ホーム 海外におけるBCL活動レポート > WHRI-Pineland, SC 送信所訪問記

W H R I - P i n e l a n d ,  S C  送 信 所 訪 問 記

〜  2 0 1 7 .  7  〜

リ ベ ン ジ 成 功 顛 末 記  ( ^ o ^ )


■ WHRI-Pineland, SC 送信所訪問記(リベンジ成功顛末記 (^o^)) -

(  参 考  ) WHRI 送信所訪問記(アプローチ失敗顛末記 (>_<))

  家族のいない不便な単身生活も、残すところあと3週間となりました。^^

  3月末からこの3カ月、とにかくあちこち飛び回りました。来週末は休出が決定、再来週末は留学時代の友人(アメリカ人)を訪ねてノースカロライナに飛び、戻ってすぐフィラデルフィアに出張です。(忙)

  香港・中国・日本から帰米してすぐ、ということもあり今週末は何も予定を入れずオープンにしていたのですが、いやいや待てよ、家族のいないフリーな週末はこれがもう最後だゾ!と思ったら、何だか急に勿体なく?思えて来ました。(笑)

  休日とは言っても家にいればどうせまた仕事に出てしまうだけですし、何かこう、今=この機会にしか出来ないことはないかと思案も、なかなかいいアイディアは思いつきません。

  ここまでギリギリでは、飛行機は(あまりに高すぎて)ムリ。クルマとは言っても、近場はもうどこも行き尽くしてしまい、特にこれと言って行きたいところもありません。

  今回は諦めかナ・・・と思っていた矢先、ふと「WHRIの送信所でも行ってみるか!」と閃きました。

  どうやってこのアイディアが思い浮かんだかは不明。先日、たまたま同局中継のV.O. Vietnam 英語放送を聴いていたからかも知れないし、「送信所(巡り)」というキーワードからたまたま思いついたのかも知れない。

  ひとつだけ言えることは、ただの偶然(の思いつき)ということ。まぁ、そんなモノです。(笑)

  わたしは、家族がいても自分が行きたいと思ったら行きますが(笑)、それでも、出来ることであれば家族は巻き込まない方がいいし、家族には迷惑をかけない方がいい。それならもう今しかないじゃないか!ということで遠征決定!です。(笑)

  送信所は、米国内の短波局だけでもここにある通り、IBBグリーンビル送信所、WRMI(WYFR), WINB, WWCR, WWRB, KVOH, WEWN, WJHRと、ほぼ制覇しています。残るはこのWHRIとWRNO、WBCQぐらいですが、WBCQは距離的に難しいとして、WHRIはサウスカロライナ、しかもジョージアに近い南部ですから攻めなければイケません。(笑)

  前回は、すぐ近くまで行きながら道が分からずギブアップしています。当時はまだ、Google Map にも載っていなかった。カーナビでも出ず、今あるWAZEなど携帯アプリもありませんでした。

  が、今回は大丈夫。事前の調べもついており、もう道に迷うことはありません。

  片道380キロですから、ちょうど中央道経由の東京‐名古屋と同じぐらいでしょうか。アメリカの道なので、東京からクルマで名古屋に行くよりは遥かにラクチンです。

  今回は、特に時間も決めずドライブ方々のんびり出かけて来ようと思っています。^^

〔 2017年7月7日(金)記 〕


  ということで、サウスカロライナを日帰りで往復して来ました。前回のリベンジ成功!^o^ ^o^ ^o^

  総走行距離は往復520マイル = およそ830キロ。さすがに疲れましたが、やっぱり行ってよかった!

  この機会を逃したら、もう、なかなかチャンスはないと思うので、、、

  そう、今しかできないことは「今」やっておいた方がいいです。今やらないでこの先できなかったら、きっと後悔することになります。それなら今やっておいた方がいいよね、ということで決行しました。

  もう、ただの自己満足。それでいいのです。(笑)


  08:50(EDT)自宅発 - もう少し早く出ようと思っていたのですが、うーん、遅くなってしまった!

  アトランタ在住の方は、どこだかすぐ分かりますね。I-85とI-285が交差するジャンクション - あまりに車線が多く複雑に交差しているので、通称「スパゲティ・ジャンクション」と呼ばれています。^^

  ホント、それにしても一体、何車線あるんだ?(笑) ↓

  I-285からI-20Eへ。「AUGUSTA」は、マスターズ・トーナメントで有名な、あの「オーガスタ」です。

  ここから2時間ぐらい東に行ったところ。^^ ↓

  オーガスタまで、I-20Eを延々とドライブ。ハッキリ言って退屈です。(-。-; ↓

  東海岸のハイウェイの典型的な景色。このように両サイドに樹木があるので、どこまで行っても変わり映えしない退屈な景色が続くわけです。何とかならんものか、、、(-。-; ↓

  予期せず渋滞に巻き込まれました。(-。-;

  そう言えばWAZEのアプリが1つ前のEXITで下りるよう言っていたのですが、何かの間違いだろうと思い無視したのがイケなかった、、、(-。-;

  こうした郊外のハイウェイに於ける渋滞は、ほぼ事故か道路工事です。今回は後者。2マイル先 = 20分ほどロスすることに、、、(-。-; (-。-; (-。-;

  ということで、オーガスタから下道。対向車は、来ないことはありませんが殆どナシ。^^ ↓

  Estill, SC。わたしはこういう田舎の小さな町が好きです。ここにどんな仕事があるのか分かりませんが、とにもかくにも人が住んでいます。皆、何をして暮らしているんだろう?(笑) ↓

  かなり近づいて来ました。John Penn Rd.は前回も来ているので、よく覚えています。

  ただ、ここからが詰め切れなかったのでした。今回は、大丈夫!(笑) ↓

  WAZEのナビ通り進むと、右側にSecond Thankful Missionary Baptist Churchが見えて来ました。

  ここを右折すると、Shortwave Ln(Lane)。 ↓

  右折したところ。Shortwave Ln。ネーミングが最高です。(笑) ↓

  途中、渋滞で20分ほどロスしたりランチ休憩などもありましたが、08:55(EDT)発で14:05(同)着ですから・・・やっぱり時間かかります。(疲) ↓

  どーん!  視界が開けて、壮観なカーテンアンテナ群が! ↓

  ズームアップ! ↓

  航空写真で確認していましたが、ゲートがあるのでこの先は、、、(-。-; ↓

  ここを突破するのは厳しそう。何にしても、決めたのが2日前なのでアポ取りする余裕もなく、、、 ↓

  仕方ないので、せめて写真だけでも撮らせていただくこととします。(笑) ↓

  カーテンアンテナって、確かに「カーテン」ですね。よく言ったもんだ、、、 ↓

  送信所のロケーションは、Cypress Creek, SCではなくPineland, SCなんですね。

  因みに、Google Mapで「Cypress Creek, SC」と検索しても、そんな地名は出て来ません。Pineland, SCが正解のようです。^^ ↓

  それにしてもこのゲートは厳しいなあ、、、(-。-; ↓

  「Shortwave Lane」。いいですね。 ↓

  おーい、誰か開けてくれー!(笑)

  っていうか、正面左側に防犯カメラがありますので、これでバッチリ録られているハズです。クルマを置いてウロウロしながら写真を撮りまくっており、その風貌からして?かなりアブナイ人に見えるかも。

  キャー通報しないでー! ↓

  正門から180度振り返ると、、、 ↓

  インターホンがありました。^^

  せっかく片道5時間もかけてアトランタから来ましたので、予定外ですが、ここは意を決してアポなし訪問を試みます。(笑)

  英語なら、インスタントで如何様にも対応できます。もはや怖いものは何もない!(笑) ↓

  おーい、誰か応答してくれーぃ!(笑)

  「・・・・・(呼び出し音)」

  反応はありません。こちらの様子は防犯カメラで見られているハズなので、怪しいヤツと思われた?(否定はしないけど) ↓

  何度かインターホンのスイッチを押したものの応答はなく、あまりしつこくやり過ぎで通報されても困るのでギブアップしました。残念。(-。-;

  ただ、もともと内部まで押しかけて見学させてもらうことまでは考えていなかったので、ここまで来られただけでも十分満足です。^^

  ということで、もう少しカーテン・アンテナの写真を。 ↓

  ここから日本まで電波が届くなんて、やっぱり短波は偉大です。 ↓

  ここで問題。これは一体、何でしょう?  北海道とかにもあるのかも知れませんが、アメリカでは郊外でよく見ますね。 ↓

  答えは、自動水まき機(って言うのかナ?)。

  車輪が付いていて、水をまきながら少しずつ移動して行きます。 ↓

  わたしも、こんなに近くで見たのは初めて。(笑)

  水まきも、ここまで土地が広いとホースってわけには行かないし、ヘリでは経費がかかり過ぎるし、ドローンでは量が撒けないし・・・ということで、やっぱりこれになるわけです。最初に考えた人はエライ!(笑)

  アメリカなので、車輪で農作物が踏み潰されるじゃないか!とか、そんな小さいコトは気にしないようです。(笑) ↓

  カーテンアンテナをバックに。 ↓

  ということで、これからアトランタにとんぼ帰り。では、また来る日まで。(笑) ↓

  Estill, SC のチャイニーズ・レストラン。

  どんな寂れた郊外の町に行っても、不思議とチャイニーズ・レストランだけはあります。 ↓

  ということで、オーガスタからまたI-20を一路、西へ。。。 ↓

  この変わり映えしない退屈な景色のハイウェーを更に2時間ほど、、、 ↓

  ということで当地時間18時半、無事、帰還しました。^^

  完全な思いつきで800キロ以上も走って来ましたが、いやぁ、やっぱりアメリカは広い!  帰宅してアメリカ全土の地図を見ると、これだけ走っても僅か数センチ。ホント、イヤになります。

  次は、いつかニューオーリンズのWRNO(の送信所)を攻めてみたいものですが、帰任までに実現出来るかナ?

〔 2017年7月8日(土)記 〕




© 1998- ATLANTA DX ONLINE by AR7030PLUS - ALL RIGHTS RESERVED


inserted by FC2 system