ホーム 海外におけるBCL活動レポート > KVOH Simi Valley 送信所訪問記

K V O H   S i m i   V a l l e y 送 信 所 訪 問 記


■ KVOH Simi Valley 送信所訪問記 -

  ロサンゼルスの北西およそ60キロに位置する町・Simi Valleyをたまたま通りかかったので、KVOH(La Voz De Restauracion)の送信所にも足を延ばしてみました。

  FCCのホームページによれば、送信所の所在地は「1000 Box Canyon Rd. on Chatsworth Peak, approx 1.0 km South of 118 Freeway」とあります。Google Mapで位置を確認すると、まず、正式なアドレスは「1000 Box Canyon Rd., Simi Valley, CA 93063」であることが分かりました。

  地図で見る限り、確かに118 Hwyより1キロほど入ったところのようです。

  ロサンゼルスからは、まずI-405をひたすら北上し、118 Hwyとの分岐↓をWEST(Simi Valley方向)に進みます。

  118 Hwyは通称「Ronald Reagan Freeway」と呼ばれています。アメリカには、人名を使った道の名称が少なくありませんね。

  「鈴木宗男ハイウェイ」ではあまりパッとしませんが、「Ronald Reagan Freeway」はなかなかカッコイイです。(笑) ↓

  I-405との分岐点から西に10分ほど走ると、長い上り坂の前方左側に2本の電波塔が見えて来ます。カーナビがあれば目的地までの距離は一目瞭然ですから、すぐにこれと分かります。

  あらら・・・ちょうど、山の天辺ですねえ。。。(笑)

  これがKVOHの送信所です。 ↓

  FCCのホームページにある「118 Hwyからおよそ1キロ」というのはあくまで「直線距離」であって、実際にはここから険しい山道を登らなければならないことに気づきます。しかし、時すでに遅し。(笑)

  それにしても、この坂、ものすごい急勾配です。。。

  何を血迷ったか、(崖になっている)進行方向右側にはガードレールすらありません。しかも、左ハンドルですから、(ガードレールのない)右側下は完全に死角なんですね。これはもう、「恐怖」以外の何物でもありません。

  崖から転落しないよう?ゆっくりこの急な坂道を上って行きます。更に加えて、ちょうど夕陽が進行方向正面にあって、前方がよく見えないのです。ワーォ!(怖)

  かなり山道を登ったところで、無情にもカーナビの案内はここで終わりです。「Bell Ranch Rd.」という手書きの標識があって、どうやら更に、枝道を登っていく模様。かなり怪しいところです。

  おいおい。。。 ↓

  これ・・・ちょっとヤバイ雰囲気っスね。(笑) ↓

  幸いゲートは開いているものの、何やら看板がありますゾ。 ↓

  ズームアップ。 ↓

  NO TRESPASSING=不法侵入禁止、とあります。ここから先の立ち入りは「不法侵入」と見なされるようです。罰金10,000ドル、禁固刑10年・・・ワーォ!  いくら円高とはいっても、10,000ドルの罰金はチト厳しいですね。(笑)

  うーむ・・・  いろいろ考えたのですが、ここまで来て引き返すのはさすがに惜しい。取りあえず、意を決して?先に進むことにしました。

  ここからは半舗装(いや、舗装なんてレベルではなく、ただのガタガタ道)です。。。 ↓

  ちょっとだけ進んですぐ、来てしまったことを後悔しました。

  この道も当然、ガードレールなしのモーレツな急勾配。左ハンドルに加えて急な坂もあって、右側(崖側下)は死角になって全く見えません。

  道はガタガタ、途中には砂利の箇所もあったりします。万一ここでスリップでもすれば、谷底に一直線です。オフロード車ならまだともかく、普通のレンタカー(乗用車)ではさすがに厳しい。生まれてはじめて、生命の危険を感じました。

  幸いなことに途中、ちょっとだけ開けたスペースがありました。ここにクルマを停めて、取りあえず写真撮影です。

  前方にカーテンアンテナが見えています。 ↓

 

  ズームアップ。 ↓

  もうちょっとズームアップ。 ↓ 

  更にズームアップ。 ↓

  手持ちのコンパクト・デジカメでは、これが精一杯です。

  このアングルでは恐怖感が全く伝わらないのですが、右側はカードレールなしの崖。標高もあるので、かなりコワイです。

  この先Uターン出来る場所があるかも分からず(まぁ、あることはあるんでしょうけど)あまりに危険過ぎるので、さすがにこれ以上は断念です。 ↓

  この写真の撮影ポイントについて言えば何とかすれ違い出来そうですが、クルマ1台通るのがやっとの道が殆どですから、もし前方からクルマが来たりすればもうお手上げです。ガードレールもありませんから、すれ違いはかなりヤバそう。危険過ぎます。

  カーテンアンテナが、すぐ近くに見えているんですが。。。 ↓

  ということで、後ろ髪を引かれる思いで?引き返すことにしました。 ↓

  取りあえず右側通行なので、下りはまだマシです。ただ、1速にしてもキツイほどの急勾配。。。

  写真撮っている場合じゃないと思うのですが。(笑)

  因みに、前方に見えるのが118 Hwy。 ↓

  ということで、命辛々?何とか「下山」しました。

  ロサンゼルスから片道3, 40分程度ではありますので、勇気のある方は、足を伸ばしてみるといい記念になるかも知れませんです。

  ただ、「NO TRESPASSING=不法侵入禁止」のサインがありますので、無用なトラブルを起こさないためにも、積極的にはお奨め出来ませんが。(笑)

  それにしても、よくこんなところに送信アンテナを建てたものです。間違いなく大型車は通れませんので、ヘリコプターなどで機材を運んだのでしょうか。

  1度は行ってみたいと思っていましたが、2度は行きたくありません。もう、これで十分です。(笑)■




© 1998- ATLANTA DX ONLINE by AR7030PLUS - ALL RIGHTS RESERVED


inserted by FC2 system