ホーム 海外におけるBCL活動レポート > '2017 キト現地受信局調査

キ ト 現 地 受 信 局 調 査
 
そ う だ 、 赤 道 直 下 の エ ク ア ド ル に 行 こ う !

〜  2 0 1 7 年 5 月 〜


■ はじめに -

  昨年11月末のメキシコシティー(メキシコ)に続いて、何と、今度はキト(エクアドル)に、ラジオを聴くため「だけ」の目的で行くこととしました。

  あ、正確にはあともうひとつ目的があって、それはHCJBを訪問することです。^^

  諸事情により、3月末から7月末まで、奥方が子供たちを連れて一時帰国します。^^

  もちろん、夫婦仲が冷え込んで別居、とか、これ以上の米国生活に嫌気が刺して逃避、というわけではありません。(笑)  両実家の両親も、高齢ではありますが(今のところは)至って元気です。^^

  先日(奥方が以前から狙っていた)チャーター・スクールの公開抽選会があり、運よく限定の編入枠に滑り込むことが出来ました。8月から、子供たちはここに通わせることとしています。というわけで一時帰国は4ヶ月限定、です。^^

  わたしは仕事ばかりしていて子供たちの教育にはノータッチ(毎週の日本語学校の送迎ぐらい(笑))ですが、その分、奥方がしっかりやってくれるので助かります。

  うちの子供たち(特に(大))は米国生活が長く、このまま日本に戻ってもスムーズに馴染めるか、かなり不安があります。そんなこともあって、いつになるかは分かりませんが将来の帰任も睨んで、少しでも負担が少なく軟着陸させるためのプロジェクト?を1年前から着々と準備して来ました。いよいよそれを実行するときが来た、というわけです。

  吉と出るか凶と出るかは分かりませんが、何とか「吉にする」ようやって行くしかない。中途半端な数カ月の二重生活はタイヘンですが、まぁ、こういうチョット変わった経験もいいんじゃないか、と。(どこまでも楽観的)

  ということで、せっかくの単身生活 - 前回に続いてもうこんなチャンスはなかなかないよね、ということで?早速、行動開始!です。

  自分で言うのも何ですが、わたしは仕事も含めてとてもアクションが速い。即断即決。稟議など通しません。(笑)  周囲もそれをよく分かっているので、何も言わない。みなさん、ありがとうございます!(笑)

  さて、どこに行くか、です。

  有休は、そうそう取れるものではありませんが、それでも事前にきちんと調整すれば取れないわけでもない。取る、と決めれば取れるわけです。ただ、あまり移動に時間を取られるのは勿体ない。東西の移動はどうしても時差が絡むため、こういうシチュエーションでは不向きです。じゃ南北だよね、ということで、まずは候補地を挙げてみました。

  わたしのプライベートのクレジットカード、結構ポイントが貯まっています。これを使って航空券に換える、ということであれば、まだ奥方にも納得してもらいやすいでしょう(←多分ね)。

  エアラインは(アトランタですから)否応なくデルタ。行き先は、前述の通り、時差の絡まない南北です。

  北はカナダしかないし、英語圏はつまらないよね、ということになると、南しかない。

  メキシコシティーは前回行っているし、移動に時間をかけないベースだと、サンパウロやリオデジャネイロ(ともにブラジル)、サンチアゴ(チリ)は厳しい。カリブの小国はクルーズで大体行ったなぁ、ということで、候補はリマ(ペルー)、キト(エクアドル)、パナマシティ(パナマ)、ボゴタ(コロンビア)といったところでしょうか。

  リマは、わたしの所持ポイントでは足りないのでパス、ボゴタは何となくあまり治安が良さそうでないイメージがあるのでパス、パナマシティは正直あまり惹かれないのでパス、ということで?、消去法というわけではないのですが、キトなんていいんじゃない?と。

  キトは、わたしも含めて日本のBCL・DXerにとっては昔からなじみのある町です。もちろん、HCJB日本語放送の影響であることは言うまでもありません。

  短波では、今は6050kHzが1波残るだけのローカル局となってしまいましたが、それでも一度は行ってみたい!という衝動に駆られます。日本からも行けないことはありませんが、まぁ、なかなかそういう機会はないよね、ということでキトに決定!です。^^

  いつものように一応奥方(財務大臣)に上申?すると、例の如く、「危なくないとこならいいんじゃない?  逝って(行って)来たら?」の返事。

  自分の奥方を自慢するわけではないのですが、わたしにはもうこの人しかいない。こんな素晴らしい女性と巡り会えて、もう、これ以上何も求めるものはありません。

  ということで、ホントありがとうございます。それでは逝ってまいります!(笑)

  本日、クレジットカードのポイントを投じて航空券を予約。ついでにちゃっかりマイレージも溜まったりするので、まさに一石二鳥です。しかし、今回は、残念ながらエコノミー、、、(>_<)

  まだ3ヵ月ほどありますので、キトについて、これからいろいろ調べます。アポを取ってぜひHCJBも突撃訪問したいところですが、英語は通じるんだろうか?(スペイン語ではとてもムリ)

  ダメモトでリクエストを出してみるとしましょう。^^

〔 2017.2.19 記 〕


  エクアドル - 特にキト周辺の中波局をリストアップしてみました。

  今やその殆どがオンラインで聴けるようになっており、わざわざ現地まで出かけて受信することに何の意味があるのか?と言われれば、確かにその通り。

  意味がある、とか、ない、とかではなくて、ただの自己満足の世界なので、自分としてそれをやりたいからやる、というだけの話です。誰のためにやるわけでもない。やらなければならないからやる、というものでもない。やったことで自己満足が得られるのであればそれでいいわけで、これをとことん追求するのが趣味だろうと考えています。

  「趣味」の定義も人それぞれなので、趣味とはこういうものだ、などと言うつもりはないし、楽しみ方は十人十色。わたしはこれで自分自身の満足が得られる(だろうと思っている)からエクアドルのラジオ受信旅行を企画しているのであって、あなたもぜひ如何?などと言うつもりは全くない。個々人がそれぞれ自分の満足が得られることをする、但し、他人さまにはご迷惑をお掛けしちゃダメよ、という大前提があって、ですが。

  閑話休題 -

  エクアドル - 昔は、HCJB(アンデスの声)を筆頭に短波にもいくつか出ていましたが、現在では唯一このHCJBが6050kHzで細々とローカル向け放送を続けているのみ。WRTHでは、これに加えてLa Voz del Napo(3280kHz)とR.Oriental(4782kHz)がリストされていますが、QRT中ですので事実上HCJBのみという状況です。

  過去のデータを調べてみたところ、わたしは下記のエクアドル局より返信をゲットしているようです。

  - HCJB
  - La Voz del Upano
  - R.Quito
  - La Voz del Napo
  - R.Federacion
  - R.Interoceania
  - R.El Buen Pastor
  - R.Melodia

  キト周辺だけでも、これだけの中波局が出ているようです。先日の「Wavescan」で、HCJBの690kHzは中波から撤退と言っていたかな?  R.Melodia(740kHz)やR.Quito(760kHz)は以前短波で聴いて以来ですから久しぶり。

  FMは、あまりに局数が多すぎるのでパス。今回も、ターゲットはAM局に絞ります。SDR がないと厳しいところですが、これがあればかなり効率的にIDを確認できるでしょう。

Freq.Call        Station          Time (Local)
---- ---- ---------------------- --------------
 530
DC1  R.Iris
 550 GM1  R.Reloj
 570 RM1 
R.El Sol
 590 SP1  Super K800
 610 MJ1  R.Caravana
 640 XY1  R.Ciudadana            *06:00〜04:00*
 670 FF1  Jesús del Gran Poder   *04:45〜00:00*
 690 JB1  La Voz de los Andes    *05:30〜00:00*
 720 JC1  Distrito AM
 740 GC1  R.Melodía              *06:00〜23:00*
 760 QR1  R.Quito
 780 CM1  R.Colón AM
 800 FB1 
R.Sensación            *05:00〜22:00*
 820 UP1  R.Unión                *06:00〜20:00*
 840 PN1  R.Vigía
 860 PC1  R.Positiva AM          *05:15〜23:00*
 880 RP1  R.Católica Nacional
 900 VA1  R.Sucre                *06:00〜23:00*
 920 AB1  Cadena Democracia
 940 BZ1  R.Casa de la Cultura
 960 NC1  La Pantera
 990 GH1  R.Tarqui               *05:15〜23:00*
1020 CE1  RTU R.
1070 VP1  R.Libertad
1090 VI1  R.Irfeyal
1110 EG1  R.Clásica
1140 IR1 
R.Raíz                 *06:30〜23:00*
1160 CP1  R.Super Auténtica
1180 LR1  Nueva Emisora Central  *06:00〜23:00*
1200 CS1  Super K1200
1220 AP1  R.Marañón              *08:00〜21:00*
1240 PA1  R.Metropolitana
1260 MO1  R.HCM.1
1280 AB1  R.Universitaria
1310 GB1  R.Nacional Espejo
1330 JA1 
R.Visión Cristiana
1360 MT1  R.Oyambaro
1380 CV1 
R.Cristal              *03:30〜22:00*
1410 JN1  R.El Tiempo
1430 AA1  R.Futura               *08:00〜21:00*
1450 SC1  As la R.
1470 JC1  R.Ecos de Cayambe
1490 MQ1  La Poderosa 1490
1510 RC1 
R.Monumental
1540 DP1  R.Caracol              *05:00〜23:00*
1590 RZ1  R.Mensaje
1600  -  
R.Ilusión

〔 2017.2.26 記 〕


■ 事前準備 -

《 国 名 》

  正式名称は「エクアドル共和国」=「Republic of Ecuador」。スペイン語で「赤道」を意味します。

《 面 積 》

  25.6万平方キロメートル、と言われてもあまりピンと来ないのですが、日本のおよそ3/4 = 本州と九州を合わせたぐらいの広さ、だそうな。

  それでもあまりピンと来ないか。(笑)

《 人 口 》

  2013年の統計で1,542万人とのこと。 因みに、東京都の人口は2016年7月の時点で1,362万人です。

  あまり比較にはならないかナ。(笑)

《 首 都 》

  キト。でも、エクアドル最大の都市は(キトではなくて)グアヤキルなんですね。

《 民 族 》

  2001年の国勢調査(随分と古いっすね)で、欧州系・先住民混血79%、欧州系8%、先住民7%、その他6%とあります。

  昔、中学の地理の時間に「インディオ」とか習ったのを思い出します。(懐)

《 言 語 》

  公用語はスペイン語。大学時代、もっと勉強しておけばよかった、、、(当時はしたけど殆ど忘れた、というのが実情)。

《 略 史 》

  1822年、大コロンビアとしてスペインから独立、1830年に大コロンビアより分離独立してエクアドルとなった、とのこと。

《 通 貨 》

  意外や意外、2000年3月に自国通貨・スクレを廃止 - 米ドルを法定通貨として使用している、とのこと。

  マジメにHCJB日本語放送を聴いていたらこんなの常識だったかも知れませんが、すみません、わたしは全く知りませんでした。(笑)

  (米ドルですから)紙幣は、100, 50, 20, 10, 5, 1ドルの6種類です。

  コインのみエクアドル製ドルがあり、1ドルと、50, 25, 10, 5, 1セントの6種類。エクアドルのコインは当然エクアドル国内でしか使えません(そりゃそうだ)。

《 消費税 》

  すべての物品に12%がかかるそうです。

《 在留邦人数 》

  2014年の統計で382人とのこと。アトランタ日本語学校より少ないんですねえ(比較するなよ)。(笑)

《 国 歌 》

  「Salve, Oh Patria」。

  2017年2月現在、短波に出ているエクアドル局は恐らくHCJB-Quitoが唯一の存在と思われます。周波数は6050kHz。毎日11:00(UTC)ジャストに国歌が流れます。

《 時 差 》

  エクアドル本土は、日本より14時間遅れ。サマータイムは未実施とのこと。

  米東海岸とは、冬時間の期間中は時差なし。アメリカが夏時間に移行すると1時間の時差が生じます(アメリカから見て、1時間遅らす)。

《 ビザ 》

  観光目的の場合、90日以内の滞在ならビザ不要。パスポートの残存有効期間は、エクアドル入国時点で6ヵ月以上が必要とのこと。

  あれ、わたしのパスポートはいつまで有効だったかな?

《 治 安 》

  まぁ、人気の少ない裏道に入らないとか、夜に出歩かないとか、基本的なことさえ守れば大丈夫でしょう(多分)。

《 電圧・コンセント 》

  電圧は110ボルト、60ヘルツ。プラグはAタイプなので、日本の電化製品がそのまま使えるようです。

《 郵 便 》

  日本へは、ハガキや20グラムまでの封書で3.25ドル、100グラムまで6.25ドルとのこと。米ドルベースですからかなり高い!

  HCJBも、リスナー1人に対してこれだけの費用がかかるとなるとタイヘンです。これまで返信料として1ドル札を同封していましたが、うーん、これでは全然足りなかったのか、、、(>_<)

《 チップ 》

  レストランでは、多くの場合、消費税(12%)とサービス料(10%)を含んだ料金を表示しているのでチップを渡す必要はない、とのこと。サービス料が含まれていない場合には10%程度を渡すんだとか。

  ホテルで荷物を運んでもらった場合は1ドル札を渡すのが一般的、とのこと。これはアメリカと同じですね。

《 アクセス 》

  日本からエクアドルへの直行便はなく(そりゃそうだ)、アトランタやヒューストン、ニューヨークを経由して行くのが一般的、とのこと。成田‐キトで検索をかけてみるとアエロメヒコのメキシコシティ経由なんてのも出て来ますが(なるほどー)、まだアメリカでトランジットの方が安心できそうです。

  わたしは、日本‐アメリカの長距離拷問フライトをオミットできるのでナイス!  それでも、アトランタから5時間ほどかかります。(遠)

《 フライト 》

  アトランタからは、デルタ航空が毎日直行便を飛ばしています。しかし、あまりいい時間帯ではなく、アトランタ17:55発でキト22:13着。成田はじめアジア方面からのフライトは夕方に着きますから、まぁ、これとのコネクションを考えると仕方ないのかも知れませんですね。

  帰りはもっとひどくて、キト23:30発でアトランタ翌日05:46着。これも、アトランタから世界中、米国内に散らばって行くことを考えれば、やむを得ないのかも。。。

《 標 高 》

  アンデス山脈の中腹にあるキトは標高2,850メートルとのこと。昨年11月末に行ったメキシコシティが2,240メートルでしたから、これより高い。富士山で言うと7合目ぐらいに相当します。


■ '2017 キト現地受信局調査 -

  - 2017年5月25日(木) アトランタ → キト移動 / キト滞在・1日目

  - 2017年5月26日(金) キト滞在・2日目

  - 2017年5月27日(土) キト滞在・3日目

  - 2017年5月28日(日) キト滞在・最終日 / キト発(機中泊) →

  - 2017年5月29日(月) → アトランタ着


◆ キト(エクアドル)に於ける中波総受信局リスト -

  ◇ 受 信 日 : 2017(平成29)年5月25日(木)〜29日(月)
  ◇ 受 信 地 : エクアドル・キト
  ◇ 受信機材 : Microtelecom PERSEUS+Wellbrook Communications ALA100MS

 Call  - 日中+夜間ともに入感
 Call  - 夜間〜深夜、早朝にかけてのみ入感(日中は未感)

Freq. Call
(kHz)Letter        Station         Date  Time (Local) SINPO             Remark(s)
---- ------ ---------------------- ----- ------------ ----- ----------------------------------





 
© 1998- ATLANTA DX ONLINE by AR7030PLUS - ALL RIGHTS RESERVED


inserted by FC2 system