ホームDXing! DXing! DXing! 〜 最新受信情報 from the U.S.A. > 2017年6月


D X i n g !  D X i n g !  D X i n g !
 
最 新 受 信 情 報   f r o m   t h e   U . S . A .
 
 〜  2 0 1 7 年 6 月  〜


※ 特記なき限り、周波数はkHz。時間表記はUTC(協定世界時)
( 但し、5/1〜7の時間表記はすべてJST(日本標準時))


■ 2017年5月31日(水)

  ということで、5月、最終日です。昨日、今日と、さすがに慌ただしく過ごしました。(-。-;

  プライベートでは引っ越しを来月10日(土)に控えており、明日から少しずつ荷物を運び入れます。

  ベッドやテーブルセット、ソファや机など自分で運べないモノは業者に依頼しますが、それ以外の家財は地道にひとりで運ぶつもり。

  考えてみれば、引っ越しはこの2回目の駐在 = 8年間で3回目 - 1回目の駐在(7年間)でも1回していますし、日本にいた4年間でも1回していますから、米国と日本の行き来も含めるとこの20年で8回も引っ越ししていることになります。やれやれ、、、

  本日は、帰宅後、まず1回目の積み込み。この週末をフル活用して、自分で運べるサイズの荷物はすべて移動しようと思っていますが、いかに?

  今月は、それにしても忙しい月でした。(-。-;

  前半、ゴールデンウイークは日本で過ごし、帰米してすぐミズーリに出張。翌週はロサンゼルスからサンディエゴを回り、戻ってすぐテネシーに日帰り出張。そして、間髪置かずエクアドル(これは遊びだけど(笑))。家族がいないのをいいことに?、あまりに詰め込み過ぎたかも、、、

  来月は、中旬から下旬にかけて、毎年恒例の香港・中国・日本出張。前半はその準備や引っ越しなどもあるので。少し大人しくしていようと思っています。

  って、そう思っていてもまたいろいろ入るのですが。(笑)


■ 2017年5月30日(火)

  また、すっかり「現実の世界」に引き戻されました。(-。-;

  つい一昨日まで赤道直下の南米・エクアドルにいた、というのは夢か現実か、、、

  まぁ、こうして散々好き勝手なことをして来たわけだから、少しはまた現実の世界で苦労しなければなりませんですかね。(-。-;

  でも、せめて帰宅してからは「夢の世界」の続きを、、、(笑) ↓

  R.Quito。周波数は760kHz。現地時間5/27(土)05:59〜の録音です。^^

  昔は4919kHzという中途半端な周波数に出ており、日本でもたいへん良好に受信出来た南米の入門局でした。短波帯から姿を消して久しいのですが、現地まで行って、中波で久しぶりの再会です。

  まぁ、今の時代、ストリーミング放送でいつでもSINPOオール5で聴けるわけで、こうして現地まで行ってわざわざ受信することに何の意味があるのか、と言われればまさにその通り。

  それを言っちゃおしまいヨ、ですが、とにもかくにも自己満足ですからそれでいいわけです。(笑)

  昔ゲットしたカードとステッカー。 ↓

  ダメモトで、またレポートを出してみるとしようかナ、、、

  ということで、また明日から現実の世界に戻ります。。。(-。-;


■ 2017年5月29日(月)  エクアドル旅行 5日目 - アトランタ到着(帰米)

  ということで、思いっきり爆睡していたら、もう、アトランタまであと30分のところに来ていました。

  ちょうどキューバ上空を通過中、一度目が覚めたので窓の外に目をやると街の灯りが見えたり。

  キューバって、わざわざ迂回するとは思っていなかったけどそのまま突っ切れるとも考えたことはなかったので、何だかとても新鮮。北朝鮮じゃないか。(笑)

  大急ぎで税関申告書を記入したら、程なくして最終着陸態勢です。^^ ↓  

  (早朝なので)入国審査はガラガラだろう、と思っていたのですが、意外や意外 - この時間帯は中南米からのフライトが相次いで到着することを知りました。

  なるほど、アジア方面はその多くが午前発ですし、アトランタ経由で全米各地に散らばって行く場合もこの時間帯に着いた方が何かと選択の幅が広がりますから、合点が行きます。

  たまたま(ビジネスで)降機が早かったので、難を逃れました。わたしが並んだ直後にサンチアゴ(チリ)などからの到着便が相次ぎ、ここから大混雑が始まったのでした。危なかった、、、

  それにしても、アメリカの入国審査官は態度が横柄なこと。わたしは日本のパスポートだし、就労ビザ持ちなので比較的カンタンにスルー出来ましたが、もう少し愛想がよくてもいいよね。トランプ大統領の指示、というわけではないんだろうけど、とにかく上から目線。エクアドルは、もっとよかったけど。

  ということで、当地時間07時半ちょっと過ぎ、自宅に「朝帰り」しました。(笑)


  エクアドル旅行、雑感。

  わたしは、HCJB日本語放送は当時それなりに聞かせていただいたし、受信報告書もよく送付して返信も沢山いただいたけど、ホントの意味で局側が期待するようなリスナーだったか、と言われると、あまり自信はありません。

  そんなわたしが放送局まで訪ねて、興味本位で?中を案内していただくというのはチョット違うんじゃない?と思ったりもしたわけですが、G.K.さんのご厚意もあり、このたび実現の運びとなりました。

  お忙しい中時間を工面してくださったG.K.さん、この場を借りて厚く御礼申し上げます。m(_ _)m

  また、この度の身勝手な旅行を快諾してくれた奥方にも感謝の意を表します。どうもありがとう。^^

  誰でもそうだろうと思いますが、わたしも、自分の人生に於いて後悔は(出来るだけ)したくない、と考えています。今は今しかなく、後になって悔いても遅い。今しか出来ないことは今やっておくべし、というのが持論です。今回の旅行もその視点で決めました。

  家族のいない今がチャンス!というわけではないのですが、それでも考えてみれば、このような別居生活(しかも、日本とアメリカでの)は後にも先にも多分ないよね、と。エクアドルなんてどうかな、と考え始めてからは、今行かなかったらいつ行かれるか分からないし、そもそも先々行くチャンスが来るかどうかも分からないのだから、今行っておかなければ後悔する、と思いました。

  わたしはいつも即断即決型ですが、実際のところあまり外したことはなくて、自信を持って決断して動いたときは仕事でもプライベートでもまず成功しています。その意味で今回も、行った方がいい、と自分で判断しているんだからゼッタイ行った方がいいよ、と。

  今月はあまりに忙しくて、事前準備も十分でないまま臨んだ割には、HCJBにも行けたし、ペルセウスによる「総録り」も出来たし、それなりに観光も出来たので大満足。行かなかったらゼッタイ後悔していたでしょうから、この点だけ考えてもよかったと思っています。

  「後悔しないよう行動する」、「今しか出来ないことは今やっておく」。(自分にとっては)これが正しいことを再認識しました。

  ということで、いよいよ現実の世界に戻りました。

  また明日から、ギアを入れ替えてガンバろうと思います。^^


■ 2017年5月28日(日)  エクアドル旅行 4日目 - キト → アトランタ移動(機内泊)

  本日はこれから、キト深夜発のフライトで帰米の途に就きます。レッドアイのようなもので、アトランタには日付変わって29日(月)の早朝に到着予定。メモリアルデーの祝日につき、早朝に戻っても自宅でゆっくり休めるぞよ、という皮算用?です。(笑)

  ホテルのチェックアウトは、正午。

  朝イチで出て最終日のキトをあちこち動き回ってもいいのですが、午後は戻っても部屋を使えないし、深夜にそのまま帰米することを考えるとさすがに疲れそうだよね、ということで、昼までホテルでのんびりラジオ聴いて、午後から最後の観光に出かけることとしました。

  多分、それがちょうどいいぐらいなんじゃないかな。

  昨日テレフェリコに行く途中、タクシーの運転手さんに「当地時間12時ピックアップでお願い!」と依頼しておいたので、午後はIntinan Solar Museumまで足を延ばしてみようか、と。

  ホンモノの赤道上を歩ける、という場所だそうで、北半球と南半球を跨いだり、赤道上で釘のアタマの上に卵を立てたり、まぁ、お約束の観光地です。赤道直下のキトに来てここに行かないのも何だよね、ということで。

  次いつ来られるか分からないし、そもそも、また来られるかも分からないし、、、

  帰りのフライトも(アップグレードで)ビジネスとなりました。ラッキー!  ゆっくり寝て帰れます。来たときと同じ中距離線用のB757-200なので、シートはフルフラットじゃないけど。(-。-;


  朝、ホテルの窓より。

  雲ひとつない晴天 - 昨日テレフェリコで登ったボルカン・ピチンチャがクッキリ見えます。

  天気としては、今日の方がよかったかナ?(この後、山頂はガスがかかってザマーミロ。(笑)  昨日行っておいてよかったー ^^) ↓

  一昨日、昨日とお世話になったタクシーの運転手さん。正午 = 約束の時間ピッタリにホテルのロビーで待機していてくれました。Muchas gracias!^^

  図々しくも助手席に乗せてもらったり・・・  すっかりアミーゴ?(笑) ↓

  向かうは、世界の中心 = 赤道です。(笑)

  キトはアップダウンがものすごくて、移動はクルマがないと厳しい。短期旅行者が路線バスを使いこなすのは(恐らく)困難で、やはり、こうしてタクシーを利用することとなるようです。

  わたしは、たまたま運よくいい運転手さんに巡り合えてラッキー。^^ ↓

  世界の中心。 ↓

  ということで、やって来ました Intinan Solar Museum

  キトの中心地からこんな遠いトコまで連れて来てもらって、カラで帰ってもらうのは気が引けるし、かといって、待っていてもらうにしてもどれぐらい時間がかかるか分からない。

  到着後、支払いをしようとしたら「後でまとめてでいいヨ」みたいなことを言っています。どうやら、待ってもらえる様子。筆談で、13:30 にAqui(ここ)で、と。スペイン語の単語、総動員。大体どれぐらいかかるものか、ご存知なんでしょう。(笑)

  しかし、それにしても後払いでいいとわ。わたしも、遠い異国に来て随分と信用を勝ち得たものです。(笑)  個人的には、先にお支払いしてしまった方が気分的にラクなんですけどね。^^ 

  ここでは全員、入場料4.50米ドルを支払ってツアーに乗ります。英語のツアーをリクエストしたら、オーストラリアと韓国のそれぞれカップルと同じ組となりました。わたしだけ1人。(>_<)

  北緯00時00分00秒。 ↓

  日時計。ホントに13時ちょっと前を示しています。はじめて見た!  すごいなー ↓

  年甲斐もなく赤道を跨いでみた。左足が南半球、右足が北半球。(笑) ↓

  よく見る図、ですね。ホンモノの赤道。(笑)

  赤道上で、卵を釘のアタマの上に乗せてみた。ホントに立ったー!(驚)

  反対側の方も成功していて、卵が2つ、釘の上に立っている図。こりゃすごいね。^^ ↓

  ということで、パスポートに記念のスタンプを押してもらい、釘のアタマの上で卵を立てた証明書をもらって大満足。ただの観光客。> 自分 ^^

  HCJBが訪問出来て、現地でラジオを聴ければいい、なんて言っていたクセに、、、(笑)

  運転手さん、1時間も待たせてしまいました。すみません。

  ホンモノの赤道のすぐ近くに赤道記念碑があるんですが、また待たせてしまうのも申し訳ないと思いパス。

  ダットサン。すげえ、未だに現役かよー (笑) ↓

  信号待ちしていると、いろいろな人がいろいろなモノを売りに来ます。水とかジュースぐらいならまだいいとして、リンゴとかトイレットペーパーとか・・・何でもアリ。(笑)

  合法・・・ではないと思うんですが、だからと言って非合法でもないのか?(いや、非合法だろって(笑))。警察(Policia)も特に取り締まりはしていない様子。

  って言うか、これで逮捕していたら牢屋がいくらあっても足りないんじゃない?(それぐらい多い) ↓

  意外なほど赤道が早く終わってしまったので、(一昨日に続いて)再度キトの旧市街に行ってもらうようリクエストしました。前回は、夕方であまりよく見られなかったので。 ↓

  取りあえず、独立広場で降ろしてもらいました。ここまで「いくら?」と訊くと、「40米ドル」と。

  高いのか安いのかよく分からんのですが、到着初日、空港からホテルまで、取りあえずAuthorized Taxiで27米ドルでした。距離にしておよそ40キロ。

  これに対して Intinan Solar Museum は、ホテルから片道およそ30キロ。待ち時間を考えても、とてもリーゾナブルです。もちろん、法外な金額を吹っ掛けたりするような方ではないので全く心配していませんでしたが、50ドルと言っても60ドルと言ってもわたしにスペイン語で反論する能力が全くないことは分かっていただろうに。

  日曜の独立広場では、大勢の人が繰り出して思い思いの過ごし方をしています。

  何やら合唱している人たち。アタマに残る歌だなぁ、と思いながらビデオも撮らせていただきました。^^ ↓

  独立広場。

  独立広場に面して建つ、Carondelet Palace(大統領府)。 ↓ 

  エクアドル国旗。アメリカもそうですが、どこの国に行っても大体、大空にはばたく国旗をあちこちで見かけます。

  残念ながら、日本ではあまり目かけない光景。なぜだろう? ↓

  スペイン・チックですね。 ↓

  Banco Central del Ecuador とありますので、エクアドル中央銀行?(日銀みたいなものか?) ↓

  キトの旧市街では、露店がたくさん出ていて大賑わい。 ↓

  エル・パネシリョ(Loma El Panecillo)。徒歩でここまで行く元気はさすがにナシ。(笑) ↓

  Basilica del Voto Nacional。まだ時間もあることだし、坂を上ってまた行ってみるとしましょう。 ↓

  ・・・と、路上で思いっきり寝ている人に遭遇。こんな人通りの多いところで・・・?(驚) ↓

  Basilica del Voto Nacional。

  これ、ヨーロッパだよ、と言っても(多分)分からんですね。^^ ↓

  一昨日来たときは知らなかったんですが、どうやら教会の建物の上の方に上れるらしい。

  ということで、入場料(2ドル)払って上ってみました。ありがとう、インターネット。昨夜、調べました。(笑)

  キトの旧市街。すごい景色。来てよかったー ↓

  ズームアップ。向こうの上からこちら側を眺めるのも良さそうだけど、そこまでの元気はナシ。(笑) ↓

  上の写真から、少し左に方角をズラしてみた図。^^ ↓

  これは反対側。先ほど行った赤道方面。(最終日になって)ようやく方向感覚が掴めて来たぞ。(笑)

  再度、エル・パネシリョ(Loma El Panecillo)方向。手前にツインタワーを入れてみた。

  時計の時刻がそれぞれ違っているのはご愛嬌。直して差し上げましょうか?(笑) ↓

  宿泊していたホテル方面。 ↓

  そうそう、この急階段を登って最上部まで来たわけです。高所恐怖症でなくても、かなりスリルあります。(怖) ↓

  ということで、キトの旧市街をあちこち歩き回って、ホテル近くのエル・エヒート公園(Parque El Ejido)まで戻って来ました。^^

  日曜ということで、大勢の人が思い思いの休日を過ごしています。露店もたくさん出ていて、いい匂いが鼻を突きます。 ↓

  焼トウモロコシを売っている おばさん。うーん、あまり美味しそうではなかった・・・かナ。(笑) ↓

  路上で、ちょうど先ほど見た景色と同じ絵画を売っていました。

  さすがにこのサイズでは持って帰れない。もう少し小さいのがあれば、、、 ↓

  というわけで、午後は旧市街をあちこち歩き回って、夕方(スーツケースを預けている)ホテルに帰還しました。

  運転手さんとは、当地時間20時ピックアップの約束をしています。昼も時間通り来てくれたし、その点は心配ナシ。

  空港には何があるかよく分からんので、取りあえず、ホテルのレストランで腹ごしらえして時間を潰すとします。^^


  ということで、運転手さんはちゃんと時間通り来てくれました。Muchas gracias - ありがとう!

  言葉はなかなか通じないのですが、いやぁ、精神的に大助かりでした。空港まで送ってもらい、丁重に御礼を言って別れました。それでも、感謝の気持ちが十分伝えられなかったのは心残り。スペイン語、もう一度よく勉強してみようかナ、、、

  チェックイン。 ↓

  アメリカ行きのフライトは、どれもかなりの深夜に出発するようです。東海岸時間のアトランタやマイアミは23時台ですが、中部時間のダラスやヒューストンは24時台。あれれ、JFK(ニューヨーク)は25時台。(遅)

  おおよそ、現地時間で05時台に着くよう設定されているんでしょう。^^ ↓

  復路は、キト23:30(現地時間)発・DL680。往路に続いて、アップグレードでビジネスとなりました。ただ、中距離路線なので非フルフラット。それでも、エコノミー3席分のスペースを2人で占有出来ますのでラクと言えばラク、です。

  アトランタまで、およそ5時間の空の旅、です。^^


■ 2017年5月27日(土)  エクアドル旅行 3日目 - キト滞在

  もともと外に出て枕が変わるとグッスリ寝られない人ではあるのでそれとも無関係ではないんでしょうが、それにしても夜は眠りが浅くて参りました。ものすごく眠いことは眠いのですが。(-。-;

  アトランタ(米東海岸)とキトの時差は1時間で、時差ボケというレベルではありません。高山病の初期症状に「不眠」とあり、これと関係あるのかは分かりませんが、とにかく身体もダルい。昨日、久しぶりに歩き回ったからかナ?なんて思ってもいますが、さて?(-。-;

  調べてみると、高度3,000メートルで酸素の濃度は平地の68%になるんだとか。沸点は92度(摂氏)。気圧は700ヘクトパスカルだそうです。キトは標高2,850メートルとありますので、これに近い感じ?

  日本より持参したスナック菓子がパンパンに膨れています。(笑)

  もちろん高山病で寝込むようなレベルではありませんが、やはり平地とは少し勝手が違うようです。

  では、総録りはペルセウスくんに任せて、今日もあちこち動き回ることとしましょう。^^


  言い訳にもなりませんが、あれだけ時間があったというのにキトについてホント何も調べておらず、観光でどこを回ったらいいか全く分かりません。ツアーに乗ってもいいのですが、ここまで来て他人と同じペースでは疲れるし、ひとりで動いた方が気楽。

  ということで、出発前、ホテルの部屋であれやこれや調べてみました。

  当初、HCJBが訪問出来て、現地でラジオが聴ければ十分 - と考えていたので、それが両方とも早々に実現してしまって、さぁ、次どうするよ?みたいな。(笑)

  お約束のGoogleで、これまたお約束 - 「キト観光」で検索すると、トリップアドバイザーなど幾つかのサイトがヒットしました。現地まで来て当日に調べているレベルですからどうしようもありませんが、今となっては後の祭り。

  昔、マジメにHCJB・日本語放送を聴いていなかったことも悔やまれます。(笑)

  テレフェリコ(TeleferiQo) - ゴンドラ(日本で言うところの、リフト)で、標高3,117メートル(10,226フィート)から同3,945メートル(12,943フィート)まで上がれる(らしい)ことが分かりました。富士山より高い。ハイキングコースもあり、ここで標高4,000メートルが体験できる、とのこと。

  これはもう、行くしかないでしょう。(笑)

  Google Map では、ホテルから5キロとあります。が、かなり坂道を上るようで、徒歩は非現実的。

  ホテルを出ると、偶然にも、昨日HCJBまで連れて行ってくれたタクシーの運転手さんが客待ちをしていました。これはラッキー。^^

  「TeleferiQo〜」と言うと、「Si, si!」。取りあえず、会話が成り立ちました。(会話かよ?(笑))

  確かに、ものすごい坂道。やっぱりタクシーにしてよかった、、、(笑) ↓

  運転手さんはスペイン語しか通じませんが、すごく親切な方で安心 - 明日、時間を指定して Intinan Solar Museum と 空港にも連れて行ってもらうようリクエストしました。カタコト以下のスペイン語と、英単語の羅列でも何とかなるものです。(笑)

  TeleferiQo。 ↓

  (週末なので)時間を間違えると混むかも、と思い、当地時間朝09時ちょっと前にやって来ました。

  この時点ではガラガラ。殆ど待ち時間ナシ、です。^^

  6人乗りゴンドラ。 ↓

  事もあろうに、アツアツの美男・美女カップルと同乗になってしまいました。(>_<)

  内心、ジャマしてスイマセン(← オレは全然悪くないんだけど)、と思っていたんですが、もう、完全に2人だけの世界に浸っています。対面にいるわたしなど、全く眼中にない様子。コイツラめ〜

  って、羨ましいぞ。(笑) ↓

  ゴンドラは20分ほど。こりゃすごいわ。往復8.5米ドルって、安いっす。 ↓

  途中、横に目をやると、昨日下界より見ていたアンテナ群が。

  G.K.さんのご説明によれば、この中にHCJBの送信アンテナもあるはず。 ↓

  ということで、頂上。

  看板には4,100メートル、とあるんですが、ホントそうなのかな? ↓

  眼下にはキトの街並み。こりゃすごいね。 ↓

  雲がずっと下の方にあるんですけど。キト自体がかなりの高地なので、何だか感覚が狂います。

  考えてみると、街がずっと下に見えて、さらにその下に雲があるって、、、(凄) ↓

  標高4,000メートル超 - ここまで来ると、さすがに空気が薄いのが(わたしでも)よく分かります。

  息苦しい。普通に歩いているんですが、心臓がバクバクします。まぁ、ちょっと刺激になっていいのかも。(笑) ↓

  ボルカン・ピチンチャ - 確かに火山。標高は4,784メートルとのこと。この地点がちょうど4,000メートルなので、登れなくはなさそうだけど・・・

  なんて思いながら歩を進めると、すぐ息苦しくなります。こんなにも違うとわ、、、 ↓

  紫外線はキョーレツ。メガネがこんなに変色します。^^ ↓

  キトの市街は(メキシコシティーほどではないにしても)排気ガスが結構スゴかったけど、ここまで来ると空気がとても新鮮。薄いけど。(苦) ↓

  この道を行けばどうなるものか。危ぶむなかれ。危ぶめばそこに道はなし。

  ・・・とアントニオ猪木さんは言ったけど、ホントどこまで行くか分からないし、とにかく息苦しいので、どこで引き返すか思案中。 ↓

  ・・・と馬に乗ってラクしている人たち。わたしも乗せてくれー(笑) ↓

  高山植物?  何だかビミョーな色合いが素敵です。 ↓

  心臓破りの急勾配。写真ではなかなか伝わらないのですが、向こう側は崖のようになっていて、一歩でも踏み外したら終わり。足が竦みます。 ↓

  それにしても壮観。わたしが宿泊しているホテルも見えます。^^ ↓

  おじさん絵になっているなぁ、ということで、無許可で1枚。(笑) ↓

  ずっと向こうから稜線を歩いて来たわけです。心臓が痛い。(-。-; ↓

  絶景。 ↓

  高山植物・・・かな?  背景にキトの街並みをボカして撮ってみた。空気が薄くて、こちらのアタマの方がボケているけど。(笑) ↓

  もう1枚。 ↓

  ということで、再びゴンドラで下界に下りて来ました。^^

  とは言っても、この地点でもまだ3,000メートル超。空気が濃い・・・かどうかはよく分からないのですが、上にいたときよりは息切れしないので多分そうなんでしょう。(笑) ↓

  何も調べないでキトまで来て、まさかアンデス山脈を(少しだけど)歩けるとは夢にも思いませんでした。標高4,000メートルの高地なんて、人生の中でもそうそう来られるものではないし。

  ということで、夜はワッチ三昧です。^^ ^^ ^^


  おまけ。

  宿泊しているホテル(Hilton Colon Quito)内にSushi Barがあったので、試しに入ってみました。

  キトで生モノを食べるのは勇気が要りますが、まぁ、ヒルトンの中に入っているレストランなら大丈夫だよね(多分)、ということで。

  覚悟して入りましたが、やはり、結構な値段です。まぁ、そりゃそうか。 ↓

  お腹が空いていたので、一番高い寿司セットを注文。 ↓

  ここが南米・エクアドルだと思えば、、、(笑)

  美味しかったです。ご馳走さまでした。m(_ _)m


■ 2017年5月26日(金)  エクアドル旅行 2日目 - キト滞在

  HCJB訪問のアポが当地時間09時 - スペイン語はあまり喋れないし、バスの乗り方も全く分からない。どうやって行くか決め兼ねていたのですが、最悪徒歩も覚悟して、取りあえず同07時半ちょっと過ぎにホテルを出ました。

  Google Map によれば、徒歩で4.5キロ・57分、バスで32分、クルマで12分とあります。 ↓

 

  乗り方も降り方も全く分からないバスでヘンなところに連れて行かれても困るし、徒歩にして道に回っても悲惨。

  こちらからムリをお願いしてアポ取りして遅刻するわけにはイカンよね、ということで、ここは意を決して?タクシーを使うこととしました。(笑)

  運転手さんはもちろんスペイン語しか喋れず。(-。-;

  HCJBの局員さんより、局舎の向かいが病院(Hospital Vozandes Quito)なのでこれを言うといいよ、とアドバイスいただいていたので、iPadのGoogle Mapでこれを指差して何とか分かってもらえた様子。(笑)

  出発。^^ ↓ 

  ということで、これがその病院(Hospital Vozandes Quito)。

  ホテルからのタクシー代は4ドル。高いんだか安いんだか分かりませんが、取りあえず無事ここまで来られて一安心。

  道を挟んで反対側がHCJBです。^^ ↓

  道路の右側がHCJB。アンテナのタワーが見えます。 ↓

  ボルカン・ピチンチャ - 火山だそうな。直近の噴火は2002年とのこと。

  高いところにアンテナあり、ということで、山頂付近にはたくさんの送信アンテナが乱立しています。^^ ↓

  タクシーに乗ったはいいけど逆に早く着き過ぎてしまい、アレレ、、、(-。-;

  アポまで、あと1時間ほどあります。仕方ないので、写真を撮りながら周囲を散策することに。(笑) ↓

  アンテナのトップ部分 - 後で聞いた話では、これはボルカン・ピチンチャの山頂付近にある送信アンテナに番組を送るための中継用なんだとか。 ↓

  局舎全景。 ↓

  HCJBのすぐ近くにテレビ局(TELEAMAZONAS)があったので、ボルカン・ピチンチャをバックに。 ↓

  (アポまで)まだ時間があるので、HCJBの局舎とアンテナをバックに、ICF-7600Dで短波(6050kHz)を聴いてみました。さすがにSINPOオール5で入感。しかし、不審者として通報されそうだなー(笑) ↓

  記念に。(笑) ↓

  HCJBの正面ゲート。Google のストリートビューで見ていても、実際にここまで来ると感動します。^^ ↓

  ズームアップ。^^ ↓

  ようやくアポの時間となりました。ニッポン人的には、やはり時間は絶対厳守です。こちらから依頼しておいて、遅刻はゼッタイ許されない。取りあえず、約束を守れてホッとしました。^^

  「ENTRADA」=「ENTRANCE(入口)」ですね。では、いざ訪問。^^ ↓

  守衛室。ちゃんと話が入っていたようで、スペイン語しか喋れない守衛さんが、今回お世話になるG.K.さんに連絡をしてくれました。^^ ↓

  ということで、無事、潜入成功。(笑)

  写真もビデオも、どこをどう撮ってもらってもOK、とのことで、ありがとうございます、それでは遠慮なくイキます。(笑) ↓

  すごいねー HCJBのスタジオに来ちゃったヨ。^^ ↓

  確か、これが最新のスタジオと仰っていたかな。G.K.さんは米国人で、もちろん流暢な英語を喋ってくれるので助かりました。スペイン語ではとてもムリ。(笑) ↓

  これが一番古いスタジオ機材、とのこと。日本語放送でも使用されたモノなんだとか。(G.K.さん談) ↓

  スタジオの収録スケジュール。 ↓

  1階のスタジオから、2階のアドミニ・フロアへ。今日、エクアドルは祝日とのことでフロアは閑散としています。 ↓

  往年のHCJBグッズがいろいろ展示されています。これはすごい! ↓

  昔のベリカードなんかも。 ↓

  うぉー 昔のペナントだよ。 ↓

  昔、返信用に使われていたタイプライターとか、貴重な展示品の数々。すげえ、博物館だ! ↓

  1949〜67年にかけて、HCJB専用ラジオなるものが製造されていたそうです。 ↓

  せっかくの「貴重」な機会なので、ドサクサに紛れて「記帳」させていただきました。(笑) ↓

  アンテナ・タワーを真下から見上げた図。 ↓

  最後に、史料コーナー。すげえ、こりゃすげえよ! ↓

  おぉぉぉぉぉぉぉぉぉ! ↓

  ズームアップ!  歴史のひとこま - もはやレジェンド。ステキなお写真です。^^ ↓

  その下の説明書き。いかにHCJB日本語放送の人気がスゴかったか、です。

  1970年年代・・・わたしはまだ幼稚園生で、BCLは始めていなかった、、、 ↓

  すげえ、1932年の番組表ですと! ↓

  ということで、貴重なお時間を使って局内を案内してくださったG.K.さんに丁重に御礼を言って、局を後にしました。

  およそ1時間、スタジオやら史料コーナーやら、マニアの訪問にお付き合いいただき、心より感謝。わたしも、まさかホントにここまで来られるとは思っていなかったので感無量です。^^

  ありがとうございました。m(_ _)m

  帰りは、地理感覚を掴みたいと思い、ホテルまで徒歩で戻ることとしました。

  Av. 10 de Agosto(8月10日通り)という大きな通りをずっと真っすぐなので、迷うことはありません。帰りはいいけれど、行きは安全策のタクシーで正解。

  キトの標高は2,850メートルと高く、空気も薄いためか、暫く歩いているとやや息苦しくなります。気のせいなのか、はたまた、ホントにそうなのか。途中、公園があったので休憩かたがたラジオを聞いてみました。完全に不審者。(笑) ↓

  おーい母ちゃん、それはムリってもんじゃ・・・? ↓

  コインランドリー。 ↓

  ということで、ホテル着。

  Hilton Colon Quito - ヒルトンなので安全かな、ということで。 ↓

  宿泊している部屋(寝室)。Exective Suite。ひとりなので、ここまではいらないけど。 ↓

  リビング。アンテナ設置前。(笑)

  少し休憩して、また周辺を散策してみました。露店のお土産屋さん。 ↓

  人が集まっていたので覗いてみましたが、スペイン語でよく分からず。(>_<) ↓

  ショーウィンドウにラジオが並んでいました。怪しい中国製か? ↓

  安いのはいいけど、とてもトライする勇気ナシ、、、 ↓

  キトの街並み。ウワサには聞いていましたが、ホント、坂が多いっす。 ↓

  Basilica del Voto Nacional。入館料2ドルを払って中に入ってみました。

  チップなどで1ドル札があった方が便利と思い5ドル札を出したら、お釣りはエクアドルのコインで来ました。やられた、、、(>_<) ↓

  すごい急坂。ゆっくり上ってもかなり息が切れます。(>_<)

  あの丘の上まで歩いて行くのはムリだなぁ、、、↓

  キトの旧市街。どことなくヨーロッパチックです。 ↓

  独立広場(Plaza Grande "Independence Square")。金曜の夜ということで、人でいっぱい。 ↓

  それにしても、「物売り」が多い。いろいろな人がいろいろなモノを売っています。とても許可を得てやっているとは思えない。皆、日銭稼ぎでタイヘンそう。いろいろな人から声をかけられるのですが、すいません、スペイン語なのでサッパリ分かりません。(-。-;

  しかし、「ニーハオ」だけはやめて欲しいもんだ。5, 6回言われました。彼らからしたら、日本人も中国人も同じなんだろうけど、こちらからしたら大問題。(笑) ↓

  ということで、暗くなるまであちこち歩き回ってホテルに戻りました。部屋ではペルセウスくんが総録りに励んでくれています。ご苦労さま。

  それでは、これからのんびりリアルタイム・ワッチ。^^


■ 2017年5月25日(木)  エクアドル旅行 1日目 - アトランタ → キト移動

  当地時間15時まで通常通り仕事して、慌ただしくオフィスを後にしました。本日デッドラインの案件があり、これをギリギリ片づけて何とか出発。危なかった、、、(-。-;

  この時間でも空港に向かうハイウェイは既にノロノロで、何だかんだ1時間ほどかかって空港着 - いつもの駐車場にクルマを停めました。^^

  そうなんです、国内線でも預け荷物がなければ国際線ターミナルからチェックイン出来るんです。^^ ↓

  いつも、国際線ターミナルの利用は午前中なのでガラガラという印象があるのですが、あれれ、当地時間16時ちょっと過ぎ、チェックインカウンターはかなり混雑しています。Sky Priorityも長蛇の列で、ヤバイぞ、こりゃ。(-。-; ↓

  スーツケースをドロップして、セキュリティ。これも長蛇の列で、何なんだ、こりゃ?  国際線ターミナルでこんな光景は初めて見ました。空港はこれがあるから恐ろしい!(>_<)

  なんて悠長なコトを言っていたら当地時間17時を回ってしまい、大急ぎで出発コンコースへ。ラウンジで一息つく暇もなく搭乗時刻となりました。(-。-;

  フライトは、18:00(EDT)発のDL673 - キト行の直行便です。^^ ↓

  離陸〜

  やっぱりアトランタは緑が多くていいねえ、、、^^ ↓

  アトランタから南米に向かうフライトは夕方から夜間にかけて出る便が多いようで、現地着は深夜から早朝となります。このフライトは現地時間22:20着。 ↓

  実飛行時間は4時間40分で、これはちょうどアトランタ−ロサンゼルスと同じ。今回はビジネスにアップグレードとなり、快適な空の旅となりました。(中距離路線なので)機材はB757-200 - シートも国内線仕様の「非」フルフラットだけど、、、(-。-; ↓

  そうそう、考えてみれば、南米は初めて。おぉ、キューバ上空を通過中(キューバって突っ切っていいんですねえ(笑))。 ↓

  無事、キトに到着ぅ〜 ^^ ↓

  ビジネスで降機も早かったので、入国審査も待ち時間ナシ。

  女性の若い入国審査官 - 英語でいろいろ質問され、最後にニッコリ笑って「Welcome to Ecuador!」と。こんなコト言われたの、はじめて。これだけでその国の印象が全く変わるのだから、やっぱり入国審査官は愛想良くないとねえ、、、

  税関を出てすぐのところに「Authorized Taxi Service」のデスクがありました。国際空港内の「Authorized 〜」なら大丈夫だよね、ということで、ホテル(Hilton Colon Quito)まで、と告げてチケットを購入。27米ドルナーリ。^^ ↓

  ということで、無事、ホテルにチェックインしました。

  とにかくブッ飛ばす運ちゃん - 裏道を猛スピードで抜けたりスリル満点。真っ暗でどこをどう走っているのか全く分かりませんでしたが、ウワサ通りかなり坂が多い印象。

  明日以降、あちこち動き回ってみるとしましょう。^^


■ 2017年5月24日(水)

  いよいよ、明日から3泊5日でキト(エクアドル)に遠征です。Memorial Dayの3連休に引っかけたもので、実質的に有休は1日だけ - それでもいろいろあって、今夜は遅い帰宅です。(忙)

  ここ数日かけて事前にスーツケースを準備しておいてよかった。取りあえず忘れ物はないと思うのですが、ここのところバタバタしていたので何かモレはないか心配、、、(-。-;

  準備不足は否めませんが、まぁ、なるようになるでしょう。(笑)

  基本的に、現地でラジオが聴けて、HCJBを訪問出来ればそれで満足ですので、これは恐らく大丈夫ではないか、と。(笑)

  では、気をつけて行って来るとしましょう。^^


■ 2017年5月23日(火)

  エクアドル旅行の身支度はおおよそ完了しました。先月、今月と自室には常に大型スーツケースが2, 3個転がっていて、いつも何らかの準備をしている、という感じです。エクアドルより戻ったら、今度は来月中旬の香港・中国・日本です。(忙)

  夜、春の高校野球、関東大会の実況を見ながらマッタリです。前評判はそれほど高くなかった(と思う)のですが、あれよあれよと言う間に春の神奈川を制して、関東大会も決勝まで来てしまいました。今日の相手は浦学(浦和学院)。

  (本番は夏なので)春に燃え尽きても困るのですが(笑)、見ている方としては毎年楽しませてもらって感謝しています。

  清宮選手率いる早実と当たれば面白かったんですが、残念。(笑)

  ・・・と思っていたら、2-3で惜敗。準優勝に終わりましたとサ。

  浦学も、決勝点がスクイズとはセコイなぁ、、、(-。-;


  引き続き、キトについてあれやこれや調べています。コラコラ、出発の前々日に焦るなって。(笑)

  現地で(ペルセウスによる)中波帯の総録りが出来て、HCJBを訪問出来ればそれで満足とは言いつつ、せっかく行くのなら最低限の観光スポットぐらいは回りたいところです。(笑)

《 イエズス会教会(ラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会)》

  宗教には全く興味がない、と言いつつ、イエズス会というのは40年前の社会の授業で習った、あのフランシスコ・ザビエルでしょうか。(笑)

  教会内の内装がキレイ、というので、なるほどそうですか、ということで。

 

  ホテルからは、HCJBと逆の方向に徒歩2.9キロ=37分と出ました。まぁ、行けない距離ではなさそう。

《 独立広場 - Plaza de la Independencia (Plaza Grande) 》

  上述のイエズス会教会の近く。どうやら、このエリアがキト旧市街の中心のようです(そんなことも知らなかったのか!(笑))。周囲にはいろいろ見どころがありそうです。

《 Intinan Museum (San Antonio de Pichincha) 》

  ホンモノの赤道直下で、卵を針の上に立てる実験や、目を瞑って赤道上を歩く体験などが出来るんだとか。宿泊ホテルからはチト離れていますが、せっかくの機会ですからぜひ行ってみたいものです。

  ということで、今夜はここまで。(笑)


■ 2017年5月22日(月)

  日帰りでテネシーを往復して来ました。(忙)

  アトランタから、アパラチア山脈を越えて片道4時間。当地時間08時ジャストに自宅を出て、休憩ナシで正午ちょっと前に到着。すぐお客さまとランチの後、商談の席で大きな注文を出してもらい、再び山越えでとんぼ帰りです。これを貰いにわざわざ出向いたわけですが、復路も休憩ナシで一気に来ましたのでさすがに疲れた、、、(-。-;

  ここまで来たらもう勢い・・・かナ?(笑)

  引っ越しと木曜からのエクアドル旅行に向けてシャックを解体しており、ワッチは暫く小休止です。^^


  エクアドルについてあまりに無知過ぎるので、今になってあれやこれや調べています。(遅)

  もっとHCJB日本語放送を真剣に聴いておけばよかった、、、アトノ (-。-; マツリダ

  以下、備忘録も含めて。

  往路のフライトがアップグレードになりました。(笑)  復路がレッドアイ(現地深夜発→当地早朝着)なのでどちらかと言えば帰りがアップグレードだとよかったのですが、片道5時間ですから助かります。

  メキシコシティのときも往復アップグレードになりましたが、仮説として、中南米路線はエコノミーが満席でもビジネスは空席アリというケースが少なくなく、その場合ステータスの高い乗客はアップグレード率が高まる、ということでしょうか。

  いずれにしてもラッキー。(笑)

  復路もビジネスだとゆっくり寝られて助かるんですけどね。

  天気。

  そう言われてみれば、5月、赤道直下のキトって・・・  どんな服装にすればいいのかな?

  こりゃまたキレイに63, 4度(華氏)=17, 8度(摂氏)。夜は46度(華氏)=8度(摂氏)ぐらいですから、意外と涼しいと言うか、結構肌寒いんですねえ。ここアトランタでは、うちの隣にあるサブディビジョンのプールも先週末よりオープンしているというのに。(暑)

  こりゃ、何枚か薄手の長袖も持参した方がよさそうですねえ。

  ホテルは、取りあえずHilton Colon QuitoのExecutive Suiteとしました。メキシコシティもそうでしたが、まずは治安(安全)第一ということで。これではアメリカにいるのと変わらないのですが、現地でラジオが聴けてHCJBを訪問できればそれでいいわけです。(笑)

  空港からホテルまでの位置関係は・・・

 

  といったところ。

  いずれのルートも42キロって・・・意外と遠いっすね。所要時間も、何だかんだと1時間ぐらいかかりそうです。なるほど。

  ホテルからHCJBは・・・

 

  という感じ。

  どうやら90番、もしくは96番のバスで行けるようですが・・・  スペイン語も喋れず、バスってどうやって乗るんだ???  というか、乗ったはいいがどこでどうやって降りるんだ?(笑)

  なんてことも含めて、ものすごくアドベンチャー。(笑)  しかし、Google Map でここまで分かるんだからスゴイなー  ストリートビューで事前に景色を確認しておけば、何とかなるかも知れませんですね。(甘)

  最悪、歩いた場合は4.6キロ = 1時間とのことですから、まぁ、物理的には全然歩けない距離ではないな、と。

  ただ、実際に現地に行ってみると方向感覚も地理感覚もないので、そう一筋縄では行かないのですが。

  ということで、これから引き続きいろいろ調べてみるとします。(笑)


■ 2017年5月21日(日)

  家族と別居中、というのが大きいのですが(笑)、今月はチト調子に乗って?予定をいろいろ詰め込み過ぎてしまったようです。自分の意志と関係なく入って来たモノもありますが、いやいや、、、(-。-;

  今月はここまで、ゴールデンウイークを日本で過ごし、戻ってすぐミズーリに出張、その翌週に西海岸を往復しました。取りあえずここまで終わったところですが、この先は明日が日帰りでテネシー、木曜から3泊5日でプライベートのエクアドルです。更に、次週から1週間かけて引っ越し、、、(忙)

  (家族が戻って来る)7月末まで予定がビッシリ埋まっており、一体どうなるのか・・・という感じですが、このような状況は過去に何度も乗り越えて来ましたので、今回も恐らく大丈夫でしょう。(笑)

  しかし、まぁ、もう少し抜いたらよかったかも、、、


■ 2017年5月20日(土)

  昨夜は日付変わって休んだものの、今朝は当地時間04時少し過ぎに目が覚めて以降まったく眠れなくなりました。仕方なく起き出して、始動。完全に寝不足です。(眠)

  今回の宿泊ホテルは、メキシコ国境のすぐ近く - Chula Vista, CA です。Tijuanaの中波局はどこもポータブルラジオ単体で十分。UABC R.-Tijuana(1630kHz)が*06:00〜(PDT)に放送を開始するので、これを「待ち受け受信」してみました。^^ ↓

 

変調音が止んで、*06:00〜(PDT)より久しぶりのメキシコ国歌。開始アナウンスの後、恐らく大学の校歌であろう男声コーラスです。(マニアックですが)わたしはこの曲が大好きで、サンディエゴに来るといつもこれを楽しみにしています。最後の方に「Universidad」を連呼する部分があるので勝手に校歌と推測しているのですが、どなたか、この曲ご存知ないでしょうか?

  朝07時にホテルをチェックアウトしてお客さまを訪問。思いがけずこれが早く片づいたこと、たまたまフライトも30分ほど遅れているようなので、クィックで大学時代の友人宅を訪問です。まぁ、仕事が全て終わった後ですからいいでしょう。30分ほど談笑して、足早に空港へ。(急)

  いつものようにレンタカーを返却して、セキュリティ。ここのところTSA PRECHECKの対象から外れて、なぜかいつも平民レーンです。今回はそれほど混雑しておらず、よかった、、、

  フライトは、当地時間11:05発のDL1692。もう少し早い便で帰りたかったのですが、これが一番安かったので。(経費節減) ↓

  出発〜

  それでは、また来る日まで。^^ ↓

  離陸するとまず一旦、太平洋上に出ます。その後、大きく左に旋回して再び内陸に戻る感じ。^^ ↓

  今回は右の窓側にしましたが、そういう意味では左の窓側にしておけばサンディエゴのダウンタウンが一望出来ていいかも知れませんですね。確か、前回はそうだったかナ。

  でも、右の窓側にしたことで、逆にティファナ(メキシコ)の街が一望出来ました。手前の縦に延びている道がI-805で、右から斜めに合流しているのがI-5 - メキシコとの国境検問所もよく見えます。^^

  トランプ大統領が盛んに騒いでいる?メキシコとの国境もハッキリ分かります(土地の色が変わっている部分)。こんな国境ギリギリのラインを飛ぶとわ、、、 ↓

  アトランタ着は、19:02(EDT)。やっぱり緑が多くて景色が全然違います。^^

  西から東の移動で3時間の時差があるため、これで丸1日終わってしまった感じ。せっかくの貴重な土曜が、、、(-。-;

  明日は、取りあえず完全オフ。月曜は日帰りでテネシーに出張です。キト(エクアドル)旅行の前に体力を温存しておきたかった?のですが、先方都合もあり、これを逃すと7月になってしまいそうなので。

  引っ越しの準備もしなければならないし、俄かに忙しくなって来ました。(自分でそのようにプランしているのですが (-。-; )

  まぁ、ひとつひとつ乗り越えるしかないでしょう。^^

  あ、そうそう、無料航空券の分際で、キトの往路が(アップグレードで)ビジネスになりました。

  ラッキー!^^


■ 2017年5月19日(金)

  いつものことながら、時差ボケで当地時間朝04時ジャストに目が覚めました。同21時(東海岸時間では24時)に就寝しているので、時差ボケ、というより東海岸時間のままというだけ、かナ。(笑)

  ということで、(見かけ上)かなり早朝より始動。(眠)

  本日は午前中、ロングビーチで仕事。その後、サンディエゴに南下してもう1軒、です。

  忙しい1日となりそうです。ガンバルゾー ^^


  予想通り、忙しい1日となりました。(>_<)

  午前中は、ロングビーチ(Signal Hills, CA)で打合せなど。ランチ後、サンディエゴ目指して南下、です。^^

  出だしは比較的順調。(笑) ↓

  が、金曜の午後、ということで、程なくしてI-405はお約束の大渋滞にハマりました。(-。-;

  片側8車線あってこれだもの・・・  ひどいねえ、こりゃ。(-。-; ↓

  更に、Laguna Hills, CAでは事故で下り線が完全にクローズとなり、すべてのクルマが一旦外に出され迂回路をグルリと回るハメになりました。悲劇。(>_<)

  やっとの思いでI-5に戻り、再び南下。 ↓

  Dona Point, CA - 目前に太平洋が見えて来ましたー ^^ ↓

  暫くの間、右に海を見ながらの快適ドライブ。^^ ↓

  Carlsbad, CA を少し過ぎたあたり。^^ ↓

  I-5からI-805へ。目的地はもうすぐ、、、(-。-; ↓

  いつも思うんですが、アメリカのスクールバスってどうしてこうアグリー(Ugly)なのかなー (笑) ↓

  うぅ、アポは17時なんだけど、、、(-。-;

  ということで、途中ものすごい渋滞に巻き込まれてエライ目に遭いましたが、何とか無事、到着。^^

  Google Map で2時間半とあり、午後の比較的早い時間に出たので大丈夫かナ、と思っていたのですが、甘かった。金曜の午後という悪条件もあったとは思いますが、カリフォルニアのトラフィックをナメてはイケなかったようです。(-。-;

  夕方、ヘロヘロになりながらもう1軒の用事を済ませて、夜遅くホテルにチェックイン。(疲)

  朝は東海岸時間ベースで起きて夜は西海岸時間ベースの生活なので、とにかく1日が長くて疲れます。

  取りあえず今夜は休んで、明日のフライトでアトランタに戻るとしましょう。^^


■ 2017年5月18日(木) 521

  14回目の結婚記念日です。(祝)

  今年はたまたまアメリカと日本の別居生活中(笑)につき、特にこれといったお祝いはナシ、です。(笑)

  花束を贈ってもバッグを買ってあげても同じ財布だし、逆に何か買ってもらっても同様なので、お互いきちんと気持ちを表せばそれで十分なんじゃないか、という暗黙の了解のもと?自然とこのようになっています。別に話し合ったこともないのですが。(笑)

  とはいえ来年は15年という節目ではあるので、(特にこれといって欲しいモノでもなければ)チョット大きめの家族旅行など企画したらいいかも知れませんですね。^^

  家族旅行、とは言ってもうちのファミリーは過去にもうかなり贅沢な旅行を何度も経験しているので、どんどんハードルが高くなっています。次はどこに連れて行ったら満足してもらえるのやら。(>_<)

  そもそも、来年もまだアメリカにいるという保証はありませんが。(多分いるかナ?(笑))


  ということで、本日より予定通り2泊3日で西海岸に出張です。^^

  先週のミズーリ出張ではどうも準備に手間取り自宅発が遅くなってしまったため、今回は15分ほど早く04:45(EDT)に起床。それでも、しっかり朝食を採らないとダメな人なのでガッツリ食べて、当地時間06時少し前に自宅を出ました。(笑)

  I-85も全線開通し、この時間はまだ渋滞もなく比較的スイスイ流れています。今回も機内持ち込みの小型スーツケースだけにして、国際線ターミナルよりチェックインしました。

  予想通りセキュリティはガラガラで、これに慣れてしまうと、わざわざ混雑した国内線ターミナルから入るのがバカらしくさえなります。

  この裏技、あまり広まりませんように、、、^^

  国際線ターミナルに展示されている、真っ赤なポルシェ911。カッコいいなぁ、、、(欲) ↓

  そんなわけで06:50(EDT)にはもうコンコースに着いてしまい、メールをチェックしたり現場に指示を出したり。随分と時間が余ってしまいましたが、前回のようにギリギリで焦るよりはマシですかね。^^ ↓

  フライトは、08:26(EDT)発のDL1255。実はもう1つ早いフライトもあるのですが(07:28 (EDT)発・DL0110)、これ以上朝が早いのはチョット厳しいよね、ということでいつもこの時間です。^^ ↓

  LAX着が(定刻なら)現地時間10時半なので、空港から出たりレンタカーを借りたりしているうちにちょうど昼時となり、少し早めのランチ(と言っても、東海岸時間ではかなり遅い)を済ませてから午後をフルに使える、という点でベストなのです。

  アトランタからロサンゼルスまで、実飛行時間は4時間13分と出ています。成田から香港と同じぐらいですが、(東西の移動につき)時差が3時間あるという点でこちらの方がタイヘン。アメリカはホント広い!

  ロサンゼルス。遠くに霞んで見えるのがダウンタウンの超高層ビル群。 ↓

  I-405上空を掠めるように着陸。何ともアメリカらしい、いい写真が撮れました。iPhoneだけど。(笑)

  実はこれからレンタカーを借りて、30分後、ここを通るんですけどねえ。(笑) ↓

  取りあえず、いつもように腹ごしらえして仕事、です。^^


  ということで、本日の全日程を終了しました。

  夜はいろいろやることがあるので、寿司をTo Goしてホテルにチェックイン。

  西海岸は何でもあっていいですねえ、、、(羨)


■ 2017年5月17日(水)

  早朝、ケータイの着信音で叩き起こされました。(-。-;

  iPhone の、ワンワンワン!という犬の鳴き声。こりゃ日本からです。(笑)

  緊急の案件で、すぐにでもわたしと話をしたいのは分かります。でも、こちらはまだ05:02(EDT)。それも、2回、、、

  アメリカに電話をかけるとき、こちらは何時かってフツー考えると思うんだけど、、、  考えてそれでも電話して来た、というならそりゃかなり非常識だなぁ・・・

  なんてコトを考えながら、そんなわけで、予期せず早朝より始動です。(-。-;

  自主的に起きて早朝ワッチするときはそんなに疲れない(というか、好きで起きている)わけですが、こうしてムリやり他人に起こされると無性に怒りのようなものがこみ上げて来るから不思議です。(笑)

  今日から、夜はケータイの電源を切っておこうかナ、、、(笑)


  本日も、てんこ盛りの1日でした。(疲)

  明日から、2泊3日でロサンゼルスとサンディエゴに出張です。

  また朝が早いので、今夜は早く休むとしましょう。^^


■ 2017年5月16日(火)

  月、火と、まずまず早く切り上げられはしたものの、夕食を作り、明日=朝、昼(弁当)の準備をして洗い物をしたらそれなりの時間です。毎日がアッという間に過ぎて行きます。(-。-;

  先週はミズーリを往復したばかりですが、明後日からは2泊3日で西海岸(ロサンゼルス→サンディエゴ)、土曜の夜に戻って日曜は取りあえず一息つき、来週月曜はテネシーに日帰り出張が入りました。

  その後すぐ水曜からエクアドルなので、何とか来月にしたかったのですが、お客さまの都合でどうしてもこの日しかなく、、、オキャクサマハ (-。-; カミサマダ 

  6月第1週には引っ越しも控えてホント厳しい日程ですが、まぁ、何とか乗り切りたいと思います。

  引っ越しが終わったら、今度は香港・中国・日本、、、(-。-; (-。-; (-。-; タスケテクレー

  もちろんタイヘンはタイヘンですが、まぁ、自分の一生のうちで、ここまで自由に、誰の指示も制約も受けることなくあちこち飛び回れるという境遇は(恐らく)今しかないでしょうから、これはこれで思う存分楽しみたい。

  ・・・と、ポジティブに考えることとします。(笑)


■ 2017年5月14日(日)

  本日も、のんびりの休日としました。っていうか、午前中は自宅で仕事。出てもよかったのですが、まぁ、貴重な休日だよね、ということで踏み留まりました。(笑)

  午後は、食料品の買い出しに出かけたり。コメが尽きて困っていたので助かった。(笑)  野菜も仕入れて、今夜は1カ月振りの自称「駐在員ひとり鍋」です。淋しいなァ、、、(笑)

  ここまで1カ月半の単身生活でこれじゃ、独身だったら一体どうなるんだ?  恐ろしい〜(笑)

  土・日のんびりしてチャージ完了しましたので、また明日からガンバリたいと思います。^^


  昨年末のカリビアンクルーズで受信、レポートしていたZNS1 - R.Bahamas(バハマ)より、A97Aで、レターによる返信を受領しました。^^

  実は4月にゲットしていたモノですが、なかなかスキャンと画像処理の時間がなく、、、(というのが結構あって困ります(笑))。

  まずは、封筒から。 ↓

  切手にはリオ五輪のエンブレムが描かれています。バトンを持っているところを見ると、陸上のリレーかな?

  と思って調べてみると、バハマは陸上男子400メートル・リレーで銅メダルを獲得しています。これが切手になっちゃった?みたいな。(← 推測)

  レター。 ↓

  発行日は、2016年2月16日ではなくて「2017年」が正解〜(笑)

  過去のデータを振り返ってみると、R.Bahamas はこれで7戦 - 3勝4敗です。まずまず、といったところでしょうかね。


  R.Kuwait(クウェート)の英語放送がたいへん良好に入感しています。^^

  昨日、いつもお世話になっている影山さんのBBSに於ける、BCL大好きオヤジさんの情報を基に受信。こりゃすごいね!

  20:50より5分間の英語ニュースの後、20:58より終了アナと国歌を確認。

★★★★★ R.Kuwait (6:19) 15540kHz 5/14/17 20:54〜21:00* - 終了アナウンス・国歌 

  久しぶりにいい音が録れました。やっぱり短波はいいワー (笑)

  本日は午後、開始部分を狙ってみようと思い自宅シャックで待機していました。待ち受け受信?(笑)

  *18:00〜の開始がバッチリ録れました。^^ ↓

★★★★★ R.Kuwait (15:00) 15540kHz 5/14/17 *18:00~UTC - 国歌・開始アナウンス 

  時間の経過と共に受信状態は悪化して、終了時は昨日の方がよかったかナ。それでも、アメリカンポップス番組が楽しめました。ある意味、KYOIみたいですね。(笑)


■ 2017年5月13日(土)

  昨夜(というか、今夜・・・か)は、日付変わって就寝 - 今朝はさすがに起きられず、気がついたら朝10時ちょっと前、、、(-。-;

  普段ここまで起きられないことは滅多にないのですが、まぁ、疲れが溜まっていたということでしょうか。(-。-;

  単身生活ですので誰に何を言われるわけでもなく、至ってマイペースです。でも、この不便な生活、4カ月で十分だナー (笑)

  本日は、完全にリチャージに充てました。食材の買い出しに行こうかな、とも思ったのですが、どうも外に出る気は起こらなくて引きこもり決定。今月末に迫った引っ越しの準備をしたり、昨日の商談の取りまとめをしたり、来週以降のスケジュールを冷静に振り返ったり、、、  取りあえず一息ついてギアを入れ替えるにはちょうどいい機会となりました。^^

  それにしても自由。単身生活もたまには悪くはないけど、どうも、わたしには合っていないようです。早く帰って来ておくれ〜 > 家族

  夕方、少しだけワッチ。^^

▽ 22:00〜22:30(当地時間18:00〜18:30)の受信 -

  7495 R.Algerienne (Algeria via France, AA) s/23332 ◎ コーラン詠唱プロ
  7550 AlR-GOS (India, EG) s/35333 ◎ この季節、この時間に7メガ帯でインドが聞こえるって、、、
  9420 V.O. Greece (Greece, GK) s/45444 ◎ たいへん良好に入感、 //-9935kHz
  9650 R.Guinea (Guinea.FR) s/34333 ◎ 相変わらずたいへん良好に入感も、一時期のような強さはな
       いなぁ。それでも、ギニアがここまでの状態で聞こえるだけでも贅沢だけど。(笑)
  9760 R.Romania Int. (Romania, EG) s/45444 ◎ //-7430, 9790kHz
  9830 V.O. Turkey (Turkey) s/45433 ◎ ややフェーディングあるものの、たいへん良好に入感
  9935 V.O. Greece (Greece, GK) s/45444 ◎ すごいねえ、強力だねえ、、、 //-9420kHz

▽ 22:30〜23:00(当地時間18:30〜19:00)の受信 -

  5025 R.Rebelde (Cuba) → 本日この時間は未入感(っていうか、当地で受信出来ないということは停
       波中、ということ)。@ 23:45
  6050 HCJB-Quito (Ecuador, QC) s/24332 ◎ この時間はまだそれほど強くないが、まだフツーに明る
       い時間帯であることを考えると、、、
  6880 Unknown Radio Network (U.S. Pirate, EG) s/35443 ◎ ここのところ、よく入ってますなあー


  再来週、今度は完全にプライベートの旅行でキト(エクアドル)に行きます。^^

  家族がいないので、(ヘンな意味ではなくて)このチャンスに、というわけで?、日本にいたらこんな芸当は出来るわけもありませんから、海外駐在という今の境遇には感謝するばかりです。

  エクアドルに行く、というのは、ある意味、昨年11月末のメキシコシティで味をしめた?流れであることは言うまでもありません。

  しかし、ひとつショック?だったのは、メキシコシティでR.Educacionのゲート前まで行きながら(言葉が通じず)守衛のオッサンに行く手を阻まれ、なす術なく退散を余儀なくなれたこと。もともと予定もしていなかったので準備不足と言われればそれまでですが、それにしても情けない。(-。-;

  スペイン語が出来れば現場でいくらでも交渉出来たんでしょうが、残念ながら、わたしにはそのアビリティ(能力)がなかった。だから、あそこまで行ったというのに、おめおめと引き返して来るしかなかった。何も出来なかった、と言うのはある意味ショックでした。(-。-;

  今回も、キトまで行くのはいいけれど、そこまで行ってHCJBを訪問出来なかったらかなりアホだよね、と思いつつ、スペイン語の壁に阻まれたR.Edicacionのトラウマがアタマを過っていたわけです。その国の言葉が出来ない、っていうのはツライ。大学時代、ホント、もっと真剣に勉強しておけばよかった。

  HCJB・・・今からスペイン語はどうにもならないのだから、当たって砕けろ! 英語で行くしかない。それでダメなら、自分の能力不足ということで諦めるしかない。

  ということで先日のようなメールを送付したところ、これまた運よく、キトのHCJB局員さんより、訪問ウェルカムの連絡が入りました。

  英語は世界共通語 = 世界標準語です。ということで、いやぁ、夢のようです。晴れてHCJBを訪問出来る運びとなりました!

  ということで、本日、礼状メールをお送りしました。ありがとー!

Dear XXXX -

Thank you very much for your quick response. It is so nice to hear from you. I am sorry for a delay in getting back to you as I was on a business trip for the past 2 days.

I am so excited about my visit to HCJB confirmed at XX a.m. on XXXX, May XX, 2017. I will be arriving in Quito at XX:XX p.m. on XXXX, the XXth, via DLXXX from Atlanta. I plan to stay at the XXXX Hotel for 3 nights until XXX, the XXth. I will leave for Atlanta via DLXXX on that day at XX:XX p.m.

I truly appreciate you for offering me a tour of your facilities. This is just like a dream. Although HCJB shrunk their operations significantly in 2009, I have been an enthusiastic listener since 1982 when the Japanese service existed. In fact, I have collected 100+ QSL cards from HCJB. I do not know how I can express my sincere appreciation for you to give me the opportunity.

I am looking forward to seeing you soon.

Best Regards,

XXXX XXXX

  ということで、俄かに盛り上がって来ました。^^

  まさかホントにHCJBに行けるとは夢にも思わなかった。すごいなー


■ 2017年5月12日(金)

  昨日は、深夜まで難解な数字と格闘 - すっかり休むのが遅くなりました。今朝は、当地時間06時より始動。時差がありアトランタより1時間遅いのは不幸中の幸い。それでも、同09時より顧客と商談です。

  およそ1時間半ガチで商談して、再び、カンザスシティ目指して出発しました。これだけのために前日から1泊で来たわけですが、もちろんそれだけの価値は十分。取りあえず、成果も挙がってよかった!

  しかしアメリカは広いわ。助手席に座っているだけだけど。(笑)

  カンザスシティーのダウンタウン。空港はもうすぐ。 ↓

  途中ランチ休憩も挟んで、何だかんだとカンザスシティ空港着は当地時間15時半となりました。

  今回は同行者に運転を任せたのでラクチンでしたが、助手席は助手席でヒマ、、、(笑)

  帰りは、カンザスシティ16:57(CST)発のDL2259。 ↓

  搭乗後すぐ深い眠りに就いてしまい、気づいたらアトランタのダウンタウン上空。(笑) ↓

 アトランタ空港着。サンダーストームがあったようです。 ↓

  ということで、途中で同行者とラーメンを食って帰宅。高架橋の崩落でクローズとなっていたI-85は本日開通となり、ようやく周辺道路に迂回の必要がなくなりました。よかった、、、

  何とか週末に滑り込みセーフ!です。^^


■ 2017年5月11日(木)

  予定通り、本日より1泊2日でミズーリに出張です。(忙)

  当地時間朝05時起床でシャワーを浴びてクィックで身支度も、いつも奥方が準備してくれた朝食をサッと食べて出るペースに慣れているので、どうも勝手が違います。毎日きちんと朝食を採らないとパワーが出ない人なので自分で用意するわけですが、とにかく時間がかかります。何だかんだ遅くなって、同06時ちょっと過ぎ、大慌てで自宅を出ました。もう少し早く起きるべきだった、、、

  フライトは、08:12(EDT)発のカンザスシティ行・DL2106。

  (高架橋の崩落で)依然としてI-85は通行止めで、迂回を余儀なくされるためエキストラの時間がかかります。ケータイのアプリで最短経路を検索 - これを信じて迂回路を飛ばします。途中、渋滞に巻き込まれながらも当地時間07時ちょっと過ぎ、アトランタ空港着。

  今回は1泊で預け入れ荷物もないため、裏技 - 国際線ターミナルよりチェックインしました。この時間国内線ターミナルは混雑するうえ、ヘタするとセキュリティにものすごい時間がかかります。その点、国際線ターミナルはガラガラで、セキュリティも混んでいるところを見たことがありません。駐車場も安いし。(経費節減 (笑))

  預け入れ荷物がなければ国内線でも国際線ターミナルからチェックイン出来ることはまだあまり知られていないようですが、これ、意外と使えそうだナ。(笑)

  ということで、搭乗開始10分前、無事コンコースに滑り込みセーフ!(危)

  殆ど待たずに乗れたのはいいとして、何かあったらヤバかったわけで・・・  やはり余裕を持って出て来るに越したことはありませんですね。

  離陸〜

  写真右端に見えるのが、アトランタのダウンタウン。(笑) ↓


  いつものようにカンザスシティから3時間ほど運転して、フツーの日本人はまず行かないような片田舎にやって来ました。なぜわざわざこんなところまで(出張で)来なければならないのか、詳しいことは書けないのですが、まぁ、そういうことです。

  日本から突如急件が入ったりして、深夜まで対応。今朝も早かったのでツライところですが、これも、まぁ、そういうことです。

  意味不明ですが、アタマが働いていません。(笑)


  先日キト(エクアドル)のHCJBに訪問アポ取りのメールを送付したのですが、何と・・・思いがけず?ウェルカム!の回答を受領しました。^^

  (こちらのアポ取りメールが)英語では厳しいかナ、と思っていたのですが、先方もしっかりとした英文メールです。局舎内も案内していただけるとのことで、日時も決定。英語を喋っていただけるのであれば、わたしとしてはものすごく助かっちゃいます。(笑)

  それにしましても、まさかHCJBに行けるなんて夢にも思いませんでした。嬉しいー! ^^ ^^ ^^


■ 2017年5月10日(水)

  帰米後、予想通り忙しい毎日が続いています。お陰で時差ボケになることもなく、至って快調。やはり人間、ある程度気が張っている方がいいようです。忙し過ぎるのも困るし、ヒマ過ぎるのもまた困る。ホドホドがいいんでしょうが、世の中そう甘くはないようです。(笑)

  明日、明後日と、1泊2日のクィックでミズーリに出張 - 2月に行ったばかりですが、またカンザスシティです。(笑)

  この時期のミズーリ出張は3年連続で、記録を遡ってみると、一昨年昨年、そして今回。それ以前は2013年10月2010年5月に出かけています。2回目の駐在としてはこれが6回目ということになります。

  何もない、それこそ退屈なところですが、不思議と縁があります。今回は同行者もおり、キツキツのスケジュールにつきラジオは不携行です。(笑)

  これを乗り切れば、取りあえず週末、、、^^


■ 2017年5月9日(火)

  もう、完全にアメリカの生活に戻りました。つい2日前まで日本にいた、というのが俄かには信じられないぐらい。(笑)

  夜、すべて明日の準備を終わらせて久しぶりのワッチ態勢です。6185kHzではこの時間、R.Educacion(メキシコ)がSINPOオール4で入感しています。日本でも少しだけワッチしましたが、短波帯は中国語ばかりで辟易としました。そう考えると、アメリカはやっぱり恵まれているのかも。ヨーロッパほどではありませんが。(笑)

▽ 01:30〜02:00(当地時間21:30〜22:00)の受信 -

   4055 R.Verdad (Guatemala, SP) s/34333 ◎ 可もなく不可もなく、って感じかな?  ややノイジーだ
        けど。
   5025 R.Rebelde (Cuba) → 今夜この時間は停波中。R.Quillabamba(ペルー)らしき微弱な波形の山
        は視認できるが全く確証ナシ
   5910.21 Alcaravan R. (Colombia, SP) s/23222 ◎ 今日はチト厳しいなあ、、、
   6070 CFRX-Toronto, ON (Canada, ON) s/34333 ◎ 日本滞在中は北朝鮮しか入らなかった周波数
   6160 CKZN-St. John's, NF (Canada, EG) s/24232 ◎ 英語だけど、番組内容の聞き取りは厳しいなあ
   6180 R.Nac. da Amazonia (Brazil) → そう言われてみれば、ここ何ヶ月か出ていないっスね
   6185 R.Educacion (Mexico, SP) s/44444 ◎ 同局がこれだけ強力に聞こえるのだから、やっぱり遠く
        に来たもんだ、、、
   7490.08 WBCQ-Monticello, ME (U.S.A., EG) s/44444
   7505.0 WRNO-New Orleans, LA (U.S.A., EG) s/55444 ◎ 爆裂状態。すごいな、今夜は7505kHzジャス
        トに出ているよ、、、

▽ 02:00〜02:30(当地時間22:00〜22:30)の受信 -

   9265 WINB-Red Lion, PA (U.S.A., EG) s/43433 ◎ 今日はこの時間も良好に入感 (珍)
   9329.96 WBCQ-Monticello, ME (U.S.A., EG) s/44333
   9395 WRMI-Okeechobee, FL (U.S.A., EG) s/45444 ◎ 今夜はこの時間もたいへん良好に入感
   9420 V.O. Greece (Greece, GK) s/45444 ◎ パラの9935kHzは未感


  考えてみればエクアドル旅行まであと2週間ほどですので、そろそろHCJBに訪問のアポ取りをしてみようと思います。スペイン語は全くダメですので、英語で、、、

  返信はあまり期待出来ないかも知れませんが、まぁ、ダメモトということで。。。 アタッテ (>_<) クダケロ

  こんな感じでどうかナ? ↓

To Whom It May Concern;

Hello. My name is XXXX XXXX, a long-term enthusiastic HCJB listener living here in Atlanta, Georgia, the United States of America.

I am sending you this email to kindly ask if there is any way you can accept my visit to your station on either Friday, 5/26 or Saturday, the 27th. I plan to stay in Quito for 3 days from 5/26 through the 28th. My itinerary is quite flexible. I am available at any time of these 2 days - so I am willing to adjust my schedule as much as I can within this period to meet your convenience.

All I want is simply to visit your station and look around the place where your shortwave broadcast on 6050kHz actually comes from. My stay will not be too long so that I will not disturb you.

It would be appreciated if you could get back to me accordingly to confirm my visit.

Thank you very much.

Best Regards,

XXXX XXXX

  ということで、返信が来ることを祈りつつ、、、(願)


■ 2017年5月8日(月)

  ということで、本日より平常通り仕事です。昨夜は比較的よく寝られたうえ、今日は仕事でそれなりに気が張っていることもあって、時差ボケは殆どありません。帰米するといつもこうしてすぐ仕事なので、ホント時差ボケで苦しんだことはないのです。

  かように時差ボケの一番の防止策は、如何にして気を抜かないか、適度の緊張感を保つか、ということに尽きるかと思います。長距離移動の翌日は疲れを取るため休みを入れる、なんてことをついやってしまいがちですが、これは(私個人的には)完全に逆効果。気を抜くとロクなことはありません。

  いずれにせよ、徐々に生活パターンを戻して行きます。^^


5/8 以降、特記なき限り時間表記はすべてUTC(協定世界時) ↑


■ 2017年5月7日(日)  日本滞在8日目(最終日) ・ 成田 → アトランタ移動

  いつものように朝04時半に目が覚めましたが、ペルセウスとALA100MSの移動運用セットは成田空港行のスーツケースに入れて送ってしまったし、週末で仕事のメールも少ないよね、ということで二度寝。

  久しぶりにゆっくり起きたものの、ヒノキの花粉でも飛んでいるのか、事もあろうに花粉症の症状で目は痒いし、鼻は出るし。5月のこの時期になっても花粉に悩まされるとわ、、、(-。-; ヒサンダヨ

  本日これから、夕方発のフライトでアトランタに戻ります。明日から平常通り仕事だし。さすがにこれ以上はムリです。(って、そりゃそうでしょー(笑))

  帰米後、今週はミズーリ、来週はロサンゼルス+サンディエゴ、再来週はエクアドル - 毎週、飛行機の移動が続きます。6月も、引っ越し準備のため週末を2回確保しているほか、下旬は毎年恒例=香港と中国を回ってまた日本 - 取りあえず、ここまで一気に走り抜けるとします。(忙)

  では、午前中、最後の栄養補給をして帰るとするかナ。

  また単身生活だ、、、(-。-;


  午前中のんびり過ごして、自宅の最寄り駅11:45発の電車で出発 - 今回も、長女に泣かれてしまい参りました。ナキタイノハ (-。-; コチラダヨ

  じゃ、また来月〜〜 ↓

  上野で乗り換えて、日暮里へ。 ↓

  次のスカイライナーまで少し時間があり、先に出る京成線の特急で行っても成田空港着はそれほど変わらないようなので、今回は久しぶりに後者としました。

  確か昔は千円札でお釣りが来たと記憶していますが、今は1,030円もするんですねえ。スカイライナーは(特急券含めて)2.470円ですから、所要時間ベースで30分ほどの違いなら、後者にしてCQ誌でも1冊買った方がいいかも知れませんですね(それでもお釣りが来る)。スカイライナーは高いなぁ。JRの成田エクスプレスはもっと高いけど。(>_<)

  成田空港には、13時ジャスト着 - いつものように、昨日送っておいた大型スーツケースを2個ピックアップしてチェックインです。ゴールデンウィーク最終日で今日は帰国ラッシュだそうですが、出国カウンターはガラガラでナイス。^^

  フライトは、先月に続いて、いつものアトランタ行直行便 - 16:25発のDL296です。^^ ↓

  今回は、成田離陸後すぐ真西に進路を取り、シアトル上空を抜けてアトランタまでゆっくり斜めに南下するコースを採りました。花粉症のような症状がひどく、やむなくクスリを服用したところモーレツな倦怠感と眠気、喉の渇きで、結局のところ機内では何も出来ず。困ったものだ、、、(-。-;

  アトランタ空港には、定刻より早く15:42(EDT)着。いつものようにコンコースEからFに10分ほど歩かされましたが、幸い入国審査場はガラガラ。待ち時間ゼロで余裕のスルーです。この時間はちょうどヨーロッパからのフライトが数多く到着するため、タイミングを間違うと長蛇の列に巻き込まれてタイヘンなことになります。今回はたまたまこれがなく、早く抜けられた、という次第。

  スーツケースをピックアップして税関をスルー。駐車場に停めておいたクルマで出発です。アメリカはこの手軽さがタマりません。^^

  ダウンタウン(の一歩手前)。戻って来ましたー

  3月末の高架橋崩落で、I-85はまだクローズ。全車両、現場の一歩手前で下ろされます。(>_<) ↓

  ということで、当然の如く大渋滞。カンベンしてくれー

  高架橋崩落現場。既に真新しい橋が架かっています(写真左側)。早い早い!  早く開通して〜〜

  ということで、途中で食料品を買い揃えて帰宅しました。

  今回、日本より持ち帰った食料品の数々。↓

  これでまた暫く生き延びることに、、、


■ 2017年5月6日(土)  日本滞在7日目

  今朝もまた04時半に目が覚めたので、そのまま起き出してワッチ態勢・・・のつもりが、やっぱり気になってメールをチェックしてしまったのが運の尽き - そのまま仕事と相成りました。(-。-;

  今回はせっかくペルセウスとALA100MSの移動運用セットを持参したものの、バルコニーの仮設置レベルでは完全に役不足。BBS に上がっているDX局はとてもムリで、結局、米東海岸ではなかなかFBに聞けない北朝鮮を好んで聴いた程度でした。不完全燃焼。

  って、まぁ、これじゃムリか、、、(-。-; ↓

  長女は午前中だけ授業、奥方は保護者会で都内まで出かけたため、わたしは子供(小)と男2人で留守番と相成りました。スーツケースをパックしたり、近くのメガネ屋さん、家電量販店に出かけたり、、、

  昼は、長女が帰宅してから3人で近くの中華料理屋さんへ。奥方がいないとホント不便です。(>_<)

  何の変哲もないただの?もやしそばですが、これがまた美味しいわけです。やっぱりいいなぁ、日本わ。ラーメン屋さん1軒、アトランタに連れて帰りたいものだよ。。。(-。-;

  夕方、いつものように重量制限ギリギリの大型スーツケースを2個、宅配便で発送。

  いよいよ、明日、夕方発のフライトで帰米です。(-。-; (-。-; (-。-;


  一時帰国、雑感 = 個人的記録。

  今回は、家族とおよそ4ヵ月間の別居生活中ということで、日本のゴールデンウィークに合わせて、完全プライベートで一時帰国しました。仕事は、まぁ、これに向けてしっかり事前準備していたし、日本にいても必要最低限のことはキッチリやっていたので大丈夫。もちろん、従業員各位の協力もあって出来ることではあるので感謝しています。m(_ _)m

  最も心配していた長女の学校は、都内への電車通学を含めて取りあえず問題ない様子。毎朝05時半起床で06時半発の電車というのはタイヘンですが、自分で決めたことだし、はじめて日本の実生活を体験するという主旨からしても貴重な経験です。1学期 = 4ヵ月限定なのだから、引き続きガンバルべし。^^

  (2回目の駐在に出てから)およそ8年空き家にした自宅は、給湯器も含め、特に問題なく使えて本当に助かりました。これまで約1年半しか住んでおらず、築9年とは言っても未だ新築のような状態。家を持っていなければこんなイレギュラーな生活は出来ませんでしたから、それを考えてもホントよかった。

  滞在中は、仕事したとはいえやはり気が緩みまくり、なかなか時差ボケを解消出来ず一苦労。特に到着翌日、翌々日は人間として機能せず。それ以降もどうも眠気が抜けず、フワフワした感じでここまで来てしまいました。連日、早朝=米国時間前日夕方に起きて仕事していたのがイケなかったのかも。(-。-;

  楽しみにしていた日本でのワッチは、ペルセウス+ALA100MSの移動運用セットを持参し、万全の態勢で臨んだものの完全に空振り。上述のバルコニー仮設置レベルでは役不足で、BBS に上がっているようなDX局に対しては全く太刀打ち出来ず。本帰国してここをメイン・ロケーションとする場合、やはりアンテナについては一工夫しないと厳しいかも。集中力が続かない、というのは以前からそうだが、ある程度目標を設定して取り組んだ方がいいのかも知れない。

  2度目の米国駐在は9年目に突入 - なかなか本帰国の見通しも立たない状況ですが、実際にこうして自宅で生活してみると、まぁ、そうなった場合でも何とかうまく軟着陸出来るかな、という感触を持つことが出来ました。日米であまりに生活環境が異なるためアジャストにはそれなりの時間がかかるでしょうが、恐らく、わたしもうちの家族も大丈夫。いつどうなっても対応出来るよう、少しずつ準備をしておこうと思っています。

  なんてことを、出発前夜にあれこれ考えているわけです。

  それをこうして文字に残しておくと、またいつか振り返ったとき参考に出来たりして、これはこれでいい個人的記録です。^^


■ 2017年5月5日(金)  日本滞在6日目

  昨夜も、遅くまで義父と液体燃料を補給しながら談笑。昔はかなり飲めたものですが、近年はすぐ眠くなってしまってダメ。日付が変わるチョット前に撃沈、です。(-。-;

  今朝は、04時ジャストに目が覚めたので、そのまま起き出して仕事。アトランタは木曜の午後で、やはり不在中いろいろなことが起こっています。わたしが参戦しないわけにはイカンでしょう。(笑)

  取りあえずこうしてマメに対応しているお陰で、帰米してもそれほどビハインドなく通常ペースに戻せそうです。

  午前中、義父に藤沢まで送ってもらい、いつものルートでわたしの実家(相模原)へ。

  うちの両親はこれまでのところ元気ですが、家族4人で泊まるとなるとそれなりに準備やら後片づけやらタイヘンだよね、ということで、今回はちょっと顔を見に立ち寄るだけとしました。歳も歳ですので、さすがに気を遣ってしまいます。

  奥方が予期せず体調不良を訴えて休診に駆け込みましたが、何とかギリギリ間に合って事なきを得たのはご愛嬌。大型連休中でどこもクローズだから、わざわざこんなところまで来ました。 ↓

  おいおい、後期高齢者の親父に迷惑かけるなヨー (笑)

  ということで、夕方、再び電車を乗り継いでさいたま市内の自宅に帰還。

  特急「あずさ」。いつの間にか、こんなイカつい顔になっていたんですねえ。どなたかに似ているような気がしなくもないのですが、誰だったかがよく思い出せない。(笑)

  こうして駆け足で両実家を回りさすがに疲れましたが、日本に来なければこんなことも出来ませんでしたから、それを考えても今回一時帰国を企画してよかった、、、

  明日は終日のんびり過ごして、明後日のフライトで慌ただしく帰米です。(忙)


■ 2017年5月4日(木)  日本滞在5日目

  昨夜は、義父と遅くまで液体燃料補給後、何だかんだと02時半過ぎまで仕事。アメリカはフツーに動いており、次から次へとメールが飛び込んで来ます。助けて〜 (>_<)

  今朝は、06時半過ぎより仕事の続き。まぁ、ムリして休んで一時帰国していますので、仕方ありませんですね。(-。-;

  奥方の実家は鎌倉の閑静な高級住宅地にあって、裏庭からは遊歩道にアクセス出来ます。山を越えるとすぐ七里ヶ浜で、海まで徒歩15分ぐらいでしょうか。山では、鶯(ウグイス)の透き通った鳴き声があちこちから聞こえて来ます。こりゃ、いいね。^^

  裏庭からハイキング出発ぅ〜 (笑) ↓

  鎌倉市所轄の遊歩道がよく整備されています。^^ ↓

  途中、雪を被った富士山も(上の方だけですが)見えたり、、、 ↓

  閑静な鎌倉山の住宅街。歳を取ってから住むにはいいかも(って、こんなところに住めたら大したモノだよ (笑)) ↓

  We're here 〜!^^ ↓

  山を越えると、そこは七里ヶ浜。ここに住んでいたら毎日ペディだなぁ、、、 ↓

  引退したら別荘でも買おうかな。(笑) ↓

  海抜35メートルあれば、取りあえず大方の津波は大丈夫か。(笑) ↓

  前方に江の島が見えて来ました。^^ ↓

  CMでよく使われるスポットです。旅行ガイドに載っているのか、アジアからの観光客で一杯。すごいね、こりゃ。(>_<)

  と言うわたしも、観光客丸出し。(笑) ↓

  江ノ電〜 ↓

  久しぶりの湘南海岸。カリブのキレイな海を見てしまうと、ここで泳ぐのはかなり勇気いりますね。

  夕方にラジオとアンテナ持って来るといいかナ。(笑) ↓

  江ノ電、腰越駅。 ↓

  何だかものすごく懐かしい匂いのする景色。鎌倉にもこんなところが残っているんですねえ。^^ ↓

  そして最後の山越え。奥方の足取りもかなり重い、、、(って、人のことは言えないけど (笑)) ↓

  ということで、ゆっくり2時間ほど散策して帰還。山を越えて海まで徒歩で出られますので、やる気になればペディも手軽に出来そうです。不審者として通報されそうだけど。

  しかし、それにしても羽根を伸ばし過ぎでしょ、みたいな。(笑)

  まぁ、そのために来たんですけどね。^^


■ 2017年5月3日(水)  日本滞在4日目

  今朝は05時まで寝られたので、まずまず?  毎日、少しずつ長く寝られるようになっているようです。(笑)

  ・・・で、いつも慣れた頃に帰米という、、、ソンナモノダヨ (-。-;

  本日は、正午ちょっと過ぎの電車で藤沢へ。乗り換えナシ - 今や都内を縦断して1本で行けるのだからホント便利です。自宅の最寄り駅から家族4人ボックス席で、これまたちょっとした旅行気分。(笑)

  春の高校野球・神奈川大会は今日が決勝です。母校はいつものように順当に勝ち進んでおり、いやぁ、行きたかったなぁ、、、 > 保土ヶ谷球場

  相手は王者・横高。しかし思いがけず、2回までに12-2と大量リードです。余裕だね、余裕〜(笑)

  試合速報を見てすっかり安心したところで、藤沢にてジジババに子供たちをピックアップしてもらい、わたしと奥方は(本鵠沼に住む)わたしの小学校以来の旧友宅にお邪魔しました。小田急って、もう10年とか15年以上振り?

  小学生時代、すぐ近所に住んでいて、同じ野球チームに入っていたこともありよく遊んでいました。しかし、小5のとき彼が藤沢に引っ越して以降は音信不通に。それが昨年、たまたまフェイスブックで再び繋がったのでした。で、このとき以来およそ40年振りの再会が実現した、という次第。^^

  彼は今やプロの映像カメラマンとして、NHKの特集番組を中心に、撮影で世界中を飛び回って活躍しています。昨年も、南米に行く途中アトランタでトランジットしたんだとか。

  いやぁ、すげえ、すげえよ!

  わたしからすると、リスク背負って独立して自分の腕一本で勝負している彼のような人は(男として)カッコイイなぁ、と思うわけですが、彼に言わせると、それでも「生活の安定」という点ではやっぱりサラリーマンが一番だよ、と(社交辞令で言うような彼ではないので、恐らくかなりの部分本音)。

  まぁ、夢を追うか現実路線で行くか、といったところなのかも知れませんが、(わたしも含めて)現実路線に固執して夢を追うことが出来ないでいる人が圧倒的であることを考えると、やっぱり素晴らしい!

  小さなお子さんがいるので夜は丁重に遠慮して、夕方、クルマで奥方の実家(鎌倉)まで送ってもらうことに。いやぁ、こんな近いところにいたなんて、、、

  ということで、ホント素晴らしい1日でした。^^

  奥方の実家に着いて高校野球の試合結果をチェックすると、おいおい・・・  最終的には14-13まで追い上げられての辛勝じゃないの。もちろん1点差でも勝てばいいわけですが、それにしても危なかった。序盤は実に10点差のワンサイド・ゲームが、最終回は1点差まで追い上げられたうえ、しかも2死満塁まで攻め込まれたんだとか。(>_<)

  春の神奈川制覇は、2年振り10回目。今年のチームもなかなか強そうなので、これからまた夏に期待です。^^


■ 2017年5月2日(火)  日本滞在3日目

  (時差ボケで)朝04時に目が覚めたので、そのまま起き出してワッチ態勢・・・もとい、今日は仕事です。(忙)

  アトランタは月曜の午後 - 既にものすごい数のメールが入っています。取りあえず、急ぎのモノから片づけて・・・はいいのですが、回答するとすぐまた返事が来たりしてエンドレス。参ったね、こりゃ。(-。-;

  ということで早起きは得意なので(笑)、今日は、長女がどのような感じで毎日学校に通っているか実際に見てみたいと思い、一緒に家を出ることとしました。シャワーを浴びて朝食後、06時半ちょっと前、自宅発です。^^

  自宅から最寄りのJR駅まで、徒歩5分 - 全力疾走で2分といったところです。(笑)  新宿も上野もおよそ30分で出られますので、とても便利。つい先月までひとりで電車に乗ったこともなく心配していましたが、「このあたりだと乗り換えがラクなんだよ」なんて解説?してくれたり、何とも逞しい。^^

  ゴールデンウィークの谷間、ということもあるんでしょうが、電車はそれほど混んでいるわけでもなくてよかった。「いつも大体これぐらいかナー」と。

  乗り換えは1回 - もう、すっかり慣れたものです。^^

  そんなわけで、学校の最寄り駅まで行って、わたしはそのまま折り返してとんぼ帰り。バカ親、もとい親バカ丸出しですが、取りあえずこうして1回見ておけば安心です。電車はどれぐらい混んでいるか、乗り換えはどんな感じか・・・様子はよく分かりました。

  朝イチで都内を往復して、午前中は自宅で仕事の続きをしながらのんびり。奥方と、食料品の買出しに出かけたり(←またかー)。

  せっかくの日本ですが、別にどこに行きたいとか、何をしたいとかいうこともなく、今回はただ家族に会いに来ただけですから、自宅でまったり過ごすに限ります。

  時差ボケも、昨日よりは少しマシなようです。^^


5/1 以降、特記なき限り時間表記はすべてJST(日本標準時) ↑


■ 2017年5月1日(月)  日本滞在2日目

  昨夜は、ふと気を抜いた途端モーレツな睡魔が襲って来て比較的早く休んだのですが、予想通り、思いっきり時差ボケ - 01時半に目が覚めて以降、まったく眠れなくなりました。今回は仕事がないため、気が抜けまくってダメ。(>_<)

  これはもうやるしかないでしょう、ということで、そのまま起き出してワッチ態勢です。(笑)

  こういうこともあろうかと、「仮シャック」は、昨夜のうちにセットアップを完了しておいたのでした。確信犯?(笑)

▽ 日本時間01:30〜02:00(米国東部夏時間4/30(金)12:30〜13:00)の受信 -

   7215 しおかぜ (Japan, JP) s/44333〜34322 ◎ アトランタでは受信できない「珍局」。(笑)

▽ 日本時間02:00〜02:30(米国東部夏時間4/30(金)13:00〜13:30)の受信 -

   6155 ふるさとの声 (Japan via Taiwan R.O.C., JP) s/32322 ◎ フェーディングに加えてハム音が乗
        っていて聴きづらい
  11985 R.Free Asia (U.S.A. via Saipan, KO) s/44333 ◎ 同局も、アメリカではさすがにここまで良
        好には聞こえないなぁ、、、

▽ 日本時間02:30〜03:00(米国東部夏時間4/30(金)13:30〜14:00)の受信 -

   6348 Echo of Hope (Clandestine from South Korea, KO) s/42332 ◎ 北朝鮮からのジャミングあり
   9355 R.Free Asia (U.S.A. via Saipan, CH) s/44444
   9885 R.Saudi Int. (Saudi Arabia, TK) s/44444 ◎ 局名、使用言語(タジク語)はshortwave.info
        による推定
   9920 KNLS-Anchor Point, AK (U.S.A., CH) s/35333 ◎ しかしどこを回しても中国語ばかりだなー
        BAD!(←トランプ大統領のツィート風に)

▽ 日本時間03:30〜04:00(米国東部夏時間4/30(金)14:30〜15:00)の受信 -

   7240 V.O. Korea (D.P.R.K., FR) s/44444
   9500 R.Romania Int. (Romania, RO) s/44333

  それにしても、久しぶりのワッチで全く勝手が分からない。短波帯はどこを回しても中国語が席巻しており、たまに英語が聞こえてもCRI。こりゃひどいナー

  月曜早朝ですが、中波帯は、事もあろうにNHK第1放送がオールナイトで出ています。ダミだ、こりゃ。(諦)

  しかし、到着翌朝からこれをやってしまうと、いつまでも時差ボケが抜けなくて苦労することとなります。先が思いやられるなぁ、、、(-。-;


  予想通り、時差ボケに苦しんだ1日でした。仕事がないので気が緩みまくっているし、特に午後はモーレツな眠気が全身を襲います。これは厳しいなぁ、、、

  子供たちは通常通り学校。久しぶりに奥方と近所でランチしたり、アメリカに持ち帰る食料品の買い出しに出かけたり。

  何度かマジメに落ちそうになりながらも、やっとこさ夜まで来ました。今夜はしっかり寝られるといいけど、、、(-。-;





 
© 1998- ATLANTA DX ONLINE by AR7030PLUS - ALL RIGHTS RESERVED


inserted by FC2 system