ホームペルセウス(PERSEUS)SDR受信機 > ペルセウス(PERSEUS)SDR受信機導入の個人的記録 (2)

ペ ル セ ウ ス ( P E R S E U S ) S D R 受 信 機 導 入 の 個 人 的 記 録  ( 2 )

価  格  調  査  〜  発  注


■ 価格調査〜発注 -

  さてさて、どこで買いましょう?

  ・・・って、もう、すっかり買う気になっています。(笑)

  「ペルセルス」は、イタリア・Microtelecom社の製品です - そう、MADE IN ITALY。^^

  (同じ商品なら)出来るだけ安く手に入れたい、と考えるのは当然です。さすがに「価格コム」には出て来ませんから(笑)、自分であちこちインターネットを探し回って比較することとなります。

  まず、Microtelecom社のホームページに、各国のディストリビューター(総代理店)が掲載されています。

  なるほど、日本ではAOR(エー・オー・アール)が総代理店なんですね。

  で、早速ホームページを覗いてみると・・・価格は136,290円(税込)とありました。

  高ッ!

  いやいや、これは「標準小売価格」というヤツです。実売価格はこれよりもう少し安くなるのでしょう。

  他にも検索サイトを当たってみると・・・日本では、アペックスラジオ(東京都)、関門ハムセンター(山口県)など、ネット専業ショップを含む幾つかの小売店がヒットしました。

  一方、1ドル90円台前半という昨今の円高(ドル安)により、輸入品は、以前に比べてかなり割安となっています。特にユーロは、現在、120円台まで下落。ドルほどではありませんが、それでも相当な値頃感があります。個人輸入につきもののリスクや送料、関税まで考慮する必要はありますが、それでも比較してみる価値は十分ありそうです。

  ということで、同様に、各国の価格についても調査してみました(=2008年12月末現在)。


販売店名

通貨

現地通貨

換算
レート

日本円
価格

備          考

WoodBoxRadio

EUR

本体687.50
送料 92.00

125円

97,437

輸送方法はDHL。関税が別途かかる可能性あり

SSB Electronic

EUR

 

 

 

ドイツ語しかなく、未調査

SSB U.S.A.

USD

1,299.00

100円

129,900

送料別(約80ドル程度?)。関税が別途かかる可能性あり

Universal Radio

USD

1,299.95

100円

129,950

送料別(約80ドル程度?)。関税が別途かかる可能性あり

AOR

JPY

136,290

なし

136,290

標準小売価格(税込)

アペックスラジオ

JPY

129,000

なし

129,000

送料・消費税、含む

関門ハムセンター

JPY

119,800

なし

119,800

送料・消費税、含む。

《註》上表の価格、為替レートは2009年1月上旬現在のものです。特に為替レートは日々変動しますので、必ず最新情報をご確認ください。尚、上表はあくまで「参考」です。これを利用にしたことによる一切の不都合、不利益については、当方は責任を負い兼ねます。

  本場?イタリア・WoodBoxRadio社の日本向け本体価格は、687.50ユーロです。送料はクーリエ(DHL)で90ユーロ。合計779.50ユーロは、1ユーロ125円換算で約97,500円となります。もちろん、円高になれば(円ベースの)価格は安くなりますし、円安になればその逆となります。検討にあたっては、為替の動向を十分考慮する必要があります。

  一方、アメリカでは、SSB U.S.A.社やUniversal Radio社がヒットします。価格はいずれも、1,299ドル(送料、関税含まず)。これも為替レートにより(円ベースの)価格は変動しますが、1ドル90円で116,910円、100円として129,000円。ドルがユーロに対して大幅安となっている現状や、更にこのアメリカの小売店の利益が上乗せされていることから、かなり割高となります。これに送料や関税がプラスされますので、うーむ。。。

  それでは、日本。 アペックスラジオは、送料+税込で129,000円と出ています。メーカー希望小売価格(136,290円)のほぼ5%引きという設定ですね。一方、関門ハムセンターは・・・送料+税込で、119,800円。アペックスラジオより9,200円安く、メーカー希望小売価格(136,290円)に対しては12%引きという設定になっています。

  では、本場・イタリアから買うか、日本国内で買うか。

  関税がどのくらいかはわかりませんが、仮に料率を購入価格の3%として、イタリアから個人輸入の場合、送料まで含めて概ね10万円ジャストといったところです。日本国内の取次店との差はほぼ2万円。意外とあります。

  それぞれのメリット、デメリットを考えてみます。

  (1) イタリアより直接購入する場合 -

 《 メリット 》

  • 安い。為替レートにより変動も、価格差はおよそ2万円。

 《 デメリット 》

  • 輸送中の紛失、破損、その他、不慮の事故による損害、被害について、すべて自己責任で対応しなければならない。

  • 発注、支払い、その他、すべて英語による手配となる(→ そんなに難しいものではない。ある程度英語でのやり取りが出来れば、大した問題ではない)。

  • 為替リスクがある(→ 為替の変動により円ベースの価格は上下。もちろん、安く済んだ場合はメリットにもなり得るが、その逆も当然ある)

  • 輸送日数がかかる(→ DHLとはいえ、やはり何だかんだと4, 5日?)。

  • 送料が(日本国内での購入に比べて)割高。また、輸入関税を課せられる場合もある(→ 料率は未調査。概ね購入金額の3%程度か?)。

  • コンセントの仕様は大丈夫?(日本向けに日本仕様をつけてもらえるのかは、不明)

  • 製品保証は大丈夫?(AORが日本の代理店になってはいるが、並行輸入品に対しても日本国内で購入したモノと同等の保証が受けられるかは未調査)

 (2) 日本国内で購入する場合 - 

《 メリット 》

  • 相手が日本人なので、比較的安心。もちろん、日本語で対応可。

  • 輸送日数が短い。つまり、在庫さえあれば早く手に入る(→ 出荷日の翌日、遅くとも翌々日には到着)。

  • 送料が安い。というか、価格に織り込み済のケースが多い。

  • 消費税(5%)も価格に織り込み済。もちろん、輸入関税はかからない。

  • 不具合が発生した場合の対応が安心(→ 輸入元のAORが1年間保証。それ以降も、代理店である以上は修理など依頼可)。 

《 デメリット 》

  • 現在の為替水準では、イタリアに直接発注するよりおよそ2万円高い。

  - といったところでしょうか。

  あれこれ思案の結果、少々割高ながらこれは(不良発生時の)保険料と考えて、関門ハムセンターより購入することに決めました。まぁ、リスク覚悟でイタリアから買ってもよかったのですが、たまたま在庫がなく「not available now」となっていたこと、その点、関門ハムセンターは「即納」だったこともあります。やっぱり、少しでも早く欲しいですからね。(笑)

  ・・・と、いろいろ調べた割には結局待ち切れなくて、「 最も早く入手出来るところに決めた」というのもあったりして。(笑)

  1/5(月)、インターネットで発注完了。翌日には入金を済ませて、あとは到着を待つだけとなりました。^^

《 2009.1.5 記 》

ベルセウス(PERSEUS)SDR受信機導入の個人的記録 (3) 〜「ペルセウスの製造原価考察」につづく →




© 1998- ATLANTA DX ONLINE by AR7030PLUS - ALL RIGHTS RESERVED


inserted by FC2 system