ホームDXing!DXing!DXing! 〜 最新受信情報 from the U.S.A. > 2010年2月


D X i n g !  D X i n g !  D X i n g !
 
最 新 受 信 情 報   f r o m   t h e   U . S . A .
 
 〜  2 0 1 0 年 2 月  〜


※ 特記なき限り、周波数はkHz、時間表記はUTC(協定世界時)= EST(米国東部標準時)+ 5時間


■ 2010年2月28日(日)

  家探し、スタート。

  アパート程度なら(前回のように)自分で交渉するが、今回はさすがに、仲介業者に依頼。

  まずはアメリカらしく?、近くのスタバではじめてのミーティング。一通りこちらの希望を伝えて、条件に合った物件を紹介していただく。

  まだ2ヵ月あるし、焦らず、じっくり選ぶこととする。


  Kim Elliott氏のホームページに掲載された、「BBG budget plan includes closure of Greenville transmitting station, last IBB shortwave facility in the U.S.」という記事

  VOA(IBB)グリーンビル送信所、閉鎖。。。

  Bethany(オハイオ州)、Delano(カリフォルニア州)と、米国内のIBB送信所は相次いで閉鎖されて来たので、イヤな予感はしていたのだが・・・

  Googleで検索すると、地元紙・The Dairy Reflector の関連記事がヒット。 ↓

Budget cuts may quiet Voice of America
By Ginger Livingston
The Daily Reflector
Wednesday, February 3, 2010

The federal government wants to close the Voice of America transmission site located in Pitt County.

President Obama's Fiscal Year 2011 budget for the Broadcasting Board of Governors recommends funding increases to update satellite and other broadcasting technology. But the improvements come at the loss of the Pitt County Voice of America site and reductions in engineering staffing.

The site opened in 1963 in eastern Pitt County near the Black Jack community.

Closing the location should save the agency $3.1 million, said Letitia King, spokeswoman for Broadcasting Board of Governors which oversees all government-funded, civilian international broadcasting organizations, including Voice of America.

"Obviously in this budget environment we are faced with difficult choices in balancing competing policy priorities with available budget resource," King said. The broadcasting bureau has other resources available that can deliver the programming transmitted from Pitt County, she said.

Twenty-three people work at the Pitt County site. King said she did not know when the proposed closure would occur because the budget has not been approved. According to U.S. Rep. Walter Jones Jr.'s office, it won't be approved until the appropriations committee reviews it, and that still is some time away. 

King said it also was too early to say what might be offered to employees should the site closure b

Jones, whose 3rd Congressional District includes Pitt County, doesn't buy the argument.

"The justification that we have received for the closing of the Greenville Voice of America site is very thin," Jones said. "We need to get to the bottom of this before any further action is taken."

Jones repeatedly has expressed his displeasure with the president's budget because it continues deficit spending and increases foreign aid.

U.S. Rep. G.K. Butterfield, D-N.C., whose 1st Congressional District also includes Pitt County, said while the budget negotiations must include cuts, the long-term benefits of programs and agencies have to be considered.

"Voice of America has played an important diplomatic role in promoting freedom and democracy for almost 60 years and has been a steady and vital source of accurate and objective news and information around the world," Butterfield said.

"Before considering cuts at the site in Greenville, it is important to be sure the services and past investment are being protected."

The Greenville transmitting station broadcasts shortwave radio programming for the Voice of America and Radio Marti, which is a Spanish language broadcast to Cuba, King said.

"Shortwave broadcasts from Greenville have decreased over the past five to six years as shortwave demand has decreased," King said.

While collecting data from Cuba is difficult, the agency knows only 1 percent of Haiti's population listens to shortwave radio, she said.

AM radio signals also are more reliable for reaching Cuba, King said.

VOA had two locations in Pitt County.

The location referred to as VOA Site C, located in western Pitt County off N.C. 43 North, was acquired by East Carolina University in 1998, according to university records.

Contact Ginger Livingston at glivingston@reflector.com or (252) 329-9570.

  厳しい財政状況は世界中、どこも同じ。

  目先の予算カットに追われて同送信所を閉鎖すれば、確かに310万ドルは浮くんだろうけど・・・

  この記事にある「 the long-term benefits of programs and agencies have to be considered 」とは、まさに、その通り。


■ 2010年2月27日(土)

  午前中、週末恒例の?カイロプラクティック。

  近くのAce HardwareでALA100MSのエレメント用ワイヤー(100フィート)を購入して、一旦、帰宅。

  お昼は、家族で、いつもの日本食レストラン。その後、これからの家探しに向けて、候補のエリアを視察。

  それにしても、アメリカの家はデカイ。(凄)

  一軒家なら、アンテナの架設スペースも十分確保出来そう。^^


  ALA100MS - これ、結構いい!かも知れない。

  取りあえず、エレメントとして4メートル長のワイヤー(銅線)を接続。

  室内用物干しでΔ形を作り、シャック内に仮設置。ALA-1530S+を「青い稲妻」・RX-340に、ALA100MSをペルセウスに接続して、それぞれの受信状態をチェックしてみる。

  正直なところ、甲乙つけ難い。ALA1530S+よりいい、とも言えないし、ALA1530S+に劣る、とも言えない。同点をつけていいんじゃないか?

  この時間(既に日付変わって、2/28の05:03 (UTC))、5044.98kHzではR.Cultura do Para(ブラジル)が良好に入感中。s/45333。 ↓

  きちんと屋外に設置すればもっといい結果を得られるんだろうが、現状でも利得(ゲイン)は十分。拙シャックでは今のところ、心配された(過入力による)オバケもナシ。

  旅行や出張など、移動先に於けるペルセウス運用で最大のネックとなるのが、アンテナ(の持ち運び)。

  特にエレメントの部分で、いくらALA1530S+がいいアンテナとはいえ、飛行機の移動に毎回このアルミ製ループを持参するのは事実上困難であることを考えれば、この部分を僅か数メートルのワイヤーで代用出来るメリットは大きい。

  何より、非同調でペルセウスの「総録り」に対応しているところが素晴らしい。

  また、これは今後の実験となるが、形状や長さの異なる複数のエレメントを用意しておけば、受信環境や用途に応じた使い分けも出来る。

  これは今まであまり考えたことのない発想で、なるほど、面白そう。

  ペディションなどノイズの少ない環境ではエレメントを長くしてみたり、逆に、小型・軽量が求められる移動運用では、短いモノを使用したり。^^

  当初の目的としては、ペディションなど本格的なDXingでグリーンランドを受信するために購入したわけではないが、このアンテナ・・・結構イケルかも。


■ 2010年2月26日(金)

  夜、拙シャックにて。

  ALA100MS 近影。 ↓  

  よ〜く見てみると・・・ ↓

  シリアルナンバー「1番」。(笑) ↑

  「手書き」っていうのがまた、何ともオチャメ。誰か、テプラでも贈ってあげてぇ〜

  (日本からの引っ越し荷物に)確か、1000フィートのビバレージ用ワイヤーを忍ばせておいたと思うんだけど・・・ドコ行った?  不覚にもこれがまた見つからず、肝心のエレメントを製作出来ず。

  Andyさんは2〜4メートル長のワイヤーによるループを推奨されているが、この部分を自分なりにいろいろ工夫出来ることは、考えようによっては面白そう。

  明日、ワイヤーを買って来よう。。。


■ 2010年2月25日(木)

  やっとこさ、待ちに待ったALA100MS が到着。 ↓

  英国から今月11日(木)に発送されて、14日(日)、ニューヨーク着。その後足取りがパッタリ途絶えて、ようやく本日、デリバリーとなる。

  10日以上も米国内のどこかを彷徨ったことになるが、これでやっと一安心。

  パッケージは、思ったより小型。

  関税はチャージされず、よかった、よかった。。。 ↓

  早速、箱を開けてみる。 ↓

  取りあえずバブルパッキンに包まれており、破損の心配はなさそう。

  中味を出してみる。 ↓

  バブルパッキンを解いてみる。 ↓

  平日の夜はさすがに時間も限られており、本日のところは、ここまで。

  動作テストと試験運用は、今週末。(楽)


■ 2010年2月24日(水)

  本日付朝日新聞朝刊の記事によれば、財政危機の続くギリシャで24日、民間企業労組「ギリシャ労働総同盟」と公務員労組「ギリシャ公務員連合」が共同で一斉ストライキを実施。全国で200万人以上がこれに参加したことで、公共機関や民間企業、銀行、商店などが軒並み休業状態に追い込まれ、同国の社会機能は完全に麻痺している、とのこと。

  V.O. Greeceの短波放送はどうなっているかと思い、夜、常用周波数・9420kHzをチェック。

  03:10現在、普段と変わらず良好に入感。s/45444。軽快なギリシャ音楽プロで、この番組を聴く限り、彼の国でそのようなコトが起こっているという雰囲気はナシ。

  ギリシャ語につき番組内容までは解らないといえ、同国の音楽を堪能出来る、とても貴重な局。

  短波放送まで(財政危機の)トバッチリが来ないと、いいんだけど。。。


■ 2010年2月23日(火)

  ALA100MS は、本日も未着。(遅)

  USPSのホームページは全くアップデートされておらず、現状、荷物の追跡は不可能。(困)

  Andyさん曰く、「It is quite normal for "Sign for" parcels to take up to two weeks. Also USPS don't always scan the parcel en-route. So I wouldn't worry at this moment」。

  まったく、ドイツモコイツモ。。。(笑)


  2/10・11の両日に9810kHzで入感を確認したキューバ向け地下局・R.Republicaは、2/16より00:00〜03:00に9490kHzで出ている、とのこと。情報のソースは、長谷川OM経由「DX Mix News #613」。

  この周波数はカナダ・サックビル中継、とのことで、本日、帰宅後チェック。

  確かに9490kHzで、同局のスペイン語プロが入感。ジャミングは一切なく、ほぼローカル局並みの受信状態。s/55444。

  カナダ北東部送信キューバ向けであれば、送信ビームもちょうど当地にも向いているということになり、この受信状態も頷ける。

  終了時刻も、〜03:00*(正確には、〜02:59*)を確認。


  2/22付、全米カレッジ・バスケットボールのAPランキング。 ↓

AP Rankings

Rankings as of 2/22/2010

Rank

School

Votes
(1st Place)

Prev Rank

1

Kansas 27-1

1621 (61)

1

2

Kentucky 26-1

1559 (4)

2

3

Purdue 23-3

1470

4

4

Syracuse 25-2

1455

5

5

Duke 23-4

1323

6

6

Kansas State 22-4

1302

7

7

Villanova 22-4

1189

3

8

West Virginia 21-6

1183

8

9

Ohio State 21-7

1097

9

10

New Mexico 25-3

997

12

11

Georgetown 18-7

846

10

12

Pittsburgh 21-6

806

19

13

Brigham Young 25-3

795

16

14

Michigan State 21-7

794

11

15

Butler 25-4

673

18

16

Vanderbilt 20-6

599

17

17

Wisconsin 20-7

528

14

18

Gonzaga 22-5

506

13

19

Tennessee 20-6

480

20

20

Temple 22-5

452

21

21

Texas 21-6

445

15

22

Texas A&M 19-7

225

24

23

Richmond 22-6

202

25

24

Baylor 20-6

147

22

25

Northern Iowa 24-3

128

NR

  Syracuseは先週より1つランクを上げて、全米4位。今夜のProvidence戦も99-85で勝ち、通算成績は26勝2敗。

  今シーズンは、恐ろしく好調。(嬉)

  それにしても、トップ25に4校(Syracuse / Villanova / West Virginia / Georgetown)も入っているとは・・・レベル高いですな。 > Big East

  次のヤマは、28日(日)のVilanova戦か。


■ 2010年2月22日(月)

  仕事とプライベートの全データを満載したポータブルHDDがカタカタ異常音を立て始め、週明け早々大慌て。

  週イチでバックアップは取っているので最悪の場合でもかなりの部分は復旧可能だが、全くもって恐ろしい。大切な家族写真とか、仕事上のデータとか。。。

  ハード(HDD)はまだいいから、ソフト(データ)だけはやめてぇ〜、みたいな。

  異常音にヒヤヒヤしながらも何とかデータの移動は成功で、今回については辛うじて難を逃れる。


  当地時間23時少し前に帰宅で、本日のワッチはナシ。

  不在中はペルセウスで録音を仕掛けておく、という手もあるが、肝心の解析の時間が確保出来ず。受信ファイルばかり溜まって、非現実的。

  聴けないときは聴くな、ってことか。(諦)


■ 2010年2月21日(日)

  昨日、今日と、先週末の雪がウソのような、春の陽気。(暖)

  昨今の慢性的な運動不足もあり、午後、家族と小一時間テニスで汗を流す。

  夕方は、ベランダでビールを飲みつつワッチ。 ↓

  一応これでもダイエット中だが、せっかくの運動も、その後のビールで水の泡。。。(笑)


  この4/24でアパートの賃貸契約が切れるのを前に、Move-out Noticeを提出。

  Move-outにあたっては、(退去日の)60日前までに書面をもって通告する契約となっており、Leasing Officeで所定のフォームに必要事項を記入して、僅か2, 3分で手続き完了。

  アパート側も、move-in / move-out など日常茶飯事。これといって理由を訊かれることもなければ、残念そうな顔をされることもなく。。。

  それこそ「次、契約するか、しないか」だけの話なので、しないということであればどうぞ出て行ってくだい、と。こちらも特に、続けて契約しなくてスイマセン、なんて申し訳なさそうな態度は微塵も見せていないわけで、まぁ、お互い様か。

  ということで、これからまた、家探し。。。


  2/15付、全米カレッジ・バスケットボールのAPランキング。 ↓

AP Rankings

Rankings as of 2/15/2010

Rank

School

Votes
(1st Place)

Prev Rank

1

Kansas 26-1

1622 (62)

1

2

Kentucky 26-1

1557 (3)

3

3

Villanova 22-3

1482

4

4

Purdue 23-3

1403

6

5

Syracuse 25-2

1389

2

6

Duke 22-4

1278

8

7

Kansas State 22-4

1239

9

8

West Virginia 21-5

1101

5

9

Ohio State 20-7

1068

13

10

Georgetown 18-7

966

7

11

Michigan State 21-6

906

10

12

New Mexico 25-3

888

15

13

Gonzaga 22-5

830

16

14

Wisconsin 19-7

697

11

15

Texas 21-6

674

14

16

Brigham Young 25-3

669

17

17

Vanderbilt 20-6

529

22

18

Butler 25-4

527

18

19

Pittsburgh 20-6

398

25

20

Tennessee 20-6

381

12

21

Temple 22-5

347

21

22

Baylor 20-6

316

24

23

Wake Forest 18-7

286

NR

24

Texas A&M 19-7

231

NR

25

Richmond 22-6

101

NR

  ランク外のLouisvilleにまさかの敗戦で前週の2位から5位に後退も、今年のSyracuseはスゴイ!(強)

  あのDukeより上にいる、というだけで、もう感動モノ。(嬉)


《 Sudan Radio Service 》

  Sudan Radio Serviceと思われるアラビア語プロを、16:33〜16:57*に17745kHz、s/35333〜35322で受信。

  「〜と思われる」としたのはIDを未確認であることによるが、(スケジュール通り)〜16:57*にs/offしていること、使用言語がアラビア語であること、番組中に掛けられた音楽が明らかにアフリカのそれであることから、まず間違いはないものと思われる。

  スケジュールでは15:30〜17:00となっていることから、また後日、ペルセウスの録音を仕掛けて再確認する。


■ 2010年2月20日(土)

  先週あたりから肩凝りに起因する(と思われる)偏頭痛がひどくなり、午前中、昨年末以来のカイロプラクティック。

  ドクター曰く、「 Definitely stress, for sure(=こりゃ、ストレスですな。間違いナシ)」。

  うーむ。。。(困)


  Wellbrook Communications「ALA100MS」共同発注の全記録をまとめてみる。

  基本的に、日々の記録より抜粋した記事に多少、加筆・修正を施したもの。


  以下、受信ログ。

  ▽ 18:30〜19:00(当地時間13:30〜14:00)の受信 -

   9369.52 WTJC-Newport, NC (EG) s/45444
   9610 R.Canada Int. (FR) s/45444
   9840 WHRI-Cypress Creek, SC (EG) s/24222 ◎ 宗教プロ
  15365 R.Canada Int. (EG) s/35443 ◎ 17790kHz
  15420.21U WBCQ-Kennebunk, ME (EG) s/35433 ◎ 本日は、15420.21kHz(USB)で入感。依然として、
        周波数は若干ズレている。(参考 - 2/15は15419.91kHzで入感)
  15440 DW (GR) s/25232 ◎ ポルトガル・シネス中継?
  15465 RDP Int. (PR) s/35333 ◎ //-17825kHz
  15565 WYFR-Okeechobee, FL (FR) s/25332 ◎ 混信は皆無も、S弱い。
  15610 WEWN-Vandiver, AL (EG) s/25222
  15630 V.O. Greece (GK) s/25232
  17535 WYFR-Okeechobee, FL (EG) s/45333 ◎ //-17555kHz
  17555 WYFR-Okeechobee, FL (EG) s/35333 ◎ //-17535kHz
  17595 REE (SP) s/45333 ◎ //-17850kHz
  17680 CVC Int. (SP) s/34443
  17790 R.Canada Int. (EG) s/34333 ◎ 15365kHz
  17825 PDP Int. (PR) s/45444 ◎ //-15465kHz
  17850 REE (SP) s/45333 ◎ //-17595kHz

  ▽ 20:45〜21:00(当地時間15:45〜16:00)の受信 -

  15385.19 KJES-Vado, NV (SP) s/45444 ◎ S強いが、変調浅い。この局もまた、周波数がズレている。

  ややマンネリ感あり。チョット目先を変えて、モチベーションを底上げする必要がありそう。


■ 2010年2月19日(金)

  日本のIRC(国際返信切手券)を入手。 ↓

 

  日本でもアメリカでも返信料はいつも1ドル札を使用しているため、IRCを手にしたのはもう、かれこれ10年・・・いや、恐らく20年以上振り。

  有効期限が入るようになったのは知っていたが、図案がこんなカッコよくなっていたとは。。。(驚)

  昔は確か、170円だったような記憶もあるけど・・・(忘)

  アメリカでは逆に郵便料金がどんどん値上げされているわけで、(ここで換える分には)今の方が僅かながら得、ってことになりますな。

  それにしても、描かれている地球は当然の如く、両サイドほぼ公平に、北米と欧州(オマケで?中南米、アフリカ)。

  国際社会での力加減からすれば、やはり、仕方なし?

  日本のIRCが「日の丸」入りってことは、海外でも、それぞれ国旗が描かれているのかしら?  行った先々の国で買い集めたら、いいコレクションになりそう。(笑)


  ALA-100MS は、本日も届かず。

  共同購入した方全員より、昨日(2/18)のうちに届いた、とのご連絡を頂戴しているが、米国宛より日本宛の方が早いとは。。。(呆)

  職場宛にしたので明日(2/20(土))のデリバリーはなく、早くて来週月曜となる。これもまたUSPSなので、全くアテにはならず。

  いつ届くことやら。。。(待)


■ 2010年2月18日(木)

  一時帰国のエア・チケットを手配。

  このご時世、エコノミーはやむを得ないにしても・・・  家族全員分(4人)でおよそ、7千ドル。

  ビジネスなら1人分(の金額)も、やっぱり高ッ。。。


  発注済のALA-100MS について、Andyさんに問い合わせを入れる。

I just would like to find out the latest status of my order for the ALA-100MS.

I was advised that the estimate ship date would be on or about 2/12/10 - and just wondered if the merchandise was shipped out. Also, what about the ones for my radio friends in Japan?

Please advise me the tracking numbers of each shipment as soon as they became available.

Thanks!

Best Regards,

Jack C. Ohmori

  出荷予定日は元々2/12(金)と伺っていたが、既に11日(木)には英国を発送済、とのご回答を受領。

  USPSのHPでTracking numberを調べたところ、ニューヨークにはもう、14日(日)夜に到着済。その後は恐らく内陸輸送になるので、ここからがタイヘン。

  明日(2/19(金))着いてくれれば、今週末にでも遊べるんだがなぁ。。。

  共同発注した日本のDXerさん宛にも一両日中には届く、とのことで、これでようやく一安心。

  あとは、期待通りのパフォーマンスを発揮してくれればもう、言うことナシ。


■ 2010年2月17日(水)

  WRNO-New Orleans, LA の英語プロを、2/18の03:45〜04:12に7505.63kHzで受信。 ↓  

  ペルセウスも(周波数表示の)誤差はあるんだろうけど、同局もまた、公称周波数(7505kHz)より63Hzも上にズレて入感。

  一方、WTJC-Newport, NC の英語プロを、2/18の03:55に9369.77kHzで受信。 ↓

  こちらも、公称周波数(9370kHz)より23Hz下にズレて入感。

  両局とも、ごくごく当然のように?ズレまくっている。(笑)

  因みに、一昨日受信したWBCQ-Kennebunk, MEについては、1/3の19:12に15420kHzジャスト(15420.0kHz)、s/35333で受信、という記録がログに残っている。特にモードに関する記載はないことから、恐らくAMモードで出ていたものと考えられる。

  いつからUSBで、しかも周波数がズレて出るようになったかは、ワッチ不足により不明。


■ 2010年2月16日(火)

  連休明けで、夜遅く帰宅。 →  さすがにワッチの気力はナシ。(疲)


  昨日(2/15)、21:49に15419.91kHz(USB)で、英語によるコテコテの宗教番組に遭遇。 ↓

 

  22:00ジャストにFull IDが出て、これがWBCQ-Kennebunk, MEであることを確認。その後すぐ、終了アナウンスが流れて22:02にs/off。

  いつもお世話になっている影山さんの掲示板でその旨報告したところ、長谷川OMより、「(同局に対する)FCC認可の電波形式はH3E(AM)のみで、SSB送信とは聞いたことがない」、「FCC管理下の米国内短波局で周波数が90Hzもズレるのは・・・?」とのコメントをいただく。

  たまたまペルセウスの受信ファイルを残してあったので、朝起きてすぐ、恐る恐る?再生。(笑)

  AMモードでモゴモゴ、LSBモードで全く音にならず、USBモードで明瞭な音が流れる。

  間違いなく「USB」で出ているんだけど・・・  長谷川OMより直々にそう言われてしまうと、こちらもスッカリ自信がなくなってしまうのはナゼ?(笑)

  その後、米国のGlen Hauser氏からも同様の情報がアップされたとのことで難を逃れるも、一瞬、誤報を流してしまったかと思い背筋が凍りつく。

  恐ろしい。


  本件に関連して、ざっと思いつく限り、(FCC管理下の米国内短波局でも)WTJC-Newport, NCは9369.78kHz、WRNO-New Orleans, LAは7505.64kHzと、公称周波数より多少ズレている局を散見する。

  受信機の周波数読み取り精度も多少のバラツキ(誤差)はあるんだろうが、それにしてもズレ過ぎ?

  意図的にズラしているとも思えないし、これも送信機トラブル?(だとすれば、常時ズレているのははナゼ?)


■ 2010年2月15日(月)

  「President Day」 - 3連休、最終日。

  当地時間06時ちょっと前に目が覚めたのでシャックに向かうも、程なくして子供(大)が起き出して来て「the end」。

  頼むよ〜〜 (泣)

  中南米局狙いで60mbを徘徊していると、思いがけず4775kHzで、WWCR-Nashville, TNに遭遇。

   4775 WWCR-Nashville, TN (EG) 2/15, 10:55〜11:13, s/55444 ◎ この周波数で同局を受信したの
        は、個人的には恐らくはじめて。5070kHzが未感であることから、ここからの周波数変更と思
        われる。当地に於ける受信状態は、極めて良好。

  インターネットの情報によれば、どうやら、今月3日頃から出ていた模様。

  ちょうど出張で不在の時期も、2週間まったく気づかないとは・・・何ともお粗末。> 自分


  朝、子供(大)を幼稚園にドロップ。その足で、誰もいないオフィスへ。

  先週末やり残した仕事を一通り片づけて、当地時間14時ちょっと過ぎ、再び子供(大)をピックアップ。

  せっかくの、3連休。

  本来はキチンと仕事とプライベートを区別して、休日は休日でしっかりリフレッシュするのがいいんだろうけど・・・


  今週末に作成した受信報告書は、下記の計13通。

RAE(アルゼンチン)

CBC North-Quebec Shortwave Service(カナダ)

R.Daqui(ブラジル)

KLAC-Burbank, CA

KTLK-Burbank, CA

KRLA-Glendale, CA

KTYM-Inglewood, CA

KFRN-Long Beach, CA

KABC-Los Angeles, CA

KNX -Los Angeles, CA

KSPN-Los Angeles, CA

KMZQ-Las Vegas, NV

KSUB-St. George, UT(以上、アメリカ)

  ペルセウスの受信ファイルが山積しており、日常のワッチはおろか、この解析に要する時間すら確保出来ず苦戦中。

  休日のリフレッシュどころか、ストレスが溜まる。


■ 2010年2月14日(日)

  入籍記念日(7周年)。(祝)

  挙式は5月も、(すぐ渡米するため)事前に家内のビザを申請しておく必要があり、一足早く籍だけ入れたのがちょうど、7年前のバレンタインデー。

  あの日は、花粉症でタイヘンでしたなぁ。。。(懐)


  家族で、いつものランチ → 食料品買い出しコース。

  途中、思わず、信号待ちの車内より撮影。 ↓


  遅ればせながら、ラスベガスより持ち帰った受信ファイルを「解析」。

  ペルセウスはこんなコトが出来てヒジョーに便利な半面、あまりファイルを溜め過ぎるといくら時間があっても足りない、というデメリット?も。

  まぁ、(あまり溜め過ぎないうちに)どんどん処理していけばいいんだろうけど・・・(難)

   kHz  Station / Location    Language  Power (watts)                 Remark(s)
  ---- ---------------------- -------- --------------- ---------------------------------------
   590 KSUB-Cedar City, UT       EG      5000 / 5000   FOX News Radio
       ID : "Talk Radio 5-90, KSUB-Ceder City."
   640 KFI-Los Angeles, CA       EG     50000 / 50000
   660 KTNN-Window Rock, AZ      EG     50000 / 50000  毎正時にCNN Radio News。
       ID : "You're listening to the Voice of the Navajo Nation, KTNN-Window Rock, Arizona."
   670 KMZQ-Las Vegas, NV        EG     30000 / 600
   700 KALL-N.Salt Lake City, UT EG     50000 / 10000
   720 KWDN-Las Vegas, NV        EG     50000 / 50000  ニュース・トーク専門局
   740 KCBS-San Francisco, CA    EG     50000 / 50000  CBS系ニュース・トーク専門局
   790 KBET-Winchester, NV       EG      1000 / 300    C&W専門局
   840 KXNT-North Las Vegas, NV  EG     50000 / 25000  ID : "News Radio 7-90, KXNT."
   850                           EG
   870 KLSQ-Whitney, NV          SP      5000 / 430
   920 KBAD-Las Vegas, NV        EG      5000 / 500    スポーツ専門局
   970                           EG
  1000                           EG     
  1100 KWWN-Las Vegas, NV        EG     20000 / 200    ESPN系スポーツ専門局
  1280                           EG                    FOX News Radio
  1340                           SP                    スペイン語プロ
  1400 KSHP-North Las Vegas, NV  EG      1000 / 1000   スポーツ専門局
       ID : "AM 14-00, KSHP North Las Vegas."
 ---------------------------------------------------------------------------------------------

  これが終わらないことには、通常のワッチが・・・(忙)


■ 2010年2月13日(土)

  3連休、初日。

  あちこちで路面が凍結して(外出は)危険なため、終日、自宅でのんびり。

  家族の目を盗みながら?散発的にワッチ。この時間帯はもう、これが限界。。。(諦)

  ▽ 20:45〜21:00(当地時間15:45〜16:00)の受信 -

   9335 R.Farda (PE) s/32332
   9355 Family R. (RO) s/35333 ◎ ルーマニア語プロ
   9369.78 WTJC-Newport, NC (EG) s/45444
   9410 BBC (EG) s/35232 ◎ セイシェル中継
   9420 V.O. Greece (GR) s/35333
   9445 AIR (EG) s/35333
   9505 CVC Int. (EG) s/25232 ◎ ザンビア送信
   9555 BSKSA (AR) s/24232 ◎ //-9555kHz
   9565 R.Marti (SP) s/43443 ◎ ジャミングは殆ど気にならないレベル。
   9580 Africa No. 1 (FR) s/24232 ◎ 以前に比べると、かなり弱い。
   9610 R.Canada Int. (AR) s/45444
   9625 CBC-Northern Quebec Service (EG) s/35333
   9640 REE (SP) s/45444 ◎ //-9665kHz
   9665 REE (SP) s/24232 ◎ //-9640kHz
   9675 BSKSA (TR) s/35333
   9780 VOA-Sao Tome (FR) s/34333
   9870 BSKSA (AR) s/35333 ◎ //-9555kHz
  11550 WEWN-Vandiver, AL (SP) s/25332
  11625 Vatican R. (FR) s/24222
  11655 R.Nederland (EG) s/25442 ◎ オランダ領アンティル中継
  11730 R.Habana Cuba (SP) s/55444 ◎ //-11760, 11800kHz
  11760 R.Habana Cuba (SP) s/54444 ◎ //-11730, 11800kHz
  11770 R.Habana Cuba (AR) s/55444 ◎ アラビア語のキューバ音楽プロ。何ともミスマッチなこと。。。
  11775 Caribbean Beacon (EG) s/33433 ◎ 11770kHzのサイド受ける。
  11800 R.Habana Cuba (SP) s/44444 ◎ //-11730, 11760kHz

  ▽ 21:00〜21:30(当地時間16:00〜16:30)の受信 -

   9330 (R.Damascus) s/34333 ◎ 周波数による推定。キャリアのみで音にならず。
   9335 R.Farda (PE) s/44333
   9355 Family R. (SP) s/35333
   9369.78 WTJC-Newport, NC (EG) s/55444 ◎ 良好
   9385 WWRB-Manchester, TN (EG) s/25222 ◎ Overcomer Ministry
   9410 BBC (EG) s/35232 ◎ セイシェル中継
   9420 V.O. Greece (GR) s/35333
   9425 AIR (HI) s/24232
   9445 AIR (EG) s/45444 ◎ この時間より更に信号上昇。
  11845 R.Canada Int. (FR) s/45444 ◎ //-15365kHz
  11940 REE (SP) s/55444 ◎ //-9640, 9665kHz
  12025 HCJB via Sackville, CAN (AR) s/35443 ◎ カナダ・サックビル中継
  12040 RDP Int. (PR) s/55444
  12095 BBC (EG) s/24222
  12160 WWCR-Nashville, TN (EG) s/25232
  13770 R.Habana Cuba (SP) s/34333 ◎ 11730, 11760, 11800, 11790kHz
  13790 R.Habana Cuba (SP) s/44444 ◎ 11730, 11760, 11800, 13770kHz
  13830 WEWN-Vandiver, AL (SP) s/25222
  13845 WWCR-Nashville, TN (EG) s/25222
  14670 CHU-Ottawa, s/35343 ◎ 時報局。1分毎に英語と仏語のアナウンス。
  15195 BBC (EG) s/25232 ◎ アセンション中継
  15365 R.Canada Int. (FR) s/45333 ◎ //-11845kHz
  15610 WEWN-Vandiver, AL (EG) s/25232
  17605 R.Nederland (DT) s/35333 ◎ オランダ領アンティル中継
  17630 R.France Int. (SP) s/55444 ◎ 仏領ギアナ中継
  17680 CVC Int. (SP) s/33333 ◎ チリ送信
  17765 R.Canada Int. (PR) s/44333
  17850 REE (SP) s/45444 ◎ 9640, 9665, 11940kHz

  ▽ 22:45〜23:00(当地時間17:45〜18:00)の受信 -

   9330 (R.Damascus) s/34333 ◎ 周波数による推定。キャリアのみで音にならず。
   9369.78 WTJC-Newport, NC (EG) s/24222 ◎ 1時間前は良好だったが、この時間は虫の息。
   9390 R.Cairo (PR) s/24332
   9400 R.Bulgaria (SP) s/35433
   9420 V.O. Greece (GR) s/45444 ◎ この時間帯が最強。
   9425 AIR (HI) s/22222 ◎ 何とか聞こえている程度。
   9435 FEBC-Manila (IN) s/24232
   9555 BSKSA (AR) s/45444 ◎ //-9580kHz
   9580 Africa No. 1 (FR) s/24332
   9615 WHRI-Cypress Creek, SC (EG) s/34333
   9625 CBC-Northern Quebec Service (EG) s/45333
   9640 R.Habana Cuba (SP) s/45444
   9690 Family R. (PR) s/35333
   9765 REE (SP) s/34333
   9870 BSKSA (AR) s/44433 ◎ やや軽めのフェーディングあり。//-9555kHz
   9925 R.Farda (PE) s/34333
   9980 WWCR-Nashville, TN (EG) s/24332

  ▽ 23:45〜24:00(当地時間18:45〜19:00)の受信 -

   9250 R.Cairo (AR) s/35333 ◎ 音質悪い。//-9390kHz(パラチェックにて確認)
   9265 WINB-Red Lion, PA (EG) s/35433
   9390 R.Cairo (AR) s/35333 ◎ //-9250kHz(パラチェックにて確認)
   9420 V.O. Greece (GR) s/45433 ◎ 引き続き良好。ややフェーディングあり。
   9470 (AIR) s/23222 ◎ 推定。弱くて局名確認に至らず。
   9535 REE (SP) s/44444 ◎ //-9620kHz
   9600 R.Habana Cuba (SP) s/42332 ◎ Vatican R.(本国送信・ベトナム語プロ)が混信も、当然、
        R.Habana Cubaが圧倒。
   9620 REE (SP) s/44333 ◎ //-9535kHz
   9625 CBC-Northern Quebec Service (EG) s/33333
   9640 R.Canada Int. (SP) s/44444 ◎ 〜23:58*

  ▽ 2/14 - 00:00〜00:30(当地時間2/13・19:00〜19:30)の受信 -

   5810 WEWN-Vandiver, AL (SP) s/35433
   5900 R.Bulgaria (EG) s/35333 ◎ //-7400kHz
   5950 WYFR-Okeechobee, FL s/55444
   5960 R.Romania Int. (SP) s/34333 ◎ //-9665kHz
   5985 WYFR-Okeechobee, FL s/35333
   5990 China Radio Int. via R.Habana Cuba (SP) s/55444 ◎ キューバ中継
   6005 China Radio Int. via Sackville, CAN (CH) s/45433 ◎ カナダ・サックビル中継 //-6040kHz
   6040 China Radio Int. via Sackville, CAN (CH) s/45444 ◎ カナダ・サックビル中継 //-6005kHz
   6050 HCJB-Quito, EQA (SP) s/32332 ◎ エクアドル本国送信
   6055 REE (SP) s/44444
   6060 R.Habana Cuba (SP) s/45444 ◎ //-6110kHz
   6070 CFRX-Toronto, CAN (EG) s/44333 ◎ CFRB(1010kHz)の中継
   6085 WYFR-Okeechobee, FL (EG) s/55444
   6090 Caribbean Beacon (EG) s/43333
   6110 R.Habana Cuba (SP) s/45444 ◎ //-6060kHz
   6185 R.Nac. da Amazonia (PR) s/44444 ◎ //-11780kHz
   6240 V.O. Russia (EG) s/45444 ◎ //-7250kHz
   6290 R.Cairo (AR) s/24222
   7250 V.O. Russia (EG) s/35333 ◎ //-6240kHz
   7375 Croatian R. (CR) s/34333 ◎ ドイツ送信
   7400 R.Bulgaria (EG) s/35333 ◎ //-5900kHz
   7425 R.Tirana (AL) s/23222
   7440 R.Ukraine Int. (UK) s/43433
   9665 R.Romania Int. (SP) s/55444 ◎ 爆裂状態。23:58よりIS。24:00よりスペイン語プロ。//-5960kHz
   9680 R.Thailand (EG) s/24232
   9745 HCJB (SP) s/34333 ◎ チリ送信
   9755 R.Canada Int. (EG) s/45444
   9775 DW (GR) s/45433 ◎ アセンション中継
   9810 R.Republica (SP) s/55444 ◎ 爆裂状態。開始時刻は*23:00〜と思われる(チェック失念も、23
        時台入感確認)。


  ロサンゼルスのペルセウス・ファイル、取りあえず本日、解析を完了。

  もっと細かく調べれば、いろいろ出て来るんだろうけど・・・  キリがないので、ここまでとする。 

   kHz  Station / Location    Language  Power (watts)                 Remark(s)
  ---- ---------------------- -------- --------------- ---------------------------------------
   570 KLAC-Los Angeles, CA      EG      5000 / 5000   スポーツ専門局
       ID : "AM 5-70 KLAC Los Angeles. K-L-A-C, Los Angeles, California."
   640 KFI -Los Angeles, CA      EG     50000 / 50000  ニュース・トーク専門局
   710 KSPN-Los Angeles, CA      EG     50000 / 10000  ESPN系スポーツ専門局
       ID : "...7-10 KSPN, KSPN AM HD Los Angeles..."
   740 KBRT-Avalon, CA           EG     10000          宗教番組専門局
   790 KABC-Los Angeles, CA      EG      5000 / 5000   毎正時にABS News。
       ID : "This is talk radio 7-90 KABC Los Angeles and live on the web, kabc.com."
   870 KRLA-Glendale, CA         EG     50000 / 3000    
   930 KHJ -Los Angeles, CA      SP      5000 / 5000
   980 KFWB-Los Angeles, CA      EG      5000 / 5000   ニュース・トーク専門局。
       ID : "KFWB, Talk 9-80."
  1020 KTNQ-Los Angeles, CA      SP     50000 / 50000
  1070 KNX -Los Angeles, CA      EG     50000 / 50000  ニュース・トーク専門局。毎正時にCBS News。
       ID @ : "All news, all the time. Southern California's only all-news radio station,
       10-70 AM KNX Los Angeles."
       ID A : "This is southern California's only all-news radio station, KNX 10-70 News
       Radio."
  1110 KDIS-Pasadena, CA         EG     50000 / 20000  Radio Disney
  1150 KTLK-Los Angeles, CA      EG     55000 / 44000  ニュース・トーク専門局
       ID : "It's 7 o'clock. More after news, traffic, and business report on KTLK Los
       Angeles."
  1190 KXMX-Anaheim, CA          KO     20000 / 1300
  1280 KFRN-Long Beach, CA       EG      1000 / 1000   Family Radio系宗教番組専門局
       ID : "This is KFRN, Long Beach, Los Angeles."
  1330 KWKW-Los Angeles, CA      SP      5000 / 5000   ID : "13-30 KWKW AM, Los Angeles."
  1460 KTYM-Inglewood, CA        EG      5000 / 500    宗教番組専門局
  1540 KMPC-Los Angeles, CA      KO     50000 / 37000  韓国語専門局。"Radio Korea"
       ID : "50,000 watts! Maximum power! Radio Korea! AM 15-40, KMPC Los Angeles."
  1580 KBLA-Santa Monica, CA     SP     50000 / 50000
  1650 KFOX-Torrance, CA         KO     10000 / 490    韓国語専門局
       ID : "AM 16-50 K-FOX. You're listening to Southern California's No. 1 Korean language
       radio station."
  --------------------------------------------------------------------------------------------

  夜、黄緑色ハイライトの局に受信報告書を作成。

  やはり、一気にやると疲れる。。。


■ 2010年2月12日(金)

  ダウンタウンで、日本の某都市銀主催の経済セミナーに出席。

  午後より雪の予報が出ておりイヤな予感はしたのだが、夕方終わって外に出てみると、一面の銀世界。(驚)

  ワシントンD.C.はじめ全米各地を異例の寒波が襲っているが、アトランタも御多分に洩れず。(寒)


  WGCR-Pisgah Forest, NC(720kHz)より、レターによる返信を受領。 ↓ 

  ノースカロライナの田舎局がベリカードなど有しているハズもなく、それこそ「受信確認証」の概念すらない相手にこれを出してもらうのだから、もうタイヘン。(難)

  ステッカーも2種類、ゲット。 ↑

  (レターの)内容的には十分満足出来るものではないが、まぁ、返信をもらえただけでもラッキー?


■ 2010年2月11日(木)

  珍しく子供(大)が発熱で、やむを得ず午前中、半休。

  朝イチで、ローカルのファミリー・ドクターを訪問。(今流行りの)インフルではなく、ただの喉カゼらしい。

  家内は子供(大)のスクールでバレンタイン・パーティーの当番(会場係)となっており、その後、こちらはベビーシッター。

  この忙しいときに・・・  助けておくれよ〜


  日本のBCL界に有望な若手DXerが全く育っていない現状を憂い、子供(小)には現在、物心つく前から英才教育?を施している。(笑)

  四半世紀前のアンティーク受信機・SONY ICF-2001Dを用いた実地演習。 ↑

  これから徐々に、SDR(Software Defined Radio)までレベルを上げて行く。(笑)

  少なくとも我々世代のBCL・DXerは、その存在責任として、2ndを立派な後継者に育て上げる義務があるだろう。

  勉強はいいから、しっかりワッチするように。

  いや、勉強もワッチも両方、しっかりやるように。(笑)


  夜、少しだけワッチ。

  ▽ 02:30〜03:00(当地時間21:30〜22:00)の受信 -

   5810 WEWN-Vandiver, AL (SP) s/35333
   5850 WHRI-Cypress Creek, SC (EG) s/25322 ◎ //-5875kHz
   5875 WHRI-Cypress Creek, SC (EG) s/35333 ◎ //-5850kHz
   5900 R.Bulgaria (FR) s/35433
   5905 DW (RS) s/24232 ◎ 本国送信
   5910 R.Romania Int. (RO) s/34333 ◎ //-9640kHz
   5930 Family Radio (EG) s/34333 ◎ 仏領ギアナ中継
   5935 WWCR-Nashville, TN (EG) s/32332
   5950 R.Taiwan Int. via WYFR-Okeechobee, FL (EG) s/55444
   5960 R.Japan via Sackville, CAN (JP) s/44433
   5980 UnID (SP) s/22222
   5985 WYFR (Family Radio) -Okeechobee, FL (EG) s/32222
   6000 R.Habana Cuba (EG) s/55444
   6010 R.Sweden via Sackville, CAN (EG) s/45444
   6020 China Radio Int. (EG) s/44444
   6040 Vatican R. via Sackville, CAN (FR) s/44444 ◎ 〜02:50まで仏語プロ。02:50〜03:20は英語。
   6050 HCJB-Quito (SP) s/34333
   6055 REE (SP) s/44444 ◎ //-9535, 9620, 9675kHz
   6060 R.Habana Cuba (SP) s/55444 ◎ //-6120, 6140kHz
   6070 CFRX-Toronto, ONT (EG) s/44444 ◎ CFRB-Toronto, ONT(1010kHz)の番組を中継
   6075 DW (GR) s/25332
   6090 Caribbean Beacon (EG) s/44444
   6100 R.Budapest (HU) s/33222
   6120 R.Habana Cuba (SP) s/22332 ◎ //-6060, 6140kHz
   6140 R.Habana Cuba (SP) s/55444 ◎ //-6060, 6120kHz

  これまた常連局ばかりで、特に目ぼしい局はナシ。。。


  今夜も、キューバ向け地下局・R.Republicaが9810kHzで入感。

  04:00にs/offしていることを受信の上、確認。


■ 2010年2月10日(水)

  依然、ペルセウスの録音ファイルは手つかずのまま。

  このままお蔵入り・・・だけは、何としてでも避けなければ。

  時間がない、時間が。。。(忙)


  とはいえ、夜、久しぶりに短波帯をワッチ。

  特記なき限り、周波数はkHz、時間表記はUTC(協定世界時)= EST(米国東部標準時)+ 5時間

  ▽ 02:00〜02:30(当地時間21:00〜21:30)の受信 -

    取りあえず、軽く31mb帯を流してみる。

   9369.76 WTJC-Newport, NC (EG) s/33433
   9400 R.Bulgaria (FR) s/34232 ◎ ノイズひどい。
   9420 V.O. Greece (GK) s/34333
   9440 R.Slovakia Int. (FR) s/35333
   9455 RDP Int. (PR) s/55444 ◎ 31mb最強の欧州局。ローカル局並みの受信状態。
   9535 REE (SP) s/45444 ◎ //-9620, 9675kHz
   9560 KBS World Radio via Sackville (SP) s/45333
   9570 China Radio Int. (CH) s/45444 ◎//-9690kHz
   9610 Vatican R. via Sackville (SP) s/34333
   9620 REE (SP) s/45333 ◎ //-9535, 9675kHz
   9625 CBC-Northern Quebec (EG) s/25332
   9640 R.Romania Int. (RO) s/34333 ◎ //-5910kHz
   9650 V.O. Turkey (SP) s/44433
   9675 REE (SP) s/35433 ◎ //-9535, 9620kHz  コスタリカ中継。
   9690 China Radio Int. (CH) s/54444 ◎ //-9570kHz
   9755 R.Canada Int. (CH) s/25322
   9800 R.Canada Int. (SP) s/25332
   9810 R.Republica (SP) s/54444〜33333 ◎ 個人的には、昨秋以来の受信。9545kHzからの周波数変
        更。
   9825 R.Marti (SP) s/33333
   9840 R.Taiwan Int. (SP) s/24332 ◎ 仏領ギアナ中継
   9870 AIR (HI) s/23222
   9880 V.O. Russia (SP) s/24332 ◎ 仏領ギアナ中継 //-9965kHz
   9965 V.O. Russia (SP) s/24332 ◎ アルメニア中継 //-9880kHz

  9810kHzでキューバ向け地下局・R.Republicaの入感に気づいたのが、唯一の収穫(→ 以前は9545kHzで良好に入感も、昨秋の周数変更で行方不明となっていた)。

  同局について、WRTH・2010年度版(498ページ)には、「2005年8月より放送。番組は、『Directorio Democratico Cubano』制作。5910, 6100, 6135, 6155, 9735kHz他を使用。放送スケジュール・使用周波数は、(キューバからの)ジャミングを避けるため予告なく変更あり」との記述あり。

  R.Habana Cuba(の受信状態)を見るに、キューバが本気になれば、爆裂ジャミングで簡単に潰せそうな気もするけれど・・・本日の受信に於いて、そのジャミングは気にならず。

  っていうか、全く出ていないのでは?


■ 2010年2月9日(火)

  無事、帰宅。

  今回も、当たり前のように(出張に)出て当たり前のように戻ってはいるが、自分自身、また、留守番の家族全員、期間中何事もなかったことに安堵する。

  子供(小)は不在中に上の歯が2本生えて来て、僅か数日でまた少し成長。子供(大)はパパの帰宅を首を長くして待っていたようで、もう、飛び上がって大喜び。

  久しぶりの家族団欒。

  これで出張の疲れも一気に吹き飛ぶが、やはり時差ボケは残る。(眠)


■ 2010年2月8日(月)

  朝、チョット早起きして中波帯をワッチ。

  既にペルセウスによる「総録り」は完了しており、本格的なファイル解析は明日の機内、もしくは帰宅後。

   kHz  Station / Location    Language  Power (watts)                 Remark(s)
  ---- ---------------------- -------- --------------- ---------------------------------------
   570 KLAC-Los Angeles, CA      EG      5000 / 5000   スポーツ専門局
       ID : "AM 5-70 KLAC Los Angeles. K-L-A-C, Los Angeles, California."
   640 KFI -Los Angeles, CA      EG     50000 / 50000  ニュース・トーク専門局
   710 KSPN-Los Angeles, CA      EG     50000 / 10000  ESPN系スポーツ専門局
       ID : "...7-10 KSPN, KSPN AM HD Los Angeles..."
   740 KBRT-Avalon, CA           EG     10000          宗教番組専門局
   790 KABC-Los Angeles, CA      EG      5000 / 5000   毎正時にABS News。
       ID : "This is talk radio 7-90 KABC Los Angeles and live on the web, kabc.com."
   870 KRLA-Glendale, CA         EG     50000 / 3000    
   930 KHJ -Los Angeles, CA      SP      5000 / 5000
   980 KFWB-Los Angeles, CA      EG      5000 / 5000   ニュース・トーク専門局。
       ID : "KFWB, Talk 9-80."
  1020 KTNQ-Los Angeles, CA      SP     50000 / 50000
  1070 KNX -Los Angeles, CA      EG     50000 / 50000  ニュース・トーク専門局。毎正時にCBS News。
       ID @ : "All news, all the time. Southern California's only all-news radio station,
       10-70 AM KNX Los Angeles."
       ID A : "This is southern California's only all-news radio station, KNX 10-70 News
       Radio."
  1110 KDIS-Pasadena, CA         EG     50000 / 20000  Radio Disney
  1150 KTLK-Los Angeles, CA      EG     55000 / 44000  ニュース・トーク専門局
       ID : "It's 7 o'clock. More after news, traffic, and business report on KTLK Los
       Angeles."
  1190 KXMX-Anaheim, CA          KO     20000 / 1300
  1280 KFRN-Long Beach, CA       EG      1000 / 1000   Family Radio系宗教番組専門局
       ID : "This is KFRN, Long Beach, Los Angeles."
  1330 KWKW-Los Angeles, CA      SP      5000 / 5000   ID : "13-30 KWKW AM, Los Angeles."
  1460 KTYM-Inglewood, CA        EG      5000 / 500    宗教番組専門局
  1540 KMPC-Los Angeles, CA      KO     50000 / 37000  韓国語専門局。"Radio Korea"
       ID : "50,000 watts! Maximum power! Radio Korea! AM 15-40, KMPC Los Angeles."
  1580 KBLA-Santa Monica, CA     SP     50000 / 50000
  1650 KFOX-Torrance, CA         KO     10000 / 490    韓国語専門局
       ID : "AM 16-50 K-FOX. You're listening to Southern California's No. 1 Korean language
       radio station."
  --------------------------------------------------------------------------------------------

  ホテルはノイズが酷く、ローカル局の受信で精一杯。それでも日中はこれだけの局が聞こえるが、うち韓国語専門局が3つも入感。

  コリアン・パワーには、驚くばかり。(凄)


  出張は全日程、滞りなく終了。

  明日は朝イチのフライトも、(時差の関係で)アトランタ到着は夕方。

  ロサンゼルスは(日本と全く同じ生活が出来る、という点で)便利だし、ある意味羨ましい面もあるが、それでもやっぱり、住むのはアトランタがいい。

  南部特有の、あの、ゆったりとした生活ペースが肌に合っているのかも。(笑)


■ 2010年2月7日(日)

  終日、市場調査。

  夜、22:20(PST)発のフライトで香港に戻る駐在員を空港まで送り、ホテルへ。

  こちらは明日、もう1日ここで仕事をして、明後日のフライトでアトランタに戻る。  


■ 2010年2月6日(土)

  雨の中、レンタカーでロサンゼルスに移動。

  どこまでも続く砂漠の単調なハイウェイを、およそ4時間。東海岸とは全く異なる景色なので、これはこれで新鮮。

  夜は、仕事を終えて、日系の大型スーパーを覗く。やっぱり、カリフォルニアはスゴイ。三省堂書店はあるし、ブックオフもあるし。(羨)

  昨今の円高により、どれも(米ドル・ベースの)値段は高くなっているが、日本のクレジットカードで支払う分には(米ドルが日本円に換算されるので)問題ナシ。


  Andyさんに、PayPalでGBP235.00を送金。

  これもアメリカのカードではなく、(円高の恩恵に与るため)日本のカードを使用。

  程なくして、「ALA100MS」の発送予定日はおおよそ2/12前後、との連絡が入る。

  入金を確認して、これでようやくストーカーのようなジャパニーズ・アメリカンとのやり取りから解放されると、ホッとしているのでは?


■ 2010年2月5日(金)

  昨夜は遅くホテルに戻り、中波帯を片っ端から「記録」。

  時差ボケもあり、さすがにログを取ったり、ましてワッチしながら受信報告書を仕上げたり、といった気力はナシ。(疲)

  気合い十分、重たい、NRCの「AM Log」まで持参したのだが。(笑)

  アンテナは、「闘魂1号」。同調型故ペルセウスにはやや不向きも、この10年、旅行や出張に大活躍のベテラン。ただ、これから「ALA100MS」が加わると、チョット出番は減るかも。。。

  ここ最近、何でもかんでもまず「記録」だけしておいて後からゆっくり聴く、というパターンが定着。

  こういうのを「ワッチ」と呼んでいいかはわからないが、ペルセウスならではの、新しいスタイル。


  今夜は、仕事を終えて会食後、(付き合いで)15分ほどスロットマシーン。(笑)

  たまたま運良く出る台に当たったらしく、程なくして最初の10ドルが120ドルまで増えたところで、キッパリ打ち止め。

  まぁ、こういうところに来たときは、損しようが得しようが賭けた金額は(遊び代として)全額使い切るものなんだろうけど・・・  いやいや、ここはもう「勝ち逃げ」に限る。(セコイ)

  「ALA100MS」購入費用の一部にしよう。。。


■ 2010年2月4日(木)

  本日より、5泊6日で西海岸に出張。

  まずはラスベガスに入り、明後日、レンタカーでロサンゼルスに移動。9日(火)、ロサンゼルスよりアトランタに戻る。

  西海岸は、本当に久しぶり。「Kコール」が、とても新鮮に聞こえる。(嬉)


  「無知」っていうのは、やっぱりコワイ。(苦笑)

  既製品「ALA100M」の直販価格(GBP149.00)に比べて、「ALA100MS」が(ゲインが8dB高いカスタム・メイド品とはいえ)GBP220.00っていうのは・・・と思い、再びAndyさんに問い合わせていたわけだが、事情通の方に言わせれば、「至ってリーザナブル。安いぐらいだよ〜」と。

  代行業者経由では5万円近くにもなるんだそうで、(関税別とはいえ)送料込\34,000.-ならば十分安いらしい。

  こちら(自分)はそのあたり疎いものだから、「USD」を「GBP」と書き間違えたんじゃない?、とか、アホな問い合わせをしてAndyさんを困らせる。時すでに遅し。

  今回、本件を通じて沢山の方よりご親切なアドバイスを頂戴し、心より感謝。

  と共に、自分自身の知識不足・経験不足も痛感する。

  やっぱり世の中にはスゴイ人が沢山いて、人生、日々勉強。趣味の世界だからそんなに肩肘張る必要はないのだが、それでも、いろいろなことが学べてとても有意義。

  またの機会に、何か別のことでお返しをさせていただきたいもの。(出来ることがあれば、だが)


■ 2010年2月3日(水)

  ペルセウスのソフトウェアに、新バージョン・Ver. 2.1iが登場。

  Microtelecom社(イタリア)のHPは、こちら。ダウンロードは、こちら

  パッと見、今回はバグ修正などマイナーな変更だけの模様。


  Andyさんに、「ハイゲインALA100M」を発注させていただく旨、連絡。

Thanks so much for proposing the high gain ALA100M to me.

As this gives the same performance as the ALA1530S+ Portable, I finally made up my mind to place an order. I truly appreciate your appropriate advice and friendly consideration to meet my request.

B.T.W., how much is the price for this one? Also, please advise me of the shipping and handling fees as well for deliveries to the U.S.A. / Japan respectively.

One of my radio friends in Japan has confirmed to place the order for this one with me, but I am still waiting for other *** to give me their decision. I am sure that they will also take the same one but please give me some more time to finalize the order quantity.

In regards to the payment, do you take a credit card? Do I have only to provide you the credit card information by fax (to avoid being stolen through the Internet) with each ship-to address, or should I go through anything else to complete the payment?

Please advise.

Best Regards,

Jack C. Ohmori

  この「ハイゲインALA100M」、要するに、既製品(ALA100M)のカスタム・メイドになるのかしら?

  これまで価格の話は全くしていないので、これについても問い合わせてみたところ、「The antenna will be known as the ALA100MS. The price is GBP220.00 each plus GBP15.00 for shipping to US/Japan. I can only take payment by PayPal or Bank Transfer.」とのメールを受領。

  ということで、型番は「ALA100MS」となる。

  ただ、Wellbrook Communications社のHPによれば、従来の「ALA100M」はGBP149.00。いくらハイゲイン・バージョンとはいえ、GBP71.00も高い!?

  もちろんいたずらに吹っ掛けられているわけではないんだろうが、その理由を知りたいと思い、メールで再び問い合わせ。(← まるでストーカー)

Thanks so much for your quick response (always!).

Is the ALA100MS really GBP220.00 in spite of the fact that the regular ALA100M is only GBP149.00 according to your website??? Hope this was just an error of USD220.00 but just in case, please reconfirm. If this is not the mistake, then why the ALA100MS is so much more expensive than the regular one even though I know the gain is 8dB higher.

I will not change my mind to place the order whatever the price will be - but just curious to know.

In regards to the payment method, noted. Not a problem at all.

Best Regards,

Jack C. Ohmori

  関税は別途掛かるにしても、送料込みGBP235.00は日本円ベースで\34,000.-。一方、主要通貨に対して異様に弱いドル換算では$375となり、かなり割高な印象を受ける。

  まぁ、やっとここまで来たので、値段で諦めることはしないが。


■ 2010年2月2日(火)

  Andyさんとのやり取り、続く。

  ご多忙の中ストーカーのようなジャパニーズ・アメリカンに連日お付き合いいただき、たいへん感謝。(笑)

  昨日のメールに対して本日、「What you can do is to order the ALA100M with the 8dB gain interface. This will give the same performance as the ALA1530S+ Portable. The only difference is - the high gain ALA100M uses two terminal posts for the loop instead of two BNCs」とのメール、受領。

  もう・・・  もったいぶらないで、「ALA1530 ポータブル」作ってくれればいいのに。(笑)

  まぁ、それが出来ないから苦労しているわけだが、ここに来て予期せず、「ALA1530S+ポータブルと同性能」という「High gain ALA100M」なるアイディアが浮上。

  個人的には、エレメントとの接続はBNCだといいんだけど・・・  これだと、「ALA1530S+ポータブル」になってしまうので。。。(諦)

  ALA100Mなら不要、と仰っていたSさんも「これ(High gain ALA100M)なら!」とのことで、よかったよかった。

  自分も、これにしよう。。。

  ところで、おいくら?(笑)

  これまで散々勝手なこと頼んで来た手前、さすがに価格交渉までは出来ないねえ。。。(← 言い値覚悟)


■ 2010年2月1日(月)

これまでの続き

  それでも諦めきれず喰い下がって?みたところ、Andyさんより本日、「Just a thought - surely the ALA100M would work for you even though the gain is 8dB lower. The ALA100M uses the same amplifier as the ALA1530+」というメール、受領。

  不勉強で「ALA100M」の詳細をよく知らないのだが、ザックリ、太さんの「ALA1530 ポータブル」の類似品も、ゲインは8dB低く抑えてある、とのこと。

  名古屋の長谷川OMからは先般、太さんの「ALA1530 ポータブル」にした場合はオバケの出る懸念がある旨アドバイスいただいており、それならば逆に、ALA100Mの方がいいのか?  いや、それは「ALA100」の話?

  太さんによれば、「ALA1530 Mini」なんてのまであるんだそうで・・・  もう、何が何だか。。。(笑)

  自分自身としては、旅行や出張に持ち運び容易な非同調アンテナを探している、というだけであるし、ペディションなどシビアなDXingを想定したものでもないので、代行業者を通さず個人輸入ベースで受けていただける類似アンテナがあるというなら、それでも十分。Andyさんが奨める「ALA100M」でいいような気もするが。

  それにしても、「8dBのゲインダウン」というのは実際、どの程度のものなのか。

  比較の対象が太さんの「ALA1530ポータブル」なので、これに比べてゲインが8dB落ちる、というものだが、サッパリわからん。ペルセウスをALA-1530S+に繋げて、10dBのアッテネータを入れたような感じ?

  取りあえず、ダメ元でこんなメールを返してみる。

Thanks so much for your quick response.

I fully understood that you were not in a position to sell exactly the same antenna as one of my radio friends owned and I would have to go through the distributor of Japan if I really wanted. I have no other choice than giving it up now...

Thank you for recommending me of the ALA-100M. This sounds good to me as long as this fully satisfies my requirements described in my previous email.

One question - is there any way possible you can consider offering me the ALA-100M with a little higher gain, or the existing ALA-100M is the only choice I can get from you as just a normal customer? You mentioned that the ALA-100M was approx. 8dB lower in gain than the one I originally requested - and I am a little concerned about some advices from my radio friends in Japan pointing out that ALA-100M might need a little more gain to reach their complete satisfactions.

I am so sorry to bother you with a lot of questions - but I have ever heard from some of my radio friends in Japan how cooperative you are to develop a nice antenna to meet with the demand of each customer.

Your advice would be appreciated. I will also talk with **** of other friends in Japan to find out if they are still interested in ordering the ALA-100M (or hopefully the one with a little higher gain) with me.

Thank you.

Best Regards,

Jack C. Ohmori

  ダメ元で、「ALA-100Mをベースにもう少しゲインの高いアンテナ」の製作を依頼してみるが、まぁ、恐らくダメでしょうな。

  散々やり取りした割には結局、「ALA100M」の既製品で落ち着きそうな雰囲気。




© 1998- ATLANTA DX ONLINE by JACK C. OHMORI - ALL RIGHTS RESERVED


inserted by FC2 system