ホーム ペルセウス(PERSEUS)SDR受信機 > ペルセウス(PERSEUS)SDR受信機導入の個人的記録 (1)

ペ ル セ ウ ス ( P E R S E U S ) S D R 受 信 機 導 入 の 個 人 的 記 録  ( 1 )

は  じ  め  に


■  はじめに -

  アクティブなBCL・DXerの間で、ペルセウス(PERSEUS)という名の受信機が話題となっています。

  SDR(Software Defined Radio)- ソフトウェア・ラジオ、ソフトウェア受信機、とでも訳すのでしょうか。

  まだ実物を見たことも、もちろん使ったこともありませんが、検索サイトから辿り着いたホームページをハシゴするうち、確かに従来の受信機にはない、全く新しい概念、そして斬新な機能を多数兼ね備えた受信機である(らしい)ことがわかって来ました。

  そして、日本はじめ世界中のアクティブなBCL・DXerが、既にこれを駆使して日々素晴らしい受信成果を挙げておられることも・・・

  自分の場合、家族にはまだ小さな子供もおり、ペディションなどに持ち込んで珍局・難局を一網打尽に・・・といったコトまでは、とても出来そうにありません。

  しかし、同機の「記録(録音)機能」はとても魅力的に映ります。しかも、単なる「録音」ではなく、最大1600kHzという帯域を「総録り」してしまうというのです。

  平日は夜遅くまで仕事、休日も朝早くから子供追いかけられて?いる現状にあって、特に日中の「自由時間」確保は困難を極めています。また、歳を取ったせいか?、深夜から早朝にかけてのワッチも年々億劫になって来ています。これがあれば、いつでも好きな時間に好きな周波数帯を「記録(総録り)」しておき、都合のいいとき聴き直すことも出来そうです。

  「パソコンでラジオ聴くなら、インターネット放送と変わらないじゃないの」と思ったこともありましたが、すぐ、これは大きな誤解であることに気づきます。インターネット放送が回線(インターネット)を通じて届くのに対して、ペルセウスは、実際に電波(長波・中波・短波)を「受信」しています。パソコンは信号処理とその操作に使用するだけですから、この点は(インターネット放送と)全く性格が異なります。

  恐らく多くのBCL・DXerがそうだろうと思いますが、やはり、地球の裏側、数千キロもの距離を旅して来た電波を自分自身でキャッチすることに、言いようもないロマンを感じています。パソコン画面と睨めっこしながらのワッチに違和感があるのは事実ですが、実際に電波を受信しているわけですから、あとは考え方の問題 - そして、「慣れ」だけのような気もします。

  この新しい受信機、急に欲しくなって来ました。。。 ^^

《 2008.12.27 記 》

ベルセウス(PERSEUS)SDR受信機導入の個人的記録 (2) 〜「価格調査・発注」につづく →




© 1998- ATLANTA DX ONLINE by AR7030PLUS - ALL RIGHTS RESERVED


inserted by FC2 system