ホーム 海外におけるBCL活動レポート > Radio Marti - Marathon中波送信所訪問記

R a d i o   M a r t i  -  M a r a t h o n 送 信 所 訪 問 記
 
〜  1 9 9 9 . 1 1 . 2 4  〜


■ Radio Marti - Marathon中波送信所訪問記 -

  アメリカのキューバ向け宣伝放送・Radio Martiは、Delano(カリフォルニア州)、Greenville(ノースカロライナ)両送信所からの短波放送に加えて、Marathon(フロリダ州)からも中波(1180KHz)で送信を行っています。

  キューバ側も同一周波数に自国のR.Progresoの番組を流して、R.Martiの妨害に躍起です。長らく続く両国の政治的敵対関係を反映して、ここでも激しい電波戦が繰り広げられています。

  1999年11月にフロリダ州の最南端・Floria Keysを旅行した際、このR.Marti(正確には、IBB  (=International Broadcasting Bureau))のMarathon送信所にも立ち寄って来ました。

  日本でもよく知られている「セブンマイル・ブリッジ」をKey West方向に進むと、やがて左手に、一際高く聳え立つ3本の送信アンテナが見えて来ます。かなり目立つので、「業界人」であれば見落とすことはまずありません。(笑)

  完全に橋を渡りきったところが、Marathonの町。

  (詳しい地図がなかったので)この送信アンテナを頼りにクルマを進めると、程なくしてゲートに辿り着きました。看板には「IBB International Broadcasting Bureau Marathon Relay Station」とあります。間違いなく、ここがかのMarathon中波送信所です。

  今回は(家族旅行のため)事前のアポ取りはしておらず、当然、中までは見学出来ず。ゲート前で引き返して来たのは何とも勿体ない気もしますが、ここで聞いたR.Marti(1180KHz)はまた格別でした。

  今度は、きちんとアポ取りをして来たいものです。^^ ■

高い送信アンテナが3本、聳え立っています。

セブンマイル・ブリッジをKey West方向に運転していると、イヤでも前方のこの送信アンテナが目に入ります。(笑)

アンテナを頼りにクルマを進めると・・・何やら、ゲートが見えて来ました。

近寄ってみると・・・

 「IBB International Broadcasting Bureau」の看板。間違いなく、ここがMarathon送信所です。

  訪問者は、左下のインターホンで用件を伝えてゲートを開けてもらうようです。

当たり前ですが、アポなしでは「門前払い」となります。。。^^ ■




© 1998- ATLANTA DX ONLINE by AR7030PLUS - ALL RIGHTS RESERVED


inserted by FC2 system