ホーム 海外におけるBCL活動レポート > WINB-Red Rion, PA 送信所訪問記

W I N B - R e d   L i o n ,  P A  送 信 所 訪 問 記

〜  2 0 1 2 .  1 2  〜


■ WINB-Red Lion, PA 送信所訪問記 〜 2012.12 -

《 はじめに 》

  これまで米国の短波放送局(の送信所)をあちこち訪ね歩いて来ましたが、WINB-Red Lion, PAはペンシルバニアの片田舎 - ジョージアから遠いこともあり、これまで、なかなか訪問の機会に恵まれませんでした。

  まず、Red Lion, PA の位置を確認してみましょう。 ↓

  最寄りの中都市は ヨーク(ペンシルバニア州)ですが、飛行機でアクセスする場合、ボルチモア(メリーランド州)、もしくはフィラデルフィア(ペンシルバニア州)がベストと言えます。

  日本からの直行便が就航しているニューヨークやワシントンD.C.より直接アプローチする、という方法もありますが、距離的にかなり疲れるでしょう。

  短波放送局の送信所は概して辺鄙な場所にあることが多く、同局も例外ではありません。

  広大な米国に於いては、まず、クルマが問題なく運転出来ること、とにかく失敗覚悟で行ってみる熱意と執着心、そしてチャレンジ精神が必須となります(何じゃそりゃ)。

《 事前準備 》

  まず、いつものようにFCCのホームページで送信所の所在地を確認します。すべてカーナビが頼りですから、ストリート・アドレスを調べておく必要があります。

  これによれば、送信所の所在地は「2900 Windsor Road, Red Lion, PA」とのこと。

  Google Map でロケーションを確認 - ストリート・ビューも見られます。いやいや、周囲には懸案の樹木もなく、電波塔もバッチリ写っています。実際に行ってみたら周囲を樹木に覆われて何も見えなかった、なんて最悪のパターンも少なくない中、これは期待が高まります。条件としては、かなりいい感じがします。

《 アプローチ 》

  ということで、アタック当日 - カーナビがきちんと所在地を認識してくれたらシメたもの。

  短波放送局の送信所は辺鄙な場所にあることが多い、というのは既述の通りですが、カーナビがストリート・アドレスを認識してくれないこともままありますから、最後まで油断は禁物です。

  幸い、同局に関してはノープロブレム - 一発で入りました。^^

  カーナビに従ってクルマを進めます。Red Lion, PA まで、あと5マイルに迫りました。 ↓

  遠方に、2本の電波塔が見えて来ました。目的地まで1.3マイル、と出ていますから、まず、同局の送信所に間違いないでしょう。 ↓

  ズームアップ。 ↓

  アンテナ直下にアプローチです。建物は、まるで廃墟のような感じ。近くまで行ってみましたが、どうやら無人と思われます。 ↓ 

  更に近づいてみます。ここまでアプローチ出来るとは思わず・・・(嬉) ↓

  送信アンテナ ↓

  トップ部分、スームアップ。 ↓

  こんな直下から送信アンテナを見上げたのは、これがはじめてです。

 

  所在地の「2900 Windsor Road, Red Lion, PA」には、WGCB-TV(Family 49)というケーブルテレビ局がありました。どうやら、このテレビ局が短波放送(WINB)を運営している模様。 ↓

  Red Lion, PA のダウンタウン(中心地) - とはいっても、ただの、ペンシルバニアの片田舎。(笑)

  「KARATE」はもう、アメリカでも完全に市民権を得ていますね。こんなところで日本語に接するとは思わず。^^ ↓

  Red Lion, PAの道路標識には、赤いライオンのイラストが描かれています。なかなかお茶目。(笑) ↓

  Red Lion, PA のダウンタウンからWINBの送信所まで、およそ1マイル - このような感じで、一際高い電波塔が2本、よく見えます。 ↓

  ということで、ここまでアンテナ直下にアプローチ出来たのははじめてで、非常にエキサイトしました。

  この満足感、充足感こそ、次回の送信所訪問の糧?となります。次はどこに行こうかな?(笑) ■




© 1998- ATLANTA DX ONLINE by AR7030PLUS - ALL RIGHTS RESERVED


inserted by FC2 system