで、今日はムリして有休を取ってくれた。本当にありがたい。

  目指すは、ブルガリア第2の工業都市・プロブディブ。ソフィアから、この国で唯一の高速道路が伸びていて、約1時間半でアクセスできる。まだ真新しいこの高速道路、走っているクルマも疎らで、とても快適なドライブだ。

  プロブディブに到着。駐車場にクルマを停めるとすぐ、ジプシーの子供が「何かちょうだい!」と近寄って来た。ぶるがりやさんが、予め用意しておいたキャンディーをサッと差し出す。「しつこくお金をせがまれるよりはマシだからね・・・」。ふーん、準備いいんだなぁ・・・と感心する。

  中心地にはコカコーラやマクドナルド、サムスンなど西側企業の看板がいたるところにあって、少なくとも「ブルガリアの地方都市」っていう感じは全くしない。でも、歩いていて思ったのは、人々の服装の色がとても「暗い」こと。寒色系ばかりだ。こんなところを原色系の服装で歩いたら、かなり浮きそうな感じがする。

  主なところは歩いて回れるということで、カメラ片手にあちこち歩き回ってみた。

  歴史のある町だけあって、石畳の道、ローマ時代の遺跡がとても珍しい。ラジオ・ブルガリアのベリカードの図案にもなっているローマ時代の劇場跡(←写真左)には、特にその歴史を感じた。

  ちょっと小高い丘からは市内が一望できるのだが、眼下に走るトロリーバス、遠くに建っている共産主義時代の高層アパート、そしてこれまた共産主義時代の遺産ともいえる工場の煙突群など、やっぱり西側諸国とはどことなく違う雰囲気を満喫。

  帰り道、高速道路にあるブルガリア版ファミリーレストラン「Happy Grill」で、ちょっと遅めの昼食を食べる。これは完全に西側スタイルであるが、なかなか味もよく、デザートに食べたプリンなど、なかなかお目にかかれない逸品。乳製品、特にヨーグルトで有名なブルガリア、実はプリンも美味しいのであった。

  いよいよブルガリア滞在も終わり。明日はパリ(フランス)に移動する。

《 2001年4月20日(金) 記 》


ブルガリア現地受信局調査 in ソフィア -

4月12日(木)  「いよいよ出発!」

4月13日(金)  「パリ・・・そしてソフィア」

4月14日(土)  「現地受信局調査事前打ち合わせ」 「現地受信局調査、スタート」

4月15日(日)  「ソフィア市内観光」

4月16日(月)  「DX! DX! DX!」

4月17日(火)  「ついに来た、ラジオ・ブルガリア」 「局長室に乗り込む」

4月18日(水)〜19日(木)  「ソフィアで留守番する」

4月20日(金)  「プロブディブ遠征!」

4月21日(土)  「ソフィア最終日」

4月22日(日)  「げげっ・・・オーバーブッキング!」




© 1998- ATLANTA DX ONLINE by AR7030PLUS - ALL RIGHTS RESERVED


inserted by FC2 system